2021年7月24日

小山田圭吾氏のインタビューが掲載されていたQuickJapan Vol3を実際に読んでみた人の感想と、竹熊健太郎先生の解説

少なくとも町山さんの自己弁護バリバリの話よりは説明として納得がいく。町山さんのは本当にひどかった
13
清義明 @masterlow

読まないで批判するのはフェアではないの原則論のもとに、くだんのクイックジャパンを入手した。 ちなみにイジメ紀行のこれに続く第二回は竹熊健太郎氏。 なんか竹熊さんは言及しとるのかな。 全て読んで本記事の是非についての印象はやや変わったpic.twitter.com/bUlrutntox

2021-07-23 20:10:58
拡大
清義明 @masterlow

通読して、少しだけ小山田圭吾氏を擁護したくなった。 それは1人だけ社会的非難を被っていることに対して。 本件はライター氏と編集が責任を負うべきではないかということ。 もう一つは、本件の問題になっている行為の大半は小山田本人がやったことではないこと。 pic.twitter.com/Met28tbPAq

2021-07-23 20:17:27
拡大
清義明 @masterlow

さらに、むしろ小山田本人はこれら人と非常に近い関係にあり、似たポジションにいた、と。 もちろん、それだから記事内容が批難を浴びるべきではないとか、そうは思わないがpic.twitter.com/FJUqj8t69b

2021-07-23 20:23:00
拡大
清義明 @masterlow

ちなみにQJの次の号(vol.4)も手元にあるが、北尾修一さん @kitaoshu1 の記事にある「お便りコーナー(掲載名は「Letters」)」はvol.4にはありませんでした。(Vol.3にはあり、そこでは確かにvol.2に対する賛否両論が掲載されている) 北尾さん、必要ならば貸しますよ live.millionyearsbookstore.com/dokoheittemo/i…

2021-07-23 20:39:15
清義明 @masterlow

投稿欄での読者の反応は確かめられなかったが、vol.4の編集後記では、小山田圭吾記事のおかけで爆発的に売れたとの編集氏による喜びの報告。 そして読者からの反応が紹介されている。 「小山田圭吾の記事を読みたくて買ったのに、QJの歪んだ世界のトリコになってしまった」 そうですか・・・ pic.twitter.com/Yd1j28fDEW

2021-07-23 20:44:25
拡大
清義明 @masterlow

いじめ紀行の第二弾の竹熊健太郎氏は逆にいじめられる側。 ちなみに同号のもうひとつのインタビューはボアダムズの山塚アイ氏。 こちらもいじめられていた側。 被害を避けるため、図書館にこもっていたと。 小山田圭吾インタビューにあった、障碍者が同じようにして図書館にいたとの件を想起させる。 pic.twitter.com/Z54Cf3O12K

2021-07-23 21:00:01
拡大
拡大
拡大

私もいじめ被害にあっていた時は図書館に逃げてましたね

リンク 頭の上にミカンをのせる 小学生の時のいじめの記憶をざっくり振り返ってみる - 頭の上にミカンをのせる 私はちょっと発達に障害がある人間だったこともあり、とにかく空気が読めなかった。 そのせいか、小学校2年と4年の時にいじめ的な行為を受けることが多かった。そんな私だが、小学校3年の時は全くいじめを受けなかったんだよね。その時の経験から「学校、特に担任の対応や運営」によって いじめが起きたり起きなかったりするかは結構変わると思っている。 ということで、小学生の時の記憶をざっくり振り返ってみる。今後何か言いたいことが出来たら、この記事を元になんか書こうと思う。 min.togetter.comnote.com 1 user
清義明 @masterlow

いろいろと考えさせられるばかりで、なんとも言いようがなくなってしまったので、いったん終了。 あとでまた書くかもです。

2021-07-23 21:01:38
清義明 @masterlow

ちなみに、この記事について意図的な印象操作のブログ 見て、誰も原文を確認しないままに小山田圭吾とライターを批難したとある、この北尾氏の見解については、半分は納得する部分はあるけれど、半分はどうかなとも。 こちらもなんともいえないね。

2021-07-23 21:40:44
清義明 @masterlow

たぶん、ライターの人はこう考えていたと思うんですよね。 世のなかは偽善で出来ていて、どんなに繕ってもドス黒い部分は変わらない、と。 だからそのドス黒さのままに、それを受け入れて和解することはできないか、と。 それは半分はその通りだと思うし、本当はそういう涅槃的な論理しかないとも。

2021-07-23 21:45:11
清義明 @masterlow

善も悪もそれをそのまま受け入れていくしかないというのは、その通りな部分はあるとしても、そのままだと世のなか大変なことになってしまうわけですよね。 やらない偽善よりやる偽善の小さな積み重ねが、かろうじて社会をよかれという方向に動かしているわけで。

2021-07-23 21:48:17
清義明 @masterlow

善きもの悪しきものを飛び越えて、世界が和解するというのは、本当に巨視的にならば赦されると思う。まさしく原始仏教的なスタンスですよ。 でも、それでは世のなか、弱肉強食の善悪未分明な世界に戻らざるをえない。だからたとえ偽善だとしても必要になるわけで。

2021-07-23 21:51:04
清義明 @masterlow

残酷な世界に生きているという認識と、ではそこから一歩も先に進めないかというとこれまた話が違う。 それがシーシュポスの神話のように無駄な努力だったとしても、なんとかせねばならない。 そういう人には、別にあの文章がブログによって印象操作されていたとか、そういう風には読めないと思うな

2021-07-23 21:57:17
清義明 @masterlow

まさしくコレ。 北尾修一氏 @kitaoshu1は、該当記事の背景やライターの経歴(実はハードなイジメ被害者だったこと) などを知っているから、ライター氏を「擁護」する。 そしてその「擁護」も実は巨視的で涅槃視点の鬼畜界の因果応報としている。 そうなるとなんともいえん。 mobile.twitter.com/kentaro666/sta…

2021-07-23 22:06:10
竹熊健太郎《地球人》 @kentaro666

目的は世間の良識・道徳の欺瞞を暴くこと(逆説)にあるので、自分自身が本当の鬼畜になってしまうのは本末転倒と言えます。なので、こういう記事を書くときにはライターに高度なバランス感覚が必要になります。

2021-07-23 10:33:18
清義明 @masterlow

そんな涅槃からの擁護などは、やらない偽善よりやる偽善の立場からは、行動放棄となる。 これもわかるし、自分はコチラの立場。 だが、事情はよくわかった、と。

2021-07-23 22:08:09
清義明 @masterlow

例え露悪だろうとなんだろうと、世のなかの偽善という偽善の正体を暴いていこうというそぶりをしながら、それでも最後に残る何か希望のようなものがあるのではないかとどこかで懐疑的に夢想していた、と。 もちろん、その行為自体が悪の再生産に与してしまう危険性を覚悟しながら。

2021-07-23 22:57:32
清義明 @masterlow

@mishing ありがとうございます! 自分がイジメ紀行にインタビュイーとして出ていたのは触れられていないんですねえ。

2021-07-23 22:00:40
mish🐻 @mishing

@masterlow 見過ごしていましたが、たしかに「仕事をした」であって、取材を受けたことではなかったですね。ご本人としてはこの件はあくまで他のライターさんのアウトプットであって、自分のアウトプットの方がより大事ということかもしれませんが。

2021-07-23 22:14:17
清義明 @masterlow

@mishing 単に忘れているのかもしれません。 または記事自体封印したいのか・・・

2021-07-23 22:15:54
残りを読む(40)

コメント

犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年7月24日
割と常日頃から思ってるけど、露悪的な人って本質的には悪意に弱いと思うんだよね。自分が知り得ない隠れた人間の悪意が怖いとか、思いもよらない悪意に満ちた行為が恐ろしいと感じてる。だから、あえて露悪的に振舞うことで世の中の悪の存在を可視化して、また「これ以上悪意に満ちたものなど存在しない」と下限を設けて安心しようとしている。
6
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年7月25日
でも鬼畜系ジャンルの末路を見る限り、そういう臆病な行為は全くの逆効果のように思える。いくら悪を暴こうが、次から次へと際限なく悪意は深まるばかりで、遂には自分たちの設定した露悪的な虚構や限界さえ超えて暴走していってしまう。結局はハスに構えて善悪を俯瞰できず、単なる悪意の塊を垂れ流すだけ。このロキノンジャパンの記事も、そういう末路を辿ったんじゃないか。
5
奥山犛牛 @bogyu 2021年7月25日
なんかズレた話ばかりだな。世間は件の記事を書いたライターに怒ってるんじゃない。小山田某が障害者にうんこ食わせたことに怒ってるんだ。記事を書いた目的が世間の良識・道徳の欺瞞を暴くことだろうが、そうでなかろうが、被害者の苦しみ、失われた尊厳とは全く関係がない。
20
柊 万知 @machi_hirg 2021年7月25日
まとめをちゃんと読んだのか疑わしい短絡的かつ感情的なコメントに色がつく…😩
0
柊 万知 @machi_hirg 2021年7月25日
正義と言う名の個人的な娯楽の為に被害者の苦しみや辛さを都合よく利用してるだけなんですよね。怒りたいから怒ってるだけ。その為に被害者を叩き棒として利用しただけ。浅ましい。
0
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年7月25日
bogyu 自分は小山田のやったことは決して許されるべきじゃないと固く思うし、当人がやったわけじゃないから、なんて言い訳は通用しないとも思ってる。だけど、少なくともそれはここの記事で書く本旨ではない。記事読んだ上でなら、ズレてるのは君の方なんじゃないか。
2
犬の茶碗蒸し @Inuchawan 2021年7月25日
machi_hirg これ読んだ上で書いてるなら、あんたも大概ズレてるよ。叩き棒にするのが何かのフォーカスが違うだけで、同じ穴のムジナだ。浅ましいなんて偉そうに書ける立場か?
11
たちがみ @tachigamiSama 2021年7月25日
逆張りというニヒリズムを体現しているような奴がよー言う
6
F91の修正もう一度 @F91exvs2 2021年7月25日
やらない偽善よりやる偽善、とは初めて聞いたように思います。やらない善よりやる偽善、は良く聞くのですが。
0
柊 万知 @machi_hirg 2021年7月25日
Inuchawan このまとめの主旨は本を購入して原文を読んだ人が、短絡的かつ感情的に叩きに回る多数派には不可能な着眼点で気づいた点を述べているのが前半、後半は当時の世相と小山田氏周辺のカルチャーの関係性をよく理解した方の解説と客観的な考察であると解釈していますが違うのですか??
1
柊 万知 @machi_hirg 2021年7月25日
あと短絡的かつ感情的な叩き行為を正当化するために「お前だって論法」を弄するやり口もまた、短絡的かつ感情的な浅ましい行いだと思います。😌
0
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年7月25日
刑事事件の裁判ではどんなに残虐非道な被告人にも弁護士がつくのだけど、裁判ではないからこそ一切の弁護活動が許されず(聞かれず)石を投げられるのは(いいのかなぁ)という違和感を抑えられない。
1
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年7月25日
ただ竹熊さんのツイートを読んで、「つまり赤田氏は、90年代の初めに最初に居た版元で「磯野家の謎」を企画して三百数十万部といわれるベストセラーをとばし、90年代の終わりに「バトルロワイヤル」を出版して百万部の大ベストセラーを出した編集者です。」これは納得いった。「磯野家の謎」が以降の「謎本」がどれだけ著作権を踏みにじって酷い本の粗製濫造を牽引した、まぁ「コンビニ本」が新刊書店を侵略した始まりだった。悪趣味文化のメジャー汚染の始まり。
7
まあちゃん02(ワクチン2回目) @eK0SV72lWxlYb8L 2021年7月25日
まとめ最後の方にあった「経済に余裕があった時代は美に重点がおかれ、真と善の空白期間があまりに長かった」「なのでかつての議論の積み重ねや歴史がすっかり忘却されてポリコレとか極端な正義が横行している」 完全に同意する。
5
inti @inti87913544 2021年7月25日
件のインタビューの意図は虚飾を剥がす為の露悪であったにせよ、それはファッションとしての「反体制」の延長線上として受容されていた思うんだよね。ちょっとエキセントリックな人の丁度いいアクセサリーだったんじゃないかな、と。
1
奥山犛牛 @bogyu 2021年7月25日
machi_hirg それでは複数の論点で語りたい。まず「1.いじめ行為の是非」。これは大半は本人がやったわけじゃないとしても、非であることに異論はないと思う。「2.記事の是非」。これは別のコメントに書く。「3.正義感に酔って叩いているだけでは」。耳が痛い。確かにみんなが石を投げてたら立ち止まって考える冷静さが必要だ。ご指摘は感謝します。
2
奥山犛牛 @bogyu 2021年7月25日
さて、記事についてだけどロキノンの方は「武勇談」としておそらく誇張・脚色して書かれているのに比べ、QJの方は記者自身いじめられた経験があったり当初被害者との対談を予定していたりと、いじめについてなにほどかまじめに考えようとしているのは分かる。しかし、それによって元のいじめ行為の悪質さが些かなりとも減じられるわけではなく、堤清明さんがなぜ「少しだけ小山田圭吾氏を擁護したくなった」のか私には理解できない。
6
奥山犛牛 @bogyu 2021年7月25日
それからネットリンチについて。そもそもインタヴューというものは記事になった時点でインタヴュイーの言いたかったこととかけ離れることが多い。そこからさらに部分を抜き出されてネットで叩かれるのだからたまったものではないのは確かだ。しかし、この件に関してはそういう文脈とか当時のカルチャーとかを差し引いても、いじめ行為の悪質さが際立っている。擁護は不可能だと思う。
6
柊 万知 @machi_hirg 2021年7月25日
bogyu 丁寧なご返信ありがとうございます。小山田氏本人がこれまで一度も真摯に反省する態度を見せなかったことは事実であり、いじめの手口も大変残酷なものであると認識しています。本件のバッシングが私刑にあたるという側面がなければ、私も擁護などしたくないところですが、通常ここまでの苛烈な叩きに遭えば人によっては自ら命を断つことも十分あり得るレベルです。それだけは決してあってはならない事ですが、炎上には常にその可能性があるということをご理解頂きたいです。
2