29
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
近年のライトノベルのメインヒロインの座にツンデレ系統のキャラが来ることが多い(ように見える)のは、ツンデレという形式が最も読者に多くの快を与え、最も少ない不快を与えると経験的に考えてられているからにほかならない。快不快の総量の計算でラブコメの多くは作られている。
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
読者に最も多くの快を与えるという方法論は物語形式・キャラの配置・時代設定すべてにあてはまる。だから主人公は適度に現実に対して斜にかまえて作中では表現されない程度に美形に描かれる。それが最も読者の感情移入を誘うからである。時代も読者の負荷にならないよう現在の、高校が選ばれる。
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
ただ、ライトノベルはまだ主人公というグラスを通してしか作品に感情移入できない(文字媒体のせいか?)。一方、アニメはより直接的に作中のヒロインの世界に没入できるので、男主人公という媒介ももはや不要になったのではないか。(続く)
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
つまり、ここから結論できるのは、多数の読者が求めていたのは主人公を通しての物語への没入ではなく、女の子がたくさんいる世界への没入だったということ(結果的にそっちが多数派だった)。だから物語性自体をなかば排除した日常系4コマがアニメとして隆盛したのではないか。
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
ラブコメを計量的に考えることのメリットは、努力や勉強によって作品の質をアップさせられることだ。より読者に好感を持たれるヒロインや主人公や物語を作る作業は「面白いもの作れば売れる」みたいな何の担保もない世界よりはるかに努力が報われやすい。見返りが目に見えやすい。
ひろせいえじ @Laufade
@moritakisetsu ヒロイン論には異議がありますね。本当にそれを読者が求めていますかね?作る側が安易にそのテンプレに乗ってませんか?
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
@Laufade この形式でヒロインを作ることが絶対的に正しいとは思いませんし、納得できない読者の方ももちろんいると思います。ただ、計量的に作品を作って成功させた例を私は実際いくつか知っています。具体名はこの場では出せませんが……ご容赦下さい。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
誰の発言だか忘れてしまったけれど、男と女が会った瞬間恋をするのがラブロマンスで、あんたなんか嫌い! でもだんだん……とやっていくのが、ラブコメディだと、という分類を見かけた気がする。まあ、けっこう無茶な区分けだけど(続く)
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
『ロードス島』とか、パーンとディードは、わりと最初から相思相愛だった気がする。リナとガウリィも。学園モノだろうがファンタジーだろうが伝奇だろうが、とにかく主人公がどの女の子とくっつくかで話を引っ張るという現在のライトノベルの方法論は、ごくごく最近、固まったモノのようにも思える。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
「『最初はツンツン、やがてデレデレ』。そう! つまり、時間経過による心境の変化を指し示すものだったのです! 」という意味において、実は、キャラクターの属性ではなく、ラブコメディという物語の構造自体が名指されている。流行っているのはツンデレではなく、ラブコメディではないか。
永遠 @awzotp
単に美少女ゲームの影響なのではないか。RT @MAEZIMAS (…)とにかく主人公がどの女の子とくっつくかで話を引っ張るという現在のライトノベルの方法論は、ごくごく最近、固まったモノのようにも思える。
MAEJIMA Satoshi @MAEZIMAS
僕もそう思います。というか僕は、今、ラノベとして消費されているものの実体は、実は、美少女ゲームなのだ、という妄想を抱くことがあります……。RT @tamatowa 単に美少女ゲームの影響なのではないか。RT @MAEZIMAS (…)とにかく主人公がどの女の子とくっつくか(…)
森田季節@スライム漫画5巻・スピンオフ小説・漫画9月12発売 @moritakisetsu
@MAEZIMAS 私もライトノベルとして消費されているものの原型は美少女ゲームだと思っています。ただ、(1巻あたりの)テキストの量として少ないライトノベルはその形式を純化しないといけなかった。結果として短歌と俳句みたいな別物になったのだと認識しています。

コメント

バイレン @nomalplayer 2010年5月14日
セリフで好悪を表現しやすい。文章にメリハリが付くというのもあるかなーと想います。忠実に描くとデレてても取り繕ってわかりにくいから、嫌だよねという話。 次に指摘されている通り、ツンデレはレスポンスがいいから。最初は好感度が低い方がカタルシスは大きい。