2021年6月4日

北大助手「バイト頼んだら翻訳スキル超級の奥様がきた」

北大助手時代の回顧録だそうです。ジェンダー界隈の人が噴き上がってるみたいですが、ほんわかレス推奨です。えがおー(๑˃̵ᴗ˂̵)
12
オッカム @oxomckoe

北大助手時代に「東京は恐ろしい所だ」と思ったことが一度だけあります。国際会議のロジやっていた時、同時通訳を派遣してもらいました。最初は研究者なんだから通訳くらいできるだろうと思ってたのですが通訳は甘いものではなくまるでうまくいかなかったのです。まして同時通訳など訓練なしには無理。

2021-06-03 23:14:16
オッカム @oxomckoe

アカデミアの国際会議でしたから専門用語だらけですが、事前に資料渡しておいたら、それはそれは見事な同時通訳がなされました。通訳者はすべて女性だったのですが、これが皆さん、専業主婦だったのです。東大やICUを卒業した専業主婦です。セレブバイトだったのです。

2021-06-03 23:17:05
オッカム @oxomckoe

東大やICUや東外大(ICUや東外大は大学院を駒場で修了してたりする人もいました)出身者が専業主婦やってるのです。ジェンダーの問題は本件ではちょっとおいておきます。とにかく北北海道の辺境出身の私にはあまりにもイカツイ学歴の持ち主が専業主婦やって、セレブバイトしている。衝撃と畏怖でした。

2021-06-03 23:22:09
オッカム @oxomckoe

繰り返しますが、ジェンダーの問題は専門外なのでおいておきます。彼女らは比較的余裕で超一流大学に入り、普通に教養を積み、しかしキャリアをガリガリ重ねることには関心がなく、恐ろしく給料の高い旦那のパートナーとして読書し語学を磨き子育てしている。雲の上より私には高かったです。

2021-06-03 23:27:18
オッカム @oxomckoe

あり得ないのです。あり得ない世界だったのです私には。研究者としては、彼女らの旦那(が研究者だった場合)を凌ぐことができるかもしれない。しかしあの高学歴と語学力でキャリア志向のない妻を迎えることは想像もできなかった。つまり僕は絶対に勝てない。一体どんな世界なんだと背筋が凍りました。

2021-06-03 23:35:38
オッカム @oxomckoe

そもそも白人見たのが、大学に入ってからというのが私です。一月に2〜3日しか太陽の出ない土地でガリ勉して、浪人して北大に入った、それが私です。もう(誰かマシンガン持ってきてくれ、一回ゼロにしないと俺はもうこの世では浮かび上がれない)とまで思いなやみ懊悩しました。

2021-06-03 23:51:51
オッカム @oxomckoe

僕は稚内が実家だったので大学に職を得られなければ学者稼業そのものからの撤収を意味していましたし、大都会札幌といえども博士課程修了者のバイトは限られていました配偶者も得られませんでした。だから是が非でも大学で生き残るしかなかったという点で視野狭窄であったことは十分認識しております。

2021-06-04 00:50:16
オッカム @oxomckoe

とにかく大学に職を得られないなら死ぬつもりでしたので、いかなる理由といえどもそれ以外の人生は想像を絶するものだったのです。

2021-06-04 00:55:26
オッカム @oxomckoe

札幌時代は自宅の近所にホーマックがあったので、ロープは購入しておりました。脂汗をかきながら公募書類を書いておりました。大学の先生以外にはなりたくなかったのです。他の仕事を見下していたわけではなく、自分のすべてをかけた5年が結実しないなら他の仕事につく気は一切なかったのですよね。

2021-06-04 01:02:15
オッカム @oxomckoe

「〜やめませんか?」という「止めろ」という言葉の言い換えは好まないのですが、それにしても高学歴の金持ちに対しても言葉に気をつけなければならないその「臣民根性やめませんか?」とは思うな。 僕の父も母も大学にも行けなかった。

2021-06-04 07:36:20
オッカム @oxomckoe

あと「通訳が男だったらこんなこと言わないだろ」とか、言いがかりも甚だしい。家事を専らとしている男性で、最高難度の語学スキルでバイトしてたらセレブバイトと衝撃受けたでしょう。そもそもジェンダーの話ではなく階級への衝撃だったので。ただ日本はそこまで行ってないのは現実のようですね。

2021-06-04 14:50:16
オッカム @oxomckoe

「それがまさに青天井の内在化なんだよ」と言われれば、反論は用意できないのですが、それにしても優雅で明るかったのです。正規雇用を断って非正規雇用を選んでいた語学達人たちを見て、これはなんだろうと。都市地方間の階級なのではと思ったのです。

2021-06-04 17:30:33
オッカム @oxomckoe

案外、今の大学人の多数派は、予想以上に僕より出身階級が上ではないし、それゆえキャリアについての渇望するような価値観も似ているのではないかというのが今日の学びだったような気がする。

2021-06-04 18:03:42
オッカム @oxomckoe

「バイト」という言葉は、今では定着してますね。お金持ちの奥様がちょっと仕事にいくのもバイトと普通に言ってます。専門職も含まれます。「セレブ」ですがこれは英語の用法と違ってて、日本の経済的に余裕のある人たちを指します。「セレブバイト」とは経済的に余裕のあり人たちの仕事です。

2021-06-04 19:29:51
オッカム @oxomckoe

だから馬鹿にした意味はありませんでした。誤解を招いたのは私の安直なネーミングです。上流階級のゆとりある仕事です。専門職に多いです。非正規です。あなたの仕事がセレブバイトかどうかは、預金残高や資産をお教えいただかないとわかりません。

2021-06-04 19:31:59

コメント

くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2021年6月5日
高等教育を無駄遣いしているという感覚は、収入の手段としての学問という認識に支えられているので、金に困らない層には「教養」の一部でしかない。高学歴者がその学歴を生かさずにいるのは珍しくもなく、「大学でやったことと関係ない仕事に就く」なんて典型。経済の問題で、学問としては一定数あって当然のことと思うべきでしょうね。もったいないという気持ちはわかるけど、それを是正しようとすると、「女性は結婚したら仕事を辞めてしまいがち」という理由で入試の点数操作した話が是認されてしまうのですよな。
2
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2021年6月5日
あと、「青天井」は「ガラスの天井」ではないかと思います。
1
まるい りん @maruirin 2021年6月5日
自分も最初勘違いしてたんだけど、調べてみたらアカデミアの会議に呼ばれるくらいの通訳の人は、年収1000万超えが珍しくない超稼げる仕事だった。なので女性だから仕方なく稼げない働き方してる、とか、スキルの割に稼げないから結婚したんだみたいなレス(批判側も擁護側にも多い)がそもそも勘違いだと思う。  https://kase2.jp/income
1
まるい りん @maruirin 2021年6月5日
maruirin なので、まあ実力が物を言う世界だけど、アカデミアでの通訳にはその論文を読み込んで理解する力が必要で、語学だけではどうにもならない世界のようなので、学歴は活かしてるんじゃないかと思う。
1
まるい りん @maruirin 2021年6月5日
なので、ジェンダーの話かといえば、そう言うバイアスのあるツイートもあるけど、本質的には違うような気がする。『アカデミア会議の同時通訳』と言う仕事がハイスペックなのは割と共有されてるとは思うけど、なんか稼げない仕事、って勝手に思われてる気がする。そこの前提条件が共有されてない(批判側も擁護側も)ので議論がわやくちゃになってる印象。
2