アプリで作成
2021年7月17日

王朝貴族の作法やしぐさには〔#飛沫感染対策〕に基づいた風習が多く病原体が拡がらない工夫が凝らされていた

(゚Д゚)ホォー
161
胡麻 @GotoSesame

もう百万人くらいに言われてそうけど、王朝貴族の作法やしぐさ、 ・貴人への文書の受渡しは文刺で ・扇さし隠し ・御簾越しで距離をおいた対面 ・這い伏し(食器と口元を覆い隠す女房の食事作法) などがすべて「飛沫感染対策」の一言で説明できることにずっと気づかなかったのは本当にうかつでした。 pic.twitter.com/ahBTnDjiy2

2021-07-17 11:28:29
拡大
胡麻 @GotoSesame

・昼御座や高御座といったカーテンで囲った王座 ・殿上と地下を厳格に分けて、許された者にしか昇殿を許さなかったこと ・饗宴で上位が食べ終わってから家司に残肴を食べることが許される …など挙げればきりがないけど、病原体が下から上に拡がらない工夫ということで説明できる風習がすごく多い。

2021-07-17 11:34:06
胡麻 @GotoSesame

@Rata19841009 今回の世界的流行を見るまで「これは感染対策だよ」って説明を一度も授業でしたことないのが不覚でした…

2021-07-17 11:35:44
胡麻 @GotoSesame

日々いろんなことに驚きながら生きています。 しょっちゅう更新を忘れる Pixiv pixiv.net/users/4153297 こだまさん @sinoisan ファンクラブ会員2号(2021/4/27より) さかなかなすかさん @heronnheronn ファンクラブ会員1号(2021/5/5より)

sesame.in.coocan.jp

ノナプルナイン@デジゲー博B-07 @nonuple9

文化進化すごい。 というのと、あとそもそも身分の卑しい者を忌避したいという感覚自体が「相手が感染症を持ってるかもしれないことを前提にした本能的ふるまい」という進化的起源を持っていることを踏まえると、そもそも遺伝的進化すごいという話にもなってくる。 twitter.com/gotosesame/sta…

2021-07-17 12:01:29
ノナプルナイン@デジゲー博B-07 @nonuple9

こういう、遺伝子進化と文化進化を分離しがたいような事例を見ると、ミームという概念が類比的すぎて遺伝子進化と文化進化を分けすぎてしまうと嫌われる理由もよくわかるなあ。

2021-07-17 12:03:43
過労死即身仏竹輪大明神大居士 @a_quack_doctor

なんでこうなった?って言われたら天然痘やろなぁ….。 割とオープンスペースで話をする奈良時代に政権の中枢に居た藤原四兄弟の死去や、皇族もバタバタ死にまくるレベルの政変が有ったし、マジに感染対策待ったなしの状況やったんやろな。 twitter.com/gotosesame/sta…

2021-07-17 12:17:09
障害者雇用で働くアライさん @hataraku_arai

@GotoSesame インド由来の穢れ思想もまた感染症対策なのだな。非人道的なことに合理性がないとは限らないのだ。

2021-07-17 12:36:00
おおつか @Vtuberfamfamfam

@GotoSesame @Sa_bahn 飛沫感染対策→病気になりにくい→長生きしやすい→偉くなりやすい

2021-07-17 12:50:45
ウェイトレス @wait__less

@GotoSesame ケガレという隔離措置もお忘れなく! 都から固定の方角に隔離する事で 結果的に管理しやすくなりましたね!

2021-07-17 13:37:31
由紀子 @florasnow

@GotoSesame 脈を測るのも糸でお願いします。

2021-07-17 13:38:02
リンク note(ノート) 神社と公衆衛生|ミュウツー|note みなさん神社行ってますか?実は神社は古来より意外な目的のためにとても重要な場所だったのですよ。何をする場所だったのか、いっしょに考察していきましょう… 穢れ思想 平安時代、「死」に関するものは穢れとされ、人が亡くなるところに居合わせたり、亡くなった人に触れたりすることは忌み嫌われることでした。 平安初期の律令の細則である「延喜式」によると、死者が出た場合は、関係のない者は遺体に触れない、また触れた場合は、一定期間は他人に接することを避け(忌引き)、清めを行うという慣習があったとされます。 現代人の我々には 3 users
( `・ω・´)ゞ@鉄道で日本一周予定(コロナ収束後) @2020JAPANtravel

@GotoSesame 当時でも有力な権力者だった藤原不比等の 息子達が天然痘で相次いで病没、 聖武天皇時代の疫病大流行など奈良時代の 影響があるのかなと思いました。 大仏を建立して疫病退散を祈っていた時代から進んで 医学がないなりに感染症対策をやっていたかもですね FF外失礼しました

2021-07-17 14:36:06
秋風だんご @62akikaze

@GotoSesame それでもこの時代の貴族も多くが感染症に感染しているから当時から疫病の凄まじさがわかる

2021-07-17 14:38:34
レクフユノキア @nibante24

@GotoSesame 刺し身とかも平安時代は長い包丁で手を直接触れずに調理してたってテレビで見ましたけど似た話ですかね

2021-07-17 14:39:49
レナ川 @agko999er

@ob8awSc8xobLNJl @GotoSesame @ayanekotunami 天然痘は風下に立つなと言われていたそうです

2021-07-17 17:17:47
胡麻 @GotoSesame

すごい勢いでコメントをいただいていて、一つ一つお返しできないですが、言いたかったことは「この諸々の作法はこの共通の目的で説明できるね」ということで、「平安時代の人は流行病の感染機序を知っていて、合理的な対策をしていた!」と主張したいわけではありません。

2021-07-17 13:08:00
胡麻 @GotoSesame

古代の人も病人やその亡骸、病人が触れたものや呼気、分泌物、排泄物などへの接触や接近によって同じ病に罹ることを経験的に知っていたのはほぼ間違いなく、位が高くなればなるほど(つまり血統を存続させる社会的要請が高いほど)、高い人的コストを払っても、そういうリスクを下げようと→

2021-07-17 13:11:17
胡麻 @GotoSesame

したのは自然なことではないかなあと思います。

2021-07-17 13:11:52
胡麻 @GotoSesame

もう言い古されたことなので、こんなハネるの全く想定外だったんですが(行って100RTくらいと思ってた)こういう爆発的に伸びるツイの常で「ありえない」「デマ」という反応も少なからずありました。特にそれを否定するつもりはないのですが、どこら辺をそう思ったのか少し詳しく聞きたくはあります。

2021-07-17 13:33:50
胡麻 @GotoSesame

「でも夜這いは?」という趣旨のコメントもなかなか多いんですが、そりゃ子孫を増やすのは至上命題ですもん… 死の淘汰圧がむちゃくちゃ強い(うかうかしてると死ぬ。一族滅びる)時代なので、死の機会を減らす工夫と生殖の機会を増やす努力は、同時並行的に死に物狂いで行われていたのではないかと。

2021-07-17 15:29:15
西表山猫 @iriomoteyamanek

@GotoSesame 家系を残す、血を残すと言う、ある意味遺伝子の命令に忠実な命題ですね。動物的とも言える。 この系譜を残す努力の強さと、国家の繁栄って関連性あるんですかね。

2021-07-17 16:01:10
胡麻 @GotoSesame

@iriomoteyamanek 権力が世襲だった時代には、最も長く存続している血統が最も権威ある血統なわけですから、その家が続くことに家臣ら周りの集団が全力を傾けるのは、ある意味当然な気もします(すごくデリケートな話題になるので、あまり深入りはしたくないですけど)

2021-07-17 16:26:57
残りを読む(41)

コメント

アイマキ @aimakimakimak 2021年7月17日
一方武士はお茶を回し飲みしてた
22
肉・ローステッド @Roasted_Meat102 2021年7月17日
疫病だらけの時代だから経験則から広まったのかねえ
53
あかこ @akakored 2021年7月17日
病人の膿を口で吸ったと言う光明皇后のエピソードにもうへぇと思ったけれど、そりゃそんな事ヨイショしてたらあっという間に疫病蔓延してしまうから、時代が下って完全に方向転換したのね。
27
赤べこ @akabeko7654 2021年7月17日
一方中世ヨーロッパの感染拡大仕草はなんなんやろな……
22
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 2021年7月17日
その時代の人そこまで考えてなかったと思うよのパターンだと思うが
30
よっき @yokki256 2021年7月17日
自分も四条流庖丁道の実演をテレビでちょっと見たことがあるけど箸と包丁のみで食材に手を触れずに捌いていくのは鮮やかだと思った
15
スリーS @Super_S_Shoborn 2021年7月17日
アフリカの先住民は有毒なキャッサバを無毒化して食ってる(無毒化しているとは知らない)のと同じ。社会全体の文化的進化のほうがはるかに賢い
2
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年7月17日
akabeko7654 ヨーロッパはペストの感染拡大に教会に集まって祈った事が原因の1つなのでは?という説もあったりしますね。ペストは手洗いが宗教習慣にあるイスラム教のエジプトやトルコでも猛威を振るってますが。
36
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年7月17日
イスラム圏の異教徒の使った食器で食事禁止、豚肉禁止、病気や死んだ野生動物の肉使うの禁止、祈る前に手を洗え、セクロスした後は局部をきれいにしろ。とかも病気対策なのかな?
8
will @willowlG3 2021年7月17日
ほうほう、興味深い。
2
蒼ウミガメ @aouiae_mgm 2021年7月17日
現場のカンみたいなものはどんな時代でもあるから、古代にも「飛沫感染仮説」に漠然とたどり着いた現場人がいて、マナーと偽って広めたんじゃないのかなぁとも考えてみる
8
さどはらめぐる @M__Sadohara 2021年7月17日
akabeko7654 ペストマスクばかりが注目されるペスト医師ですが、手にした長い杖はペスト患者と一定の距離を取るための「バカ棒」の機能がありました。またペストの瘴気は上方へ昇るとされていたので、ペスト患者は自分よりも高い位置に寝かせていました。どうやって診るの?という野暮な突っ込みはナシだ
6
さどはらめぐる @M__Sadohara 2021年7月17日
ペストは「患者と話すとうつる」とされていたので、中世ではペスト患者とおぼしき者は夜のうちにこっそり家の外に放置していました。そうすると普段は家畜の死体処理をしている者が「ペスト下僕」に早変わり。家畜などの死体と一緒に町はずれのごみ捨て場へ捨ててくれます。また、ペスト患者は夫婦や血縁ですら葬式どころか看病もしない、形見分けなどもってのほかでした
1
さどはらめぐる @M__Sadohara 2021年7月17日
「ペスト下僕」は元々は住民登録のない流れ者や元犯罪者等ですが、ペストの耐性を持つがゆえに多くの者はペスト流行期には「空き家(子供や女しか残ってない家も含む)」をそのまま不法占拠し、新しく赴任した神父にそのまま住民登録してもらい、不法に得た収入もあっという間に使い果たすので、街の人口回復だけでなく経済の復興にも貢献しました
4
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2021年7月17日
毒対策メインもありそうではあるが…たしかに
0
ヒッコリーのバット @m3sIUtQIFcjRebs 2021年7月17日
因果関係は知らずにやってるが、やってる人が生き残るからそれが残る的な
21
蓮華ちゃん @hasuhanachang56 2021年7月17日
外国人の先生が、私のおばあちゃんの時代は無言でご飯食べてたらしい。食事中お話しなかった。って聞いた時、全然コロナ禍じゃなかったんで、変わってるなーって思ってましたけど 今はその作法が感染対策的なものだったとわかりますね
17
sukebenayaroudana @Sukebenayarouda 2021年7月17日
30年前くらいの日本の小学校も給食のとき「黙食」だったがなあ。その後だと思う、わいわいいいながら食べてもよくなったのは
26
ちら男 @vegykebexok 2021年7月17日
Sukebenayarouda 小学生の頃、給食の時間は最初は黙食ルールだったのが突然「欧米では食卓を囲み和やかに会話をするのがマナーなので皆さんも練習しましょう」的なムーブが始まり、なかなかに戸惑った記憶。
21
ゆゆ @yuyu_news 2021年7月17日
食事中の会話マナーは、普通の食事と、宴席でのマナーがごっちゃになったもののような気がする。
1
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年7月17日
自分が幼かった頃はまだ「食事中に喋るなんてダメ」「テレビさえダメ」というご家庭はちょくちょく見かけましたが。小学校入る前後くらいで一挙に「夕食で団欒するのは『幸せな家庭』の自然な姿」的なイメージが広まった感があります。
30
masano_yutaka @masano_yutaka 2021年7月18日
神社がある土地は自然災害にあわない>災害にあった場所にあった神社は全部倒壊してるから残ってるだけ ってのと同じパターンだと思う。 空気感染する疫病があるなんて知識が1500年前にあったとしたら、それはそれで逆にオーパーツ的な何かじゃない?
0
よーぐる @Seto_yasu1987 2021年7月18日
理屈としてわかってなくても、経験則で色々と理解してたとことかあるんだろうなとか思っちゃう
2
Jackgun0 @Jackgun0 2021年7月18日
こういうのはそれっぽいのだけ並べてるパターン多いので一回全部のマナー並べて、「これは単に大陸由来 」「これはおそらく経験則からできた感染対策」「日本独自マナー」と区分けして初めて言える気がする
13
ろんどん @lawtomol 2021年7月18日
当時でも「宴会」は、わいわい会話しながら酒飲んでたんじゃないのかしら
2
タコ @takomandt 2021年7月18日
イスラム教圏では猫は「真のペット」として開祖ムハンマドも敬愛していたが、犬は「不浄の生き物」として扱われていた。これは狂犬病が原因ではないかと言われている。狂犬病に罹った犬はヨダレをたらしながら焦点の合わない目で徘徊してやがて没するので、「不浄」と言われたのやもしれぬ。ちなみに今は急速に扱いが改善しているらしいが、これも医療の進歩だろう
4
Matamo_shita @MatamoShita 2021年7月18日
トンデモ解釈ってこうやって生まれてくるんだろうな。歴史をちゃんと勉強しよう。
17
アサナミ✨🦁🐆🐺✨ @nagi_asanami 2021年7月18日
一個人の思いつきとしては面白いと感じるけど、史料に裏付けされてるわけでもないただの思いつきでしかないから『授業で教える』立場の人なんだとしたらいい加減なこと授業で教えないでね…と思った。
5
アサナミ✨🦁🐆🐺✨ @nagi_asanami 2021年7月18日
結論ありきだと、都合のよい状況証拠だけを拾ってしまうんですよね、人というのは。えてして。
3
nekosencho @Neko_Sencho 2021年7月18日
そもそも病原体がどういうものかもわかってない時代なので、もし病気の予防に役立つものがあったりその目的で作られたものがあったりしても、単なる偶然でしかないよね。 
0
Chariot@モデルナツインドライブ @BLACK_RX_24 2021年7月18日
なんか「神社が津波で流れなかったから~」のあの流れを感じる
3
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年7月18日
Neko_Sencho 経験則からの「何故か知らんがこれをやると/やらないと生き延びる可能性が高い」というのはありそうですけどね。何にせよ偶然でしかない、というのは同意ですが。
5
サスガ @tigercaffe 2021年7月18日
歴史関連のこうした思い付きは「根拠史料は?」と「先行研究は?」で99%論破できる。状況証拠にはなっても証明にはならない。
7
西方政府軍兵士@ノクターンノベルズ&ノベルアッププラス @Lkpi8dEIKmF7bi1 2021年7月18日
urary777 少なくともヒポクラテスの時代には悪い空気が人体に悪影響を及ぼす、それが病では?という説(瘴気説)が生まれてました。これ自体は間違いだったけど、人体に外部の空気中の原因物質が病を齎すという概念としては史上初だそうです
14
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年7月18日
Lkpi8dEIKmF7bi1 「瘴気」の概念ってそこまで遡るんですね…半ばファンタジー用語として捉えてましたw 勉強になります。
3
文里💉💉 @wenly_m 2021年7月18日
urary777 経験則に基づいたモノなのかトンデモなのかがよくわからない陰陽師の占いの結果、「物忌みで欠席します」「今日は本宅にいると縁起が悪いので、別宅へ行きます」が認められていたのが平安貴族だからなぁ。
3
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年7月18日
wenly_m 「死人が出た家の人間は出歩くな」「死人が出た家の方には行くな」はそれこそ経験則に基づいてそうですよねw
7
Shiro @shiromagenta 2021年7月18日
Lkpi8dEIKmF7bi1 豚は水をよく飲むから砂漠向きでないのと、エサが人間とかぶるからだって見た
2
shimaya-ta @ShimayaTa 2021年7月18日
私が子供の頃も食事中にしゃべるのは行儀が悪いと言われていましたし、給食も黙食でした。しゃべるのは食べ終わってからにしろと言われていたので談笑するのは食後にお茶を飲んでる時でしたね。気づいたら(2000年前後位?)食事中にしゃべるのもOKになっていましたが
1
たかやな @rZmahyFHB3iuPvZ 2021年7月18日
オタクすーぐ凝らされて「いた」とかいう確定めいた言い方する……シロウト個人の推察なんだからさあ……wこういうところから偽史って広がってくんだよな
0