2021年6月6日

ストーリーspin-of!! まとめ

ストーリー3rd seasonと4th seasonを結ぶ番外作! ある日B2と72Fの存在が皆から消える…
0
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

3rd season 終了から1ヶ月という時が経ち2人の若者と2編成がとある場所で目を覚ます 光「あれ…ここは?」七海「森なのかな?けどなんか見覚えある気するんだよね…」光「確かに…一体どうなってるんだろう?」七海「とりあえずB2君と72Fちゃんの電源付けて周りを探索してみよう?」光「そうだね。」

2021-06-09 15:06:04
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B2達の電源が付けられ周りを探索しつつ運用する事にした。 B2「ふわぁぁぁ……あれ?ここは?」72F「私達三鷹で寝てたはずじゃ、」七海「おかしいよね。とりあえず運用行こ?」72F「そうね」 光( おかしい。周りの車両が全くいない。どうなってるんだ?) そう思いつつ運用に行くことにした。

2021-06-09 15:06:05
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

しかし乗る人は現れずすれ違う編成もいなかった。 そして大きい駅に来た。72F「所々ボロボロね」B2「ここはどこだろう?」七海「中野??あれ?私達が良くいた所と同じ?」光「となると」72F「私達はこれから東西線に入るんだけど」七海「入れるかな?」B2「とりあえず僕達はここで待機するから」

2021-06-09 15:06:07
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

光「ダメだったら戻ってきて」72F&七海「うん」 2分後、72F達が戻ってきた。 72F「駄目ね。水没してた」七海「とりあえず、他のところ行ってみよ?」B2「うん」光「了解。」 所々水没してる編成を発見しつつも探検していた。 B2「なんか気味悪いね」72F「そうだね…なんか変な感じ」 その頃B1達は

2021-06-09 15:06:09
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B1「おかしいな。B2と72Fさんがいない」守「朝起きた時からいないなんて、どうなってるんだ」MU1「それだけじゃないの。GPSからの反応も消えてるし…」玲奈「何より、今いる私達しかB2達のことを覚えてないのが不思議なんだよね」M71「どこかに飛ばされつつ記憶も皆からいなくなったという事じゃ」

2021-06-09 15:17:16
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B1達は不思議に思っていた。 MU1「けど、B2達がとある世界にいるのが確実ね。」M71「どうすれば…」B1「俺の気で探索してみる…」数分後特定が完了した。 B1「分かったぞ!姉貴!!」MU1「ナイスタイミング!!」守「ここにいるのか!」玲奈「だったら今すぐ行かなきゃ!!」M71「僕はどうすれば…」

2021-06-09 15:17:17
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B1「そこが問題なんだよね」 すると見覚えのある編成達が声をかけた。C516「やっぱりいた。」隼「やれやれ。俺を忘れてもらうのは困るぜ」MU1(聞き忘れてた) C516「姉さん心の声ダダ漏れ。」隼「さっきまでの話を聞く限り。そこに行けばのか?」C516「M71はMU1に連結した状態で行けばいいのさ」

2021-06-09 15:17:18
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

その頃B2達は B2「ここは、新宿みたいな所?」72F「見る形もないね。」 するととある編成が呼んでいた。 七海&光「なんだろう?」 ??「ここから先は危険だ。別の路線で行け」B2「!………父さん!?」K8「立派な青年になったな。B2」B2「何でここに!?」K8「驚くのも無理はない。話は東京でするぞ」

2021-06-09 15:17:19
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

そして話は東京で行われることになった。 B2「父さん、僕ら突然この世界に来たけど戻る方法はあるの?」K8「そういえばC501達の記憶はあるのか?」B2「今の所うっすらと」K8「はっきりと言おう。B2と72Fは今、本来生きてる世界で存在しない」B2&72F「うそ!?」K8「ああ。歴史の改変によってな。」

2021-06-09 15:34:40
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

72F「歴史の改変?」K8「歴史を変えようとする奴によって歴史が悪い方向に変わったり、いい方向に変わったりする。B2達の記憶は前者の方だ」光「でも、なんで僕らは…」七海「忘れられてないの?」 宮沢雄太「それは1つの理由がある」光「雄太兄さん!?」雄太「久しぶりだな」

2021-06-09 15:35:00
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

そしてそれに関しても説明が行われた。 雄太「俺の推測だがお前らは歴史の改変が起きた後に生まれたもしくは入社したからパラドックスから免れたかもしれないな」光「嘘、、」七海「じゃあ戻る方法は?」 K8が言った。 K8「歴史の改変をしようとする奴を倒す。ただそれだけだ。それ以外この幻想世界

2021-06-09 15:35:20
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

から元の世界に戻ることは出来ない。」B2「けど、僕たちだけじゃ」72F「力不足かも…」K8「安心しろ。もうすぐ助っ人が来る」B2「父さは?」K8「俺ももう歳だ。ハードな動きは出来んよ」72F「そんな…」K8「指示は歴代の八ミツリーダー達がやる。それなら安心だろ?」72F&B2「うん…」

2021-06-09 15:35:31
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

その頃B1達は B1「よし、幻想世界に行く道が開いたぞ!」MU1「ヤッタァ!」守「これで行くことができるんだね」隼「そういえばC516とB1はなんで昔の時代の札なんだ?」C516「ああ、忘れられないようにね。」B1「だから俺はラシ101の札を。」C516「僕はラシ66の札を持って行くんだ。」

2021-06-09 15:35:32
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

隼「なるほどね。」MU1「準備はいい?」M71「もちろん。」玲奈「問題ないよ」守「いつでも行ける」隼「問題は無いさ。」C516「ああ。ばっちりさ」B1「全員問題ない。」MU1「それじゃあ、行きましょう。」 そしてB1達はB2達のいる世界に旅立っていった。 次回 第2話 再開

2021-06-09 15:35:33
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

前回のあらすじ 突如異次元の世界に飛ばされたB2達。そこはB2達が暮らす世界にはそっくりだが、何かが違う世界だった。しばらく進んで出会ったのはB2の父、103系1200番台K8編成。K8から今、B2達は存在しない。幻想世界にいる事を伝えられる。B1達は異変に気づき、宮沢兄弟とC516、桜井隼、M71と合流

2021-06-16 15:02:36
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B1達は幻想世界についた。 B1「ここが幻想世界か。」守「所々水没してる箇所あるね…」 移動手段が見つからず悩んでいた。C516はある方法を閃いた。 C516「防水加工は?」隼「その方法はあるけど…」MU1「いや、防水加工は厳しい…だとしたら」玲奈「だけど、この水MU1達が触れても平気なの…」

2021-06-16 15:09:08
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B1達は不思議に思った。 B1「幻想世界は色々と変わってるな…」守「とりあえず、光達の位置は?」B1「東京だ。とりあえず移動するか。」MU1「そうね。」C516「移動しなきゃ始まらないし。」玲奈「そういえばこの世界信号は?」隼「なさそうだね」 B1達は移動を始めた。その頃B2達は…

2021-06-16 15:26:13
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

B2「僕達の記憶を僕達自身が蘇させる…」72F「少し変な感じだけど、やってみるしかないね…」光「けど、これを果たさないと僕達は帰れない…」七海「少し複雑…」 少し不安な部分もあった。 雄太「じっくり考えてくれ。俺は少し様子を見に行ってくる。侵入者がいたら大変だからな。」K8「ああ。」

2021-06-16 15:26:18
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

K8達は様子を見に行った。 B2「とりあえず、やってみよう?」72F「そうね。私達はいつも乗り越えてきた。今回も出来るはず…」 その頃B1達は、 B1「あと少しで御茶ノ水っぽい所だな。」M71「なんか前にいる!」 隼&玲奈&守「!?」 ウテシ3人が非常ブレーキを掛けた B1「危ねぇ、ぶつかる所だった。」

2021-06-16 15:26:26
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

M71「まさか、K8先輩!?」C516「何故こんなところに!?」MU1「妨害??」 3編成はそれぞれ疑問に思った。 K8「いや、敵ではない。東京がな今キャパオーバーだからここで話がある。」MU1達「話?」 K8はB2達に話したことと同じことを話す。 K8の乗務員室から雄太が出てきた。

2021-06-16 15:26:30
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

雄太「久しぶりだな。玲奈、守。」玲奈&守「兄さん!?なんでこんな所に!?」守達は驚いたが、隼は戸惑っていた。 隼(誰だ?) 雄太「今はここで暮らしつつ歴史の改変をしようとする奴を捕まえる仕事をやってる。詳しくはここではなく他のところでやる。」

2021-06-16 15:26:32
⑨の501&E231系B1編成&K1編成bot @C501andB1andK1

K8のワープによってまずB1達が旧JR東日本本社に連れて来た。次にB2達を連れて来た。 M71「B2達、無事だったんだね!」B2「何とかね。」72F「けどみんなから記憶が無くなってて…」C516「そこらへんの話は僕も聞いた。けどどうやればいいのか分からない…」B1「そこらへんが難しいんだよね。」

2021-06-16 15:26:35
残りを読む(33)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?