ピアノのなるほど!調律師・忰田勉さん(かせだ)

ピアノは取りあえず鍵盤触れば音が出るし、仕組みも複雑、そして楽器がでかいことも手伝って、ブラックボックスになり易い楽器です。僕自身も、もっともっと楽器そのものへの理解も深めて行きたいと思っています。 僕がここぞという時にいつもお世話になっている調律師の忰田勉さん(かせだ・つとむ)のピアノに関するツイートのまとめです。是非、ご覧下さい~
音楽 ピアノ 調律
7
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ピアノの弦が切れる原因は、1、同じ音を連続で長時間弾く(部分練習の繰り返し) 2、常に限界を越えた音量で弾く。3、ピアノが鳴りにくくなっている(ぜんぶ蓋を閉めている、部屋の響きが少なくデッド)4、ピアノのアクションの調整不良。5、たまたま弦に傷があった。など、後思いついたら呟く。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ピアノの音のズレ方にも色々とあります。ほぼ平均的に少し下がっているもの、音域によってバラバラにズレているもの。ピアノの置かれている環境でズレ方も様々。このズレ方やアクションの状態を見て、今回は、どんな調律や調整をすれば良いのか考えて作業します。(^。^)
Tsutomu.K @pf_tuner9389
昨日は、飲み会でした。中村紘子さんの調律を担当していた人の話で、中村さんは、技術者に言えば直るものか、そうで無いかが的確にわかる方で、技術者の怠慢で直していなかったら、すぐにわかってしまうほど、ピアノに詳しい。それゆえに全力で対応し、技術の世界いつ何時も手を抜いてはならぬと。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ヤマハコンサートピアノの製作動画。 http://t.co/8zldW539
Tsutomu.K @pf_tuner9389
後輩に調律の指導をしていると、ふと発見したりして自分の勉強になったりします。今日はチューニングピンの止め方で音量や音色の変化を研究。(^_^)
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ホールやレコーディングスタジオなどでは指定業者しか調律させない所があります。それでも演奏者の希望で演奏者側の調律師がする事もありますがその場合、調律のみで整調や整音は手を着けない約束をさせられたり何て事も。ピアノの状態が良ければそれでも良いのですが、そうでない場合は大変です。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
グランドピアノの鍵盤蓋の隙間から鉛筆を落とさない方法。あるピアノ先生は鉛筆に大きな消しゴムを刺して、隙間から入り込まない様にしていました。(^○^) 消しゴムではなくても、何かマスコット指人形をくっつければOK!
Tsutomu.K @pf_tuner9389
最近のヤマハのアップライトピアノには、ピアノの中のフレームに、MADE IN JAPAN って書いてあるんですねー 、インドネシア製のヤマハときちんと区別できるようになのかな? http://t.co/wHxCw3gC
 拡大
Tsutomu.K @pf_tuner9389
二年前のモーストリー・クラッシックを読んでいたら、ショパンコンクールで使用されるピアノは、各メーカーが最高の状態のピアノを持ち込むが、スタインウェイはコンクール会場に常設されているピアノを使用しているとあった。ある意味凄い!(^_^)
Tsutomu.K @pf_tuner9389
馬塲マサヨ 著 「目からウロコのピアノ奏法」 身体の使い方、指の使い方、ピアノの扱い方、音の聞き方、などのアドバイス等。 私もピアノの扱い方の章で、少しお手伝いさせて頂きました。(^_^) 好評発売中! http://t.co/n7eEH5bC
Tsutomu.K @pf_tuner9389
私もほんの少し、ピアノの扱い方の章でお手伝いさせて頂きました。(^○^) 発売中でーす! 目からウロコのピアノ奏法 - 書籍 ピアノ | ヤマハミュージックメディア http://t.co/n7eEH5bC
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ピアノの整音をする時には、単音で一音づつ聞いて音を揃えるだけではなく、2オクターブで弾き、下の音に対して上の音が、音量や音色、音の伸びなどのバランスがとれているか聞き作業をする。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
地震時にアップライトピアノのキャスターが床に固定されてしまうと、ピアノの頭が大きく揺れ転倒の危険があるので、インシュレーターの裏にフェルトなどを張り、多少滑らせる事でピアノの位置は動きますが、転倒しにくくなります。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ピアノの弦は、大部分が三本で一つの音を出す様になっています。ハンマーの弦が当たる部分を削り、 ハンマーが三本を同時に打つように整えます。 写真はアクリルの板に紙ヤスリを貼って作った道具。これでハンマーを削ります。 http://t.co/qiQpeg7e
 拡大
Tsutomu.K @pf_tuner9389
お客様との会話で、ピアノをマットな音と表現された方がいらした。音を言葉で伝えるのは難しいですね。マットなとは、色で表す言葉としては、艶が無い、さらっとした感触、質感、を連想。音としては、しっとりした、倍音の少ない感じと受け止めました。悪いイメージでは使っていない様です。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ピアノの弦をよく切る人は、新しく張り替えても2年も経たない内に切れます。(^_^;) 切れる原因は弦の金属疲労。練習の合間に休憩を入れて弦を休ませる事で、金属疲労を悪化させない様にすると、切れにくくなるとか? 中々切れない様にするのって難しい様です。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
先月に行ったベーゼンの研修で調律をみてもらった時、評価は一言「綺麗」と講師に言われ、そして特徴は、和音を弾いても一音一音がハッキリと聞き取れると言って頂いた。自分の目指している事を評価されて嬉しかった。(^_^)
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ピアノの音、その美しさは、音の減衰していく姿が重要。持続し、そして緩やかに消えていく。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
原因はハンマー交換の際の整音。ハンマーのクッション作りがあまりされてなく、先端に針が多く入れてあり、こもった音でつまった感じ。取り合えず、整調をして、ハンマーのクッションを整えて、柔らかく、伸びのある音になってきました。次回からこの作業を何度か繰り返し行い、音を作っていきます。
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ご紹介を頂き、初めて伺ったお客様。ピアノはヤマハグランドでC3B 1973年製造、何年か前に弦とハンマー交換等の修理がしてあり、前回は昨年の12月に調律をされてました。調律は、あまりズレてはいませんでしたが、ピアノがぜんぜん鳴りません。音が伸びないのです。(^_^;) 続く
Tsutomu.K @pf_tuner9389
早速、明日はチューニングハンマーを二本持って行って、使い勝手を調べます。(^_^) 写真は、上がハードメイプルの柄が付いたロングチップ仕様、下がいつも使っているツゲの柄の物です。 http://t.co/3Xqt6HhV
 拡大
Tsutomu.K @pf_tuner9389
沢山ある中から、選んだ整音台は、とら杢のハードメイプルと黒柿の木を張り合わせて作った物にしました。(*^^*) http://t.co/09uFrAVA
 拡大
Tsutomu.K @pf_tuner9389
あと、ひびきピアノ工房で、ピアノの整音の時に使う整音台を見せてもらいました。(ハンマーに針を刺す時に、ハンマーを支える台の事です。) 色々な木で作ってあり、どれにしようか迷います。(^_^;) http://t.co/lC8RaRmp
 拡大
Tsutomu.K @pf_tuner9389
仕事帰りに、ひびきピアノ工房によって特注していたロングチップを取りに行きました。(^_^) 調律する時にチューニングハンマーの先に付いている、チューニングピンが刺さる部分です。 http://t.co/RgLO2fFb
 拡大
Tsutomu.K @pf_tuner9389
ヤマハピアノの場合、コンサートピアノだと製造番号がキリの良い番号になってたりします。ピアノを購入する際、製造番号を気にする人はあまりいないと思いますが、まれに4の数字の入っていないピアノをくださいと言う方が、いらしゃるそうです。万の位に4がきちゃったら当分買えませんね。
残りを読む(45)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする