編集可能

「正しくない本」は図書館にふさわしくない?図書館選書あれこれ

図書館情報学徒&その周辺フォロワーによる図書館における選書のお話。 正しくない本が図書館にあるのはいけないこと? 図書館のありかたと選書についての議論のまとめです。
49
へびこ🏝 @hebiko

選書をきっちり行ってたインターン先は、よく考えたら異常なんだよな。本当にあそこは「夢の」図書館だった。理想を追うことを許された図書館。

2011-08-08 08:26:27
へびこ🏝 @hebiko

わたしが生涯一番図書館を欲してたのはお金もなくて本も買ってもらえない小学生のときだったのに、学校図書館がないことだとか一番近い図書館の蔵書がアレとかすごく痛かった。だからああいう図書館が近所にあるのはうらやましい。

2011-08-08 08:31:06
へびこ🏝 @hebiko

そんなわたしを支えたのが家庭文庫であったり、音楽教室にありきちんと蔵書が考えられた小さな文庫であったりしたのだから、わたしが文庫に夢を持つのも仕方ないのかもなあ、となんとなく思った。

2011-08-08 08:33:14
へびこ🏝 @hebiko

文庫の本は規模が小さくて目が行き届いていたから、「ここの本は何を読んでも面白い」状態だった。それってすごく幸せなことだよなあ。ちなみにわたしが生まれて初めてしぬほどつまらないと思った本は市立図書館で借りてきた本だった。

2011-08-08 08:36:26
へびこ🏝 @hebiko

あと「カラスの死体は唐突に原子まで分解され、跡形もなく消える」とか書いてある本が市立図書館にあって中学生のとき閉口した。理科の先生に聞きに行ったら「カラスはカラスの死体を食べるから、そんなことはない」って言われて安心した。

2011-08-08 08:40:19
へびこ🏝 @hebiko

「なんでこんな嘘っぱちの本が市立図書館に」って思ったけど、そんな内容までいちいちチェックしてる余裕ないんだろうな。中学生のわたしはあれを持ってカウンターに問い合わせるべきだったんだろうか。

2011-08-08 08:42:27
へびこ🏝 @hebiko

@ao_lieee 結構つくばの小学校は多いんです……あってもすごく小さかったりきちんと予算かけて本買ってもらってなかったり。酷いものです。

2011-08-08 08:44:10
へびこ🏝 @hebiko

@ao_lieee 「なぜカラスの死体は消えるのか」とかそういう感じの本だったような。装丁は普通の文庫本でしたが!

2011-08-08 08:45:37
へびこ🏝 @hebiko

図書館のない環境で育ったからこそ言いたいけど、少なくとも子ども達にとっては成長をする過程で「図書館は必要」です。ただ、しょうもない本揃えてる図書館は正直要らなげふんげふん

2011-08-08 08:47:33
へびこ🏝 @hebiko

@ao_lieee つくばの学校図書館は酷い方みたいですよ!中学はもっと酷かったので、高校入って感動しました…!

2011-08-08 08:52:21
檸檬みるく @lemon_milk

@hebiko 図書館って子供にどんな影響を与えるの?

2011-08-08 09:02:32
へびこ🏝 @hebiko

@lemon_milk 「本を読むこと」限定で考えれば、何より語彙が増えます。また「言葉に基づいて空想する」能力の下地ができると言われています(すみません出典紛失しました)。所謂文学作品を楽しむための下地ですね。

2011-08-08 09:12:24
へびこ🏝 @hebiko

物語好きは物語の登場人物(得てして主人公)を自分と同一視して、その主人公が何か困難を乗り越えることで、自分も何かを心理的に乗り越えることができるということ。それは主人公と似つかない何か別の困難であっても。

2011-08-08 09:15:39
へびこ🏝 @hebiko

これは(年齢が)小さい人にも起こりうることだ、というような記述を読んでなるほどなーって思ったのだけどどの本か忘れたしにたい

2011-08-08 09:16:38
へびこ🏝 @hebiko

少なくとも本を欲してる子にはよい本を紹介してあげたいな。というわけで塾の子ども達に何を紹介するか、というのは結構重い話なのです。「長編は無理、短編ならなんとか、探偵ものがすごく好き!」みたいな子に何を紹介するか。レファレンスみたいなもんか。

2011-08-08 09:20:21
檸檬みるく @lemon_milk

@hebiko なるほど、本を読む環境が大事ってことね。その点、図書館は無料で豊富な図書があるから効果的ってことか

2011-08-08 09:20:38
檸檬みるく @lemon_milk

ふと思い出したが、中学の時に下級生に対して読み聞かせをやったな…。なんだかんだ、なんでもやってる学生時代だな…

2011-08-08 09:22:09
へびこ🏝 @hebiko

@lemon_milk あ、そういうことです!まああとは図書館のサービスのやりようでいろいろ他の効果も期待できるとはおもうのですが、なかなか手が回っていないのが現状ですね……

2011-08-08 09:23:08
へびこ🏝 @hebiko

やっぱり子どもには誠意と愛情だなあ。それが欠けてたら伝わらない。

2011-08-08 09:27:15
へびこ🏝 @hebiko

正直大人へのサービスは、さっぱりわからない。多分今「図書館を使う大人」と接していないからだと思う。彼等がどういうものを求めているのかわからないから。

2011-08-08 09:29:55
へびこ🏝 @hebiko

所詮理想だ、だったんだけど、その理想が叶っている場所をみてしまったのは、辛いな。

2011-08-08 09:35:33
檸檬みるく @lemon_milk

つまり、パチュリーは図書館

2011-08-08 09:38:28
ひゅうま @ Japan @chammarit

そういう本があったって良いじゃん RT @hebiko: あと「カラスの死体は唐突に原子まで分解され、跡形もなく消える」とか書いてある本が市立図書館にあって中学生のとき閉口した。理科の先生に聞きに行ったら「カラスはカラスの死体を食べるから、そんなことはない」って言われて安心した。

2011-08-08 10:01:36
へびこ🏝 @hebiko

@chammarit 本屋にあるならよしだと思いますが、公立の図書館にあるのはどうかと思います。嘘っぱちが堂々と書かれている本をわざわざ図書館でお金かけて買うのはちょっと。

2011-08-08 10:54:34
残りを読む(112)

コメント

えりつぃん @eri_twin 2011年8月8日
つぶやきをいくつか追加しました。
0
sezmar @sezmar 2011年8月8日
その手の本に限らず「夢を掘り当てた人」や「神々の指紋」などは?など奥が深い、楽しい話題。
0
岡一輝 @okaikki 2011年8月8日
淫祠邪教の経典の類、鬼道魔法の呪術書の類を山のように収めている図書館など焼き討ちするのじゃ! 女司書は生きながらに牡蠣の殻で肉を削ぎ落して処刑するのじゃ!
0
柴田秋 @aki7ito 2011年8月8日
地球温暖化の原因に海賊の数の減少を挙げている本を入れてください。大丈夫。ちゃんと科学的だよ。負の相関があるよ。
0
柴田秋 @aki7ito 2011年8月8日
ところで、「間違っているからこそ」読みたい本があるんだけれど。「水は何でも知っている」とか「インテリジェントデザイン」とか「買ってはいけない」とか。そういうのは自分で買えってことか。(奴らに銭を渡すのも癪だけれど、公金使うのももっと不味いか)
0
ちょこる @chocol39 2011年8月9日
ハックルベリーフィンの話も聞いて見たい
0
にくやさいいため @niku831 2011年8月9日
http://www.geocities.jp/yokusurukais/aicel.html 何が良い本なのか、悪い本なのか。私たち自身がそれを判断する機会を保証するために、図書館はあります。>「知る権利」と「図書館の自由」擁護のために
0
このぼん @konobon 2011年8月9日
ふむ。いち素人ですが「お小遣い」を持ち出されて「司書が選ぶ」宣言は困るな。個人だってお小遣いでやりくりしてる。大小関係なく読む本を選ぶのは利用者であるべきかと。
0
このぼん @konobon 2011年8月9日
病院だって専門的になると紹介状出すし、本屋だって別のチェーン店から取寄もするし…なんとなくだが、図書館それぞれが現在あんまり横に繋がってないという問題だと思う。
0
Ito Manabu (まなびぃ) @manaby76 2011年8月9日
利用者が選ぶとなるとメディアで評判のベストセラーばかり希望する。司書が選ぶのはちょっと読まれなさそうな、でも役にたつであろう本も選ばなきゃならない。それがけっこう難しい。
0
Touka Tachibanæ @TTouka 2011年8月9日
感情移入できない私は物語好きではなかったのか。それはさておき、ライブラリアンシップってのがあったと思う。
0
kaeru3 @ruckatz3 2011年8月9日
「正しい」ことは学校教育で教えることになっておるので、社会教育が同じことしていたら重複ですのよさ。
0
Ig @madeyesonly 2011年8月9日
近所の図書館にはこれが置いてある。なんでも司書がノリノリでいれたそうな。 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4861940168/ref=redir_mdp_mobile/375-2137565-9082118
0
汀こるもの@探偵は御簾の中 @korumono 2011年8月9日
古代生物系や考古学はすぐに学説が変わってこれまで正しかったことがホイホイ間違いになるので正直プロでも無理ですよ。
0
汀こるもの@探偵は御簾の中 @korumono 2011年8月9日
「間違った本」も「間違った本を真に受ける」のも立派な文化だと思います。ノストラダムス研究本とか今読んでみたいじゃん。
0
幻楼斎/西野都 @genrousai 2011年8月9日
気持ちはわかるんですが、ここでの主張は司書の「正しい」を利用者に押し付ける、ということに繋がるんですよね。あからさまな疑似科学だから良いように見えますが、一方でそれについて知る機会は失われるわけで。
1
永沢壱朗 @Nichilaw 2011年8月11日
むかし船橋で、いわゆる「右」の本だけ図書館員の独断で廃棄されたという事件があってな。図書館の蔵書は雑多でカオスで神の見えざる手な方が、個人的には嬉しい。いや、分類と整理はきちんとやって欲しいけど。
1
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2011年8月11日
個人的な見解かもしれんけど、図書館てのはまず「文化を保存する」とこだと思ってるので収蔵される本に正しいも間違ってるもない思う。デマや悪い知識だってある種の文化。
0
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2011年8月11日
あ、内容によっては子供の目に触れないように、なんかの配慮は必要だろうけど。お勉強の為だけなら学校でいいじゃない。
0
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2011年8月11日
「正しい知識だけが保存されるべき」って考えの結果、ヨーロッパの中世はキリストの教えにそぐわない書物は紛失したり埋もれたり。中国だって儒教一尊が徹底されてたら韓非子なんか残りもしなかっただろう。
1
緑一色( •̀ㅂ•́)و @Allgreen76 2011年8月11日
その時代の価値観の分布、比重に沿った収集を心がけるべきではあると思うが、「正しさ」を基準にしてほしくはないなぁ。俺の為、っていうより後の時代の人が難儀するかもしれんからね。
0
鷹野凌@HON.jp📚 @ryou_takano 2011年8月11日
@Allgreen76 さんに同意。時代の変遷によって価値観も変わるし、正しいとされてたことが間違いだったこともある。
0
熊野風。 @nobody2knows 2011年8月11日
「正しい本」しか置けないなら、SFなんて置けないなぁw
0
さいないぷ @cynipe 2011年8月11日
予算の問題はあるとしても選書をどうこうするより、リファレンスサービスなんかを充実させる方が良いように思う。で、知る人ぞ知るサービスではなくて、それを利用者に促すとか。選書云々については結局宗教論争にしかならないと思うだよねぇ。極端な話エロ本にもグロ写真集にも文化は感じられるわけだし。
0
なくたく @nakkhtak 2011年8月11日
何で「間違った本は置くな」の文脈で「間違った学説」が出てくるのかわかんない。それは「結果として間違ってしまった」例でしょ。「プロセスとして間違っている」ものを置くな,って話をしてるんじゃないかと思うのだけれど。
0
なくたく @nakkhtak 2011年8月11日
かつて選書に携わったことがある身としては,選書が権力というのはまったくもってその通りだけど,だから何,という話だと思う。
0
なくたく @nakkhtak 2011年8月11日
公立図書館は予算の許す限りあらゆるニーズに応じるべきだとは思うけれど,現実問題として予算の制約があるから「こんなクズ本買ってんじゃねえよもっとちゃんと選書しろよ」という不満が出てくるのだろうな。子供への教育的配慮とかは別にしなくてもいいと思う。図書館は玉石混淆でもいいんじゃないの。予算の許す範囲において。
0
mica @mica184b 2012年3月11日
RT @hebiko: 物語好きは物語の登場人物(得てして主人公)を自分と同一視して、その主人公が何か困難を乗り越えることで、自分も何かを心理的に乗り越えることができるということ。それは主人公と似つかない何か別の困難であっても。
0
mica @mica184b 2012年3月11日
RT @hebiko: 物語好きは物語の登場人物(得てして主人公)を自分と同一視して、その主人公が何か困難を乗り越えることで、自分も何かを心理的に乗り越えることができるということ。それは主人公と似つかない何か別の困難であっても。
0