2021年7月9日

7月3日に熱海で起こったイベントは、過去に何回も起こって伊豆山扇状地をつくった土石流とはまったく違う。泥流だ。土石流と呼び続けるべきでない。

7
早川由紀夫 @HayakawaYukio

ここか。地山に違いない。ここ以外、崩れて露出した断面すべてが盛土。 pic.twitter.com/RAkSUGf9Mi

2021-07-08 11:01:23
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

▼崩れて露出した断面のほとんどが盛土である事実が意味すること: 1)盛土したから崩れた 2)崩れ残った盛土が不安定な状態でまだある

2021-07-08 11:13:46
伊豆半島ジオパーク推進協議会事務局 @izugeo

2021年7月3日の熱海市伊豆山地域における土石流災害関連情報について速報を掲載しましたizugeopark.org/2021/07/07/ata…

2021-07-08 12:05:01
早川由紀夫 @HayakawaYukio

「谷沿いや緩斜面には、それら火山噴出物を覆うように、古い土石流堆積物や  今回土石流災害が発生した地域は、過去にも土石流が発生していた場所であり、今後も同様の災害が起こる可能性があることが想像されます。」 今回のは、この地質図にある土石流と違うから、この想像は間違い。 twitter.com/izugeo/status/… pic.twitter.com/R3BEDEaSYp

2021-07-08 13:42:35
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

この地質図のSdは土石流が残した土石でできている。今回は、みんなは土石流と言うけど、実際には礫をもたない泥流だった。Sdの成長に貢献しない。

2021-07-08 13:44:00
早川由紀夫 @HayakawaYukio

伊豆半島ジオパークが提供したこの情報は、盛土が原因である可能性にまったく言及してない。学術を装って真相解明から目をそらす偏った情報提供である。容認できない。

2021-07-08 13:50:28
早川由紀夫 @HayakawaYukio

3日のイベントは特別だった。過去に何百回何千回繰り返されてきたものではない。初めてのものだった。

2021-07-08 13:56:29
A.Ennyu @r_isotope

熱海の伊豆山周辺は安山岩の山で、山の斜面には岩がゴロゴロ転がっていて、露頭には風化した白茶色の砂や粘土や角礫が見られます。このような岩石で出来た山が崩れたのであれば、土石流にこれらの岩石が含まれるはずです。(写真は伊豆山の斜面と露頭) pic.twitter.com/CrpLaNGnJy

2021-07-08 17:29:21
拡大
拡大
拡大
拡大
A.Ennyu @r_isotope

ところが7月3日の熱海土石流(泥流)に含まれる物質を観察すると、安山岩質の岩や土砂は含まれず、全く別の種類の石やタイルの破片、コンクリ片等から成ります。これは、土石流で流れた泥は伊豆山の岩石由来ではなく、別の物質であることを示唆します。(写真は土石流の泥) pic.twitter.com/Nps9rigH3f

2021-07-08 17:32:27
拡大
拡大
A.Ennyu @r_isotope

その土石流は沢の源頭部に盛り土された残土(建設発生土)に由来することは、①露頭(地山)の土、②盛り土(残土)、③土石流の泥を見比べると明白です。つまり、②が崩れて③になりました。(写真は盛られた建設発生土) pic.twitter.com/fdJyfvHFkd

2021-07-08 17:49:59
拡大
拡大
A.Ennyu @r_isotope

そんなわけで「熱海の土石流で流れた泥は山の岩石に由来する土砂ではなく沢の源頭部に盛られた残土である」という仮説の答えが出ました。次は泥をふるいにかけてどんな石やゴミが出るか調べるとか、泥流が傾斜12度の平斜面をどう滑るかについて検討しますかね。

2021-07-08 17:52:34
早川由紀夫 @HayakawaYukio

白い家の壁一面に泥がびっしりと付着しているが、岩が当たって破損した部分はひとつもない。流れの中に岩はなくて泥ばかりだったことの証拠だ。土石流と呼ぶべきではない。泥流と呼ぶのがよい。今回の流れは、伊豆山の扇状地をつくった過去に多数回発生した土石流とまったく異なるプロセスだった。 twitter.com/r_isotope/stat…

2021-07-09 06:45:22
早川由紀夫 @HayakawaYukio

別カット。泥のしぶきが白壁に付着している。この建物も、岩が当たって破損した箇所がまったくない。 twitter.com/r_isotope/stat…

2021-07-09 06:47:54
早川由紀夫 @HayakawaYukio

普通の土石流はこう見える。 長野県岡谷市の土石流 20060723 080444 JNN youtu.be/WkSlT4jbcYA

2021-07-09 07:03:33
拡大
JKom @jirokomori

授業ではあえて黒板に「泥流」と書いて説明してる。熱海 逢初川の件。写真は地理院7月6日動画のキャプチャー m.youtube.com/watch?v=63gRn0… twitter.com/jirokomori/sta… pic.twitter.com/Dyzrd78yex

2021-07-09 07:21:34
拡大
早川由紀夫 @HayakawaYukio

大雨が降れば次が心配、よそでも心配、は誤り。誤ったリスク認知だ。盛土が不安定で逢初川源頭部に残っている限りにおいて、(大雨が降らなくても)次が心配。

2021-07-09 08:13:37
Ryusuke IMURA @tigers_1964

そう思います.いつ落ちてもおかしくない.雨が降っていないときには水はないように見えるけど,盛土に限らず未固結の土壌って意外と水(間隙水)を含んでる. twitter.com/HayakawaYukio/…

2021-07-09 08:49:34
Ryusuke IMURA @tigers_1964

今回の災害に関しては,(ちょっと悔しいけど)早川さんの見立てが当初からほとんど当たってるように思う.早川さんは,結論はストレートに言うが,考えを言う時には根拠(視点)を示してくれるので,とても勉強になる.

2021-07-09 08:53:13

コメント

R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2021年7月9日
「できごと」みたいな意味もあるのは分かってはいるんだが、それでも「イベント」って表現に違和感が拭えない
5
JStuart @JStuart12257211 2021年7月9日
RMoryTogetter1 言いたいことは分かるが、まとめ主の職業は考慮に入れるべきでは。専門家が専門情報を流すときにすべて世間に合わせないといけないということではないでしょう。
21
R.Mory@Togetter @RMoryTogetter1 2021年7月9日
JStuart12257211 いや、別に使用してる人を責めたいとかではなくて「単語への先入観が強くなってるなあ」と認識した次第で
3
Rokirohime @Rokirohime 2021年7月9日
おすすめ土石流動画、スイスアルプス・イルグラーベンhttps://youtube.com/channel/UCMFhWy-351DyMu470LMT2KQ
1
JStuart @JStuart12257211 2021年7月9日
RMoryTogetter1 こちらも責めるつもりはないです。共感もします。中和したかっただけです。気分を害したのなら申し訳ないです。まとめられてる情報が有益なのでまとめ主の善意がありがたいです。
8
キャンプ中毒のドライさん(Drydog(乾)) @drydog_jp 2021年7月9日
人口的に盛られた箇所の決壊を別の用語で呼ぶべきなのは同意しかない
6
Ornithomimus似鳥龍スー・ニャオルン @_2weet_sue 2021年7月9日
泥流。人災。公にキチンと解明して。静岡県の副知事に期待。
0
姫百合しふぉん伯爵 @ChiffonHimeyuri 2021年7月9日
Geological Eventってよく使う言葉なので多分それが癖になってるんだろう
5
江之浦別一 @bliteorwhack69 2021年7月10日
語感なんぞ気にしてたら、体を動かすからスポーツなんだ、って言うのと同じ感じになっちゃうなあ。
0