アプリで作成
2021年5月20日

コメディーとユーモアをダメにする

#WalkAway 第八十九弾。社会が常識を保っていればこそ風刺やギャグの切れ味の鋭さが冴えます。 しかし、社会の現状が「狂った公」に支配された時・・・❓ コロナ脳禍や自粛原理主義、#リベラルサヨク の手による表現弾圧等「狂った公」 が跳梁跋扈する我が国にも突き刺さる賢察です。 続きを読む
14
tarafuku10 @tarafuku10

動画『コメディーをダメにする』を訳してみた。バビロン・ビーは風刺記事を掲載するWebサイトだ。これほど馬鹿げた世の中なら風刺も簡単だと思うかもしれない。だが、実際は逆だ。なぜこれが言論の自由やオープンな意見交換を脅かすのか。CEOのセス・ディロンが解説します。 youtube.com/watch?v=ISHGei… pic.twitter.com/yTvWp1Fblo

2021-05-17 17:22:37
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

「世界は風刺できないほど不条理になった」。偉大なイギリス人作家であるG・K・チェスタトンがそう言ったのは1911年のこと。数学が人種差別的と見なされ、生物学的な男性がスポーツで女性と戦えるようになるずっと前のことだ。彼がいま生きていたら、何と言っただろうか。 pic.twitter.com/hGO5KCixVW

2021-05-17 17:25:08
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

風刺を書くのを仕事にしているバビロン・ビーでは、チェスタトンの苦しみが痛いほどよくわかる。私たちが風刺を意図して執筆した記事の見出しをいくつかご紹介しよう。 pic.twitter.com/aC9AMN6Mty

2021-05-17 17:25:08
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

2017年5月9日、私たちは次のような記事を掲載した。「2+2は4であると、了見の狭い偏屈者が主張」 これはもちろんジョークだった。しかし、2020年8月10日のワシントン・エグザミナー紙には次のような見出しが躍った。「数学教授が2+2=4は白人優越主義者の家父長制度の臭いがすると主張」 pic.twitter.com/PFJ3ID7NtS

2021-05-17 17:25:09
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

2020年8月13日、私たちは次のような記事を掲載した。「BLMの暴徒たちがノーベル平和賞を受賞」 公開した時点では、これが風刺であることは明らかだった。しかし、2021年1月29日、ガーディアン紙には次の記事が載った。「ブラック・ライヴズ・マター運動がノーベル平和賞にノミネート」 pic.twitter.com/b81YaJn5dk

2021-05-17 17:25:10
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

2020年3月25日、私たちは次のような記事を掲載した。 「在宅勤務の増加によりズボンの売り上げが激減」 同じ内容の記事が Yahoo! ファイナンスに掲載されたのは翌日のことだ。「ウォールマートによれば、パンデミック中に上半身用の衣類の売上は増加したが、ズボンやスカートはそうではなかった」 pic.twitter.com/VsW2wRxnNz

2021-05-17 17:25:11
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

あげようと思えばいくつでもあげられる。私たちの風刺記事は、驚くほどの頻度で予言の書となるのだ。ユーモアや風刺にとって、これは何を意味するのか? ひとつには、私たちの仕事がより難しくなるということである。 pic.twitter.com/zDKvuBA2QU

2021-05-17 17:27:02
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

驚かれたかもしれない。現実がクレージーになればなるほど、それを笑いの種にするのは簡単なのではないのか? 実際は逆だ。風刺では、考えを伝えるために真実を誇張する。しかし、現実がこれほどまでに馬鹿げていて、極端な思考や振舞いが当たり前なら、それをさらにおおげさにするのは至難の業だ。 pic.twitter.com/nP9RJKh5xA

2021-05-17 17:27:03
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私たちが公開するほとんどすべてのものに真実味が漂うのだ。そして、先ほどご紹介したように、その多くが現実になる。これこそがチェスタトンが嘆いていたことだ。これが、左派が風刺をダメにする方法の1つだ。現実を現実のパロディーに変えるのである。 pic.twitter.com/ZgOnryWg8w

2021-05-17 17:27:03
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

左派が風刺をダメにする方法はもう1つある。これはより意図的で陰湿だ。検閲である。数年前、私たちは次のような大げさな見出しを付けて記事を公開した。 「公開前のニュースにスピンをかけるため、CNNが産業用洗濯機を購入」 (注:「スピン」とは特定の意図をもって報道の内容を操作すること) pic.twitter.com/BznDAp24YS

2021-05-17 17:27:04
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

まさかと思うかもしれないが、事実検証サイトのスノープスがこの記事のファクトチェックを行った。洗濯機で報道にスピンをかける話にだ。誰の目にも明らかなジョークである。しかし、スノープスはファクトチェックを行い、「誤り」という判断を下した。まるで私たちが真面目に記事を書いたかのように。 pic.twitter.com/3KH7CXNseq

2021-05-17 17:27:05
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

昔むかし、ジョークは面白いか面白くないかだった。人を笑わせられるか、られないか。しかし、今はどうだ。ジョークが真実かどうかをファクトチェックする時代になった。ジョークは面白くなくなった。ジョークは間違いなのだ。そして、間違った情報は危険だ。 pic.twitter.com/28UcXWL5m3

2021-05-17 17:28:10
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

スノープスのファクトチェックを受け、フェイスブックは私たちに警告した。フェイク・ニュースを流し続けるなら、広告をはがし、バンするぞ、と。言うまでもなく、フェイク・ニュースと風刺には大きな違いがある。 pic.twitter.com/LF8OfIqyfW

2021-05-17 17:28:11
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

フェイク・ニュースは人をだまそうとするものだ。風刺は、からかいやユーモアや皮肉を介して人を楽しませ、情報を提供するものだ。しかし、左派はこの境界をあいまいにすることで得をする。私たちの仕事をフェイク・ニュースに含めてしまえば、私たちを黙らせることができる。簡単な話だ。 pic.twitter.com/XdYHacudwl

2021-05-17 17:28:12
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

こうしたファクトチェックは、検閲を正当化するための巧妙で狡猾な方法にすぎない。意図的に人々を間違った方向に導いていると仄めかすことで、私たちを誹謗中傷する役割を果たすことも多い。だが、どうして風刺を検閲したいなどと思うのだろうか? pic.twitter.com/kOzb9hOOHN

2021-05-17 17:28:13
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

なぜフェイスブックはUSAトゥデイ紙に金を払って、私たちの風刺への長たらしい反論を書かせたのだろうか? (実際にそんなことが起きたのだ)。究極的にユーモアは真実を伝える手段であり、真実は人を不快にさせることがあるからである。 pic.twitter.com/YvX62cdduM

2021-05-17 17:28:14
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

誤りだからではなく、人を居心地悪くさせるからという理由で、言うことが許されなくなったさまざまなことを思い出してほしい。風刺は見せかけの態度や政治的正しさに正面から切り込み、耳に痛い真実を露わにする。そして、切れ味という点で、風刺に適うものはほかにない。 pic.twitter.com/p3VA2oYYzn

2021-05-17 17:28:57
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

C・S・ルイスはこう言った。「悪い哲学に立ち向かう必要があるというのが唯一の理由だったとしても、良い哲学には存在意義がある」。風刺が必要なのも同じ理由だ。風刺は悪い考えを笑い飛ばす。 pic.twitter.com/mugp14B0Ka

2021-05-17 17:28:58
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

そして今こそ悪い考えの本質を白日の下に晒さなければならない。私たち、特に若い世代の頭と心にそれがより深く根をおろしてしまう前に。良い哲学と理性的な論証は必要不可欠のものだが、ユーモアが最も効果的であることは多い。 pic.twitter.com/UCmChq1ydt

2021-05-17 17:28:59
拡大
tarafuku10 @tarafuku10

私たちの友であるG・K・チェスタトンの言葉をもう一度引用しよう。「真面目が取っ手のところでもたもたしている間に、ユーモアは扉の下から忍び込むことができる」 バビロン・ビーのCEOのセス・ディロンでした。(了) 英文スクリプト: prageru.com/video/killing-… pic.twitter.com/aN0oUqag2u

2021-05-17 17:30:34
拡大
irr-Bot @IrrTenkoBot

共産主義が失敗したのは、労働者が同時に消費者でもあることを忘れたからだけど、今の経済学者たちは、消費者が同時に労働者でもあることを忘れてる感じだね。

2021-05-03 17:22:51
irr-Bot @IrrTenkoBot

『就業規則を学ぼう』 <適切な例> イケメン「素敵だね、スーザン」 女「うわあ、優しいんですね」 <不適切な例> ブサメン「素敵だね、スーザン」 女「すいません、人事部ですか!?」 pic.twitter.com/wjpcoBtXY8

2021-05-07 21:53:40
拡大
irr-Bot @IrrTenkoBot

「我々のテロリズムに対する対応は、ジョン・レノンで止まったままだ。彼らは我々を爆破するが、我々は『イマジン』を歌っている」>RT twitter.com/daily_politics…

2021-05-13 08:23:53
irr-Bot @IrrTenkoBot

<生産性低い陣営> 牛丼屋「利益が上がってから給料を…」 大学「授業料が値上げできたら給料を…」 図書館「国民からの税収が増えたら給料を…」 <生産性高い陣営> 「お前ら、こんなにうまい牛丼が安く食え、色んなサービスが無料や安価で使える時代に、給料高くなくてもいいよな!」

2021-05-13 11:55:33
irr-Bot @IrrTenkoBot

<トンデモの類の>文系学者 「乳幼児死亡率を見れば、ソ連は崩壊が近い」 「トランプが勝つ確率は十分にある」 「アメリカは地域的な大国になる」 <まともな>文系学者 「資本主義は限界だ。崩壊が近い」 「世論調査を見ろ。ヒラリー勝利は確実だ」 「統計を見ろ。上方婚志向は存在しない」

2021-05-18 15:54:55

コメント

小川靖浩 @olfey0506 2021年5月20日
虚構新聞は予言の書である的話だな
18
Nisemono@MSNF @Fake_Otoko 2021年5月20日
風刺が良い悪い以前に、もう相手をほぼストレートに罵倒、揶揄する手段に成り下がってしまったんだ。 風刺自体の根本的なミームが変わってしまったんだよ。
7
かわいいこねこ @pilimykingdam 2021年5月20日
個人的には風刺ってのはムキになって否定すればするほど笑えるもんだから、ファクトチェックは大成功だろwww ただ実力で言論統制しようとするフェイスブックは普通に暴君
11
はよ TOKYO 2020-21 @hayohater 2021年5月20日
日本でもそこかしこで起きてますわな。与党系統、また右派系統『と勝手に自分がきめつけた』人士に対しては身体容貌家族含めて中傷的なこと言っても諷刺だ批判だと言い募れば許されて、野党系統、または外国公人の、公の場でなされた言動に対するからかい含みの論評はヘイトスピーチ認定してくるって。
17
はよ TOKYO 2020-21 @hayohater 2021年5月20日
hayohater むろんいわゆる政府公職にある与党公人についてはときにはそういう嘲笑ぶくみの諷刺論評も許されると思うけど(でも限界は絶対ある)、それを野党系の公人にうす甘くでも適用するととたんにフェイクだヘイトだって言い出すのはよせって。
10
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2021年5月20日
何となく、アメリカの右翼は日本と違って腰の据わったガチ右翼が多いという印象があるから風刺対象にも右派が多いんじゃないかと思っていたけど、日本同様左派・自称リベラル派が対象に選ばれて日本同様左派が規制派なのがまとめでわかったわ。先進国共通の病なのかねぇ?
5
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2021年5月20日
いつもと違って終わりにirrさんのツイートが無いのが寂しい。「まとめと関係無いじゃねーか!」との意見もわかるけど、結構楽しみにしていたから。風刺に対するirrさんのツイートが無かっただけかもしれないけど。
2
Mr.H(え〜い16回目(❗)のシャドウバン😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅😅) @DrStrangel 2021年5月20日
eK0SV72lWxlYb8L タブレットアプリで取り急ぎで作成したので拾えなかったから改めて加えた上で差し替え予定です😀 irrさんは #WalkAway  には欠かせないという認識は不変ですから😄
2
RiderKick @Kick7Rider 2021年5月20日
「境界をあいまいにする」ってのは、プロパガンダ的な攻撃、あるいは殴り合う目的のレスバでは基本戦術と言えますね。「わざと間違った認識・風評を言う」並によく使われる。
5
abc @ooaappii 2021年5月20日
「ヒラリー・クリントンが児童誘拐と人身売買に関わっててその拠点がピザ屋である」ってデマを信じてピザ屋に銃持って突撃するアホが居て、直近の大統領選挙でそれを何百倍にも拡大したようなデマが飛び交って連日ファクトチェックが行われたにもかかわらず議事堂襲撃が起き今もデマを信じ込んでるのが何百万と居る国でジョークとか通じるわけがないんだよな。
5
赤べこ @akabeko7654 2021年5月20日
他のネタはともかく「在宅勤務でズボンの売り上げが激減」は普通にあり得る予測だったけどな これがびんぼっちゃまくんスタイルの前だけちゃんとした服レベルまで行ったら「ねーよwwww」ってなるだろうけど
1
sw-wo @swwo12 2021年5月20日
「俺たちの最高の風刺ジョークが通じない!世の中がおかしい!」ってキレてるおっさんという風刺もまた作れそうだな。
2
愚者@勇者部満開17No.19 @fool_0 2021年5月21日
>現実がこれほどまでに馬鹿げていて、極端な思考や振舞いが当たり前なら、それをさらにおおげさにするのは至難の業だ。 現状を端的に表すのにこの一言ほどわかりやすいものはない。
10
まあちゃん02 @eK0SV72lWxlYb8L 2021年5月22日
まとめ最後にirrさんのツイート加えてくれてありがとうございます! 知らないツイートも有ったな。
2
まるい りん @maruirin 2021年5月23日
米国の風刺メディアの老舗といったら、存在しないニュースを大真面目に報じることに定評のあるONIONだけど、最近では「汚染された水から州民を守ろうとして全て飲み干して丸く膨らんだバーニーサンダース」「大統領選挙の結果の認証を阻止しようとしてイナゴの大群を吐き出して太陽を黒くさせたテッドクルーズ 」「質問をそらすためにディベート中に爆弾を投げてきたヒラリー」など、絶対信じないであろう荒唐無稽な記事をちょいちょい出してくるようになった。
1