2021年6月8日

作品にはジェンダーがあるのか?

「男性作家の書く百合はほんとうに百合?」からたどる、作家と作品自体のジェンダーとは論。いまだからこそ読んだほうがいい新しいジェンダー小説があれば教えてください。
11
冬寂ましろ @toujakumasiro

ちょっと思い出したのでメモ。 作品が持つ性はあるのか?という話。 その昔、知り合いの元文学少女と話してたら盛り上がったのでおすそ分け。

2021-06-08 18:28:34
冬寂ましろ @toujakumasiro

SF作家の名手ティプトリーは当時男性ばかりのSF業界にはじかれないよう、男性名のペンネームで執筆した。 文体も男性のそれで、書評家や同僚の何人かがだまされた。 これを裏返すと、作品には女性性、男性性があるのでは?という話になる。

2021-06-08 18:28:54
冬寂ましろ @toujakumasiro

子供の頃、アニメ「スーパービックリマン」で闇落ちしたヒロインにひたすらしばかれて耐える主人公を見て、これは女の人が考えたのかもな、と子供心に思った。なぜなら働かないヒモ男にキレる女の人の構図で、その女の人の目から見えた風景に思えたからだ。脚本は松井亜弥さん。

2021-06-08 18:29:15
冬寂ましろ @toujakumasiro

アニメはたくさんの人が製作に関わって作っているから、そんなに作家性が出ることは少ないと思うのだけど、でも思ってしまったのは仕方がない。 それ以降そんな視点で作品を見ることが多くなった。

2021-06-08 18:29:39
冬寂ましろ @toujakumasiro

「鍵姫物語永久アリス輪舞曲」というアニメは池田眞美子さんとあみやまさはるさんが交互に脚本を担当してて、こうした視点で眺めるとこんなに違うのか、と思わされた。私は池田さん担当時のどろっとした話が女を感じさせてて、とても好きだった。

2021-06-08 18:30:12
冬寂ましろ @toujakumasiro

最終回はあみやさんが物語としてちゃんと締めててよいとは思うけど、その1話前の池田さんの締め的な話のほうが女らしくて好きだった。

2021-06-08 18:30:39
冬寂ましろ @toujakumasiro

アニメ「フリップフラッパーズ」は綾奈ゆにこさん脚本シリーズ構成で、物語が「母親の束縛から逃れる娘の話」と気づかされてすごく楽しんだ。「男が父親を乗り越える話」とはちょっと違う。これは世間を生き抜いた女の人が若い娘に送る応援という視点だ。

2021-06-08 18:31:20
冬寂ましろ @toujakumasiro

登場している男女キャラもそれをよく支援しているなと気づいて、ちょっとうなった。女の人しか書けない話かもと感じた。後半ハヤシナオキ(久弥直樹)さんの脚本になったけれど、それをうまく受け継いでいると感じた。でも前半と後半はやっぱり味が違うように思えた。

2021-06-08 18:32:22
冬寂ましろ @toujakumasiro

文学作品もいろいろ思うところはある。「ぼんくら」というキャラを作るとき、男性作家は「仕事ができない」とか社会的なぼんくらを作りやすい。女性は「考え方や行動がほほえましい」キャラを作りやすいように思う。

2021-06-08 18:33:11
冬寂ましろ @toujakumasiro

その流れで「蛇とピアス」を見ると、文体がソリッドにも関わらずキャラや場面が吐露している感情は女性のそれに近く、その混ざり具合がこの作品のキモになってるかな、と思った。

2021-06-08 18:33:23
冬寂ましろ @toujakumasiro

私は作品を拝見しているとき「この作家はどう生きたらこの心情を吐き出すに至ったのだろう」というのを探りながら読むことがある。 その吐き出したものには、明らかに作家の生きざまが乗せられていて、そこに性的な視点や心情が無意識に混じっても不思議はないなとは思う。

2021-06-08 18:35:23
冬寂ましろ @toujakumasiro

もちろんそれが感じられなかったり、そりゃ読者対象を考えて書くからそうなるやろとか、というのはあると思うけど、でも根底には作家のジェンダーがあるように思ってしまったから仕方がない。

2021-06-08 18:35:47
冬寂ましろ @toujakumasiro

いまはジェンダー論が吹き荒れててティプトリーの頃のウーマンリブ運動をちょっと思い出す。あの頃ジェンダーをテーマにした作品が世に出たので、いまの熱量を含むうねりのなか、新しい作品が生まれるのかなと思ってる。それが楽しみ。いま読んだほうがいいものがあれば教えてください(ここがキモ)。

2021-06-08 18:37:08
冬寂ましろ @toujakumasiro

ちな、この流れで爆弾を投げたい。「男性作家が書く百合はほんとうに百合なのか?」「BLは男性作家が書かないとダメ?」。さあレッツファイト(笑)。

2021-06-08 19:04:06
冬寂ましろ @toujakumasiro

さっきの話でさらに「作品が持つジェンダーは常に疑われなければならない」というのもあるかなと。男性女性作家の描写の違いはちょっと述べたけど、それを踏まえたらどっちにでもなれる。そこを疑わないと、ティプトリーみたいな話になる。作品を見るときジェンダーバイアスがあるのでは?みたいな

2021-06-08 19:26:00
冬寂ましろ @toujakumasiro

私はジェンダーバイアスを楽しむほうなのでなんともだけど、「女が股間を机の角に押し付けてあんなんて言わないよ」と言う女性がいたとき、「いやそれ女性作家が書いたよ」となったら、どうしたらいいんだろうみたいな。何かしらバイアスは誰でも持ってるから肯定しちゃいなよとは思う。

2021-06-08 19:30:24
冬寂ましろ @toujakumasiro

捕捉。「作家のジェンダー」×「作家が伝えたかった作品のジェンダー」×「読み手が作品に感じたジェンダー」はそれぞれ別です。作品に女性性を感じても作家や他の人はそう思わないかもしれない。そこは履き違えずに、ジェンダー的なところを感じるのを楽しめたら、と思います。

2021-06-08 21:26:30

コメント

マケン犬 @watasi_no_make 2021年6月8日
「働かないヒモにキレる女性」ははたして女性性故のものなのかから話そうか。だいぶ特殊よそのケース。大体の女性は経験しない
6
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月8日
watasi_no_make ぜひぜひ! そう思われたところや過去の経験なども!
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月8日
ちなみにこのまとめを書いたのが男なのか女なのか、読み手がどっちのジェンダーを感じたのか、知ってみたいです。
0
ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ・ゴリラ @5rilla_5ril1a_5 2021年6月8日
ジェンダー平等主義の視点から言わせてもらえば、作家が男性であるか女性であるかという情報そのものが必要ないんですよね。なんで作家の性別なんか知りたいんでしょう?
11
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月8日
5rilla_5ril1a_5 ありがとうございます! うーん、人生を感じるからでしょうか。この人がどういう性で生きた結果、こういう作品になったのだ、というのを感じられたら面白いなと思ったのが最初です。性はどうしても生まれ持ちます。私はジェンダーは平等であってほしいけれど、現状そうはなってないから、そこを肯定したうえでなんか考えねば、という姿勢でいます。
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月8日
5rilla_5ril1a_5 あ、あと。作家の性が知りたいというよりは、「作家の持つジェンダーって作品ににじみでていなくね?」「こういう作品のこういうとこにジェンダーを感じなくね?」みたいなところから、いまのジェンダー関連の作品でおすすめを教えてほしいと思います。最近だと漫画「WOMBS」とか、そんな感じで。
0
とまり @tomarimichi 2021年6月8日
男もすなる日記といふものを女もしてみむとするなり
5
赤べこ @akabeko7654 2021年6月8日
極端な例を出すと「男性向けエロ漫画は作者が女でも男性的作品」ってことよな 漫画なんかだと掲載誌の都合であらかじめその辺のジェンダーが固まってたりするよな BLなんかも作者の性別に関わらず基本的には女性的作品かな というか「男同士の恋愛の娯楽作品で女性的作品のものがBL」っていう定義に当て嵌められる感がある そこから外れるものだとゲイ向け作品とか文学作品とかそういう割り振られ方で「BL」から外されるから
4
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月8日
akabeko7654 ありがとうございます! 確かに!です。ジャンルや商業的なものがあると、読者側が望むジェンダーを持つ作品を提供してますね。そのなかでいろいろ考えられたら、ちょっと面白いかなと思います。荒川弘先生の作品で女性性はあんまり感じられないけれど、それは生きた環境で生と死を繰り返し見たせいからかも、とか。よくない趣味なようですが(笑)
0
FFR31 @FFR31 2021年6月8日
少女マンガチックの絵柄の漫画なのに「この作者は男では?」と感じて当たっていたことがある。逆に劇画調の絵柄(掲載誌も少年誌や青年誌)なのに「作者は女では?」と感じて当たっていたこともある。 ただ「なぜそう感じたか」はうまく言語化できない。
4
橿原明成 @転売ヤー始発で行く @SeaLioning9999 2021年6月9日
鋼の錬金術師、鬼滅の刃、結界師もそうか。面白けりゃ作者の性別なんか気にしねえけどな。そら調べりゃ傾向は出てくるかもしれないけど、血液型占い程度だと思うよ。
1
ペッコ科 @QuruPecco 2021年6月9日
せっかく作者の意図や色々なことを汲み取れる力があるんだからもっとフラットに片っ端からいろんな作品に触れて欲しいなぁ だってどんなものも面白く読んだり観れたりする力の一端だぜもっと色々観ていって欲しいサメ映画とか
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
[c9213042] いえ、ぜんぜんそのようなことは思っていません。逆にどのあたりがそのように思われましたか? 私としては表題にあるように作品はジェンダーがあるかも?みたいな話がしたいです。
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
SeaLioning9999 ありがとうございます! 私も以前はそうだったのですが、ちょっとそんな視点を持ってしまいました。そういう人もいるんだな、程度で!
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
QuruPecco ありがとうございます! シャークトルネード面白かったですね! 普段はフラットにみてるつもりなんですが、いろんな作品を見てる中で、女性性を感じたりそうでなかったりしてます。今回のはそんな話のつもりです。
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
[c9213042] もしかして男性的に感じる作品事例も載せたほうが公平でしたか? それは結構あるので、ちょっと省いてしまいました。ごめんなさい。
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
watasi_no_make いろいろ考えたのですが「じゃりン子チエ」を始めとして、ダメな男にキレる女性の作品はそれなりにありますし、私のリアルな身近にもそういう事例はありました。あなたの「大抵の女性」はどのあたりから来ているのか、興味があります。ぜひ教えていただければ!
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
FFR31 ありがとうございます! 私もそのように感じました。漫画は私もわからなかったので、知人の漫画家に聞くと「線の太さ、強弱」「コマからコマへの流れ」でそのあたりを感じると言ってました。ご参考までに!
0
じわきた過労 @JKmethod 2021年6月9日
個人的には割と興味深い。ただ、多分これって男性が男性向けに、女性が女性向けに創ったものだとあんまり感じられないと思うんだよね。つまり作品のジェンダー性というより、作家のジェンダー性に作品が引っ張られる故に、そこに違いがあった場合に目につきやすいってことなんじゃないかと。
1
じわきた過労 @JKmethod 2021年6月9日
と思ったけどよく読んだら「作家のジェンダー」と「作品のジェンダー」は別って言ってるのか。うーんここを完全に切り離すのは難しそうだけど、逆に読者が作者に対して持っているジェンダー的偏見が作品のジェンダーを造っているのかも。ただここは筆者側と読者側のジェンダーに対する感性が複雑に絡んでるようにも思うので難しいな。
1
ougontokei @ougontokei8 2021年6月9日
中世のヨーロッパの女性は魔法使えたら焼かれてしまうんでしょ。
1
マケン犬 @watasi_no_make 2021年6月9日
「働かないヒモを叱りつける」という描写があったからといってそれが女性に普遍的に見られるジェンダー的側面を持っているわけではない、と言ってるんだが。いつの間にか働かないヒモからダメな男にスケールが変化したねぇ
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
watasi_no_make なるほど、そこを関連付けて思ってしまった私が良くなかった感じですかね! ありがとうございます!
0
冬寂ましろ @toujakumasiro 2021年6月9日
JKmethod そうなんです。むずかしさがあって、なかなかまとめるのが難しい話で。一応各レイヤーは別に考えるのが論理ですが、そのレイヤーがつながってスルーしにじみ出ている作品もあって。こういう話ができてうれしいです!
0