2021年8月8日

聴いたアルバムまとめ(2021年7月)

7月に聴いたアルバムをまとめました。7月は少々忙しかったため枚数が少ない気がします。
1
SweetSoulRevue @revue_soul

Slone/Navy Blues スローンの4th。前作の雰囲気を踏襲しつつパワーポップ感を増した感じ。前作が良過ぎたから今回どうかなって思っていたが全然本作も良い。T9はイントロからやられた。

2021-07-01 08:39:07
SweetSoulRevue @revue_soul

Ian Brown/Golden Greats イアンブラウンの2nd。1stよりもイアンの特色が出てきたような感じがする。ただ、全体としてメリハリが足りないような気もする。よく言えばまとまっているが悪く言えばどれも同じように聞こえる。前作がややプロデュース過多だったので、逆張り的な方向に切り替えたのだろうか

2021-07-02 20:09:07
SweetSoulRevue @revue_soul

Pulp/We Love Life パルプの7th。うーん、微妙。前々作なんかはやはり一聴して記憶に残るほどの個性があったが、本作はいろんな意味で落ち着いている。まったく悪くはないけどね。ただT11はとてもよかった。

2021-07-02 20:12:29
SweetSoulRevue @revue_soul

The Soundtrack of Our Lives/Welcome to the Infant Freebase T.S.O.O.Lの1st。ブリットポップ全盛96年にの後の00年代前半のリバイバルを彷彿とさせるサウンドを鳴らしているのは先見の明がある。アルバムとしては長尺だが、良曲が多く退屈はしない。

2021-07-05 08:36:45
SweetSoulRevue @revue_soul

Gene/Drawn To The Deep End ジーンの2nd。1stはスミス的なシニカルロックな印象だったが、本作はすごく熱い展開が多い。T1は特に曲内で展開が多い。初っ端にロータリースピーカー挟んだピアノ入ってきて「好き…」ってなる。

2021-07-05 19:25:37
SweetSoulRevue @revue_soul

Ocean Colour Scene/Marchin' Already オーシャンカラーシーンの3rd。前作がド名盤というハンデを抱えた3枚目だが、相変わらず良いな…。ロックバンドとしての基礎体力が高いので、アルバムの構成や演奏、サウンドに至るまで一定のクオリティを出してくれる。度々あるピアノバッキングが心地いい。

2021-07-05 19:26:47
SweetSoulRevue @revue_soul

Slone/Twice Removed スローンの2nd。本国カナダではカナダ史上最高のアルバムと評されるほどの人気らしい。確かに1stに比べると天と地ほどの差があるが個人的には次作(3rd)が好み。しかし本作も雰囲気は結構好き。一聴しかしていないので、これから繰り返し聞けばハマる可能性はある。T1やT4が好き。

2021-07-05 19:27:54
SweetSoulRevue @revue_soul

Fantastic Plastic Machine/LUXURY FPMの2nd。HMVのCDコーナーで、たまたま帯の「******」を見つけて「レディメイドだ!」ってな感じで購入。はい、大当たり。最高ですわ。ずーーーっと躁状態。アルバム通して大騒ぎしてるのは本当に狂気を感じる。最高。そして最高。他のアルバムも聴いてみたい

2021-07-05 19:28:34
SweetSoulRevue @revue_soul

杏里/MY FAVORITE SONGS 杏里の5枚目のベストアルバム。T1からもう名曲、この曲めちゃくちゃ好きなんですわ。全体的にやっぱり80'sサウンド。しかしシンセサウンドにしてはグルーヴィーだな、と感じた。ギターとか当時のR&Bぽいからそれが効いてる?

2021-07-06 08:34:15
SweetSoulRevue @revue_soul

Otis Redding/Pain in My Heart ソウルの祖と評されるオーティスレディングの1st。アルバムの半分ほどがカバーとなっている。全体的に初期衝動的な力強くも軽快な演奏となっており、聴いていて非常に爽快だった。T1、T2、T10が好み。

2021-07-06 08:51:15
SweetSoulRevue @revue_soul

Neil Young/Unplugged ニールヤングの93年MTVアンプラグド公演を収めた一枚。自身のヒットソングはあまり収録されていないが、ハーヴェスト収録のT7やバッァロースプリングフィールド時代のT2などコアな名曲が収録されている。力強くも繊細なニールの歌声とアコースティックサウンドの相性は抜群。

2021-07-06 23:52:32
SweetSoulRevue @revue_soul

Shed Seven/A Maximum High シェッドセブンの2nd。1stと比べるとより荒々しくもグルーヴィーな印象。しかしアルバム全体で演奏が一辺倒な感じがする。もう少しバリエーションがあった方が良かったなと個人的には感じた。

2021-07-07 09:15:26
SweetSoulRevue @revue_soul

Dodgy/The Dodgy Album ドッジーの1st。初めてドッジーを聴いたがめちゃくちゃ良かった。上物はUKネオアコ的なサウンドだが、リズム隊がしっかりしているためロックンロールとして鳴っている。何よりメロディが素晴らしい。メロディアスでキャッチー。正にブリットポップ。

2021-07-07 10:02:59
SweetSoulRevue @revue_soul

Pizzicato Five/SWEET PIZZICATO FIVE ピチカートファイブの6th。前作「女性上位時代」がポップでギミックの多いアルバムだったが、今作はファンキーでダークな印象。またギミックも少なく、ある意味で"楽曲で勝負"という感じなのかなというイメージ。T1はめっちゃポップなのに何故か暗い気持ちになる

2021-07-08 08:27:41
SweetSoulRevue @revue_soul

Dodgy/Homegrown ドッジーの2nd。1stに比べるとアンニュイな曲が多い。ポップさ、キャッチーさ共に1stの方が強かった印象。全く悪くはなかったんだけど…うーん、次作に期待。

2021-07-14 08:36:02
SweetSoulRevue @revue_soul

Kula Shaker/K クーラシェイカーの1st。クーラシェイカーがかっこいい事は知っていた。実際本作のT1やHushのカバーなどを前々から聞いていたがオリジナルアルバムだけは聞いていなかった。完全に間違っていた。めちゃくちゃ良い。早く聴けばよかった。

2021-07-14 08:36:24
SweetSoulRevue @revue_soul

The Bluetones/Expecting to Fly ブルートーンズの1st。オアシスのモーニンググローリーを全英1位から引き摺り下ろしたアルバムらしい。内容としてはフォーキーかつイギリスらしいサウンド。所々にストーンローゼズ的なアプローチも見られる。ただアルバムの作り自体は冗長的。

2021-07-14 08:36:50
SweetSoulRevue @revue_soul

Shed Seven/Let It Ride シェッドセブンの3rd。前作より鍵盤楽器やホーンを使用している分、カラフルで聞き応えがある。しかしいまいち決め手に欠ける印象はある。悪くはない。

2021-07-15 19:48:13
SweetSoulRevue @revue_soul

Bernard Butler/People Move On スウェードを脱退し紆余曲折あった後のバーナードバトラーの1st。めちゃくちゃいい。耽美的で大きいスケールだがどこか優しく感じさせるサウンド。ギターフィードバックやストリングの使い方が秀逸。2nd以降も聴きたい。T2、T7が好き。

2021-07-15 19:48:44
SweetSoulRevue @revue_soul

Al Kooper/Naked Songs アルクーパーの6th。ピチカートファイブの6枚目制作時の小西康陽氏のインタビューに出てきたので聴いてみた。ソウルフルかつブルージーでメロディアス。あまり聞かないタイプのアルバムだったが結構好きだった。1stも手に入れたので、追々聴こう。

2021-07-15 19:56:58
SweetSoulRevue @revue_soul

Dodgy/Free Peace Sweet ドッジーの3rd。過去二作に比べるとサウンドは非常にポップス寄り。なんか渋谷系とかのサウンドにも似てる。曲はポップでメロディアスだがアルバム自体は非常に長尺でちょっと疲れる。

2021-07-16 10:09:23
SweetSoulRevue @revue_soul

Al Kooper/I Stand Alone アルクーパーの1st。訳分からんサウンドコラージュやジャンルごちゃ混ぜの音楽なのにめちゃくちゃバランスが取れてる謎のアルバム。小西康陽が似てると言ってたのはこう言う路線だったんだろうな、と感じた。たしかに曲目に月面軟着陸あるし。

2021-07-16 10:38:45
SweetSoulRevue @revue_soul

花澤香菜/Opportunity 花澤香菜の4th。アルバムとしてバラエティに富んでいて聴きやすかった。 所々にイギリスを感じさせるサウンドやフレーズが散らしてあったが、T8には度肝を抜かれた。ローゼズですやん…ローゼズを花澤香菜が歌ったら、それはもうサイケデリック以外の何者でもないですやん…。

2021-07-18 20:04:41
SweetSoulRevue @revue_soul

キリンジ/7-seven- キリンジの7th。前作のエレクトロ感は減退し、生音の多いアルバムとなっている。前半はリズムに重点を置いているが後半はアコースティックでフォーキーな楽曲が並ぶ。過去作との乖離も少なく非常に聴きやすいが、極端に秀でているという感じもしないので、佳作という印象。

2021-07-19 22:53:49
SweetSoulRevue @revue_soul

井上陽水/ハンサムボーイ 井上陽水の13枚目。陽水の代名詞「少年時代」(T6)が収録されているアルバム。アルバムの内容としては結構挑戦的。T1は細野晴臣編曲のワールドミュージック的なアプローチの曲だし、T3はプリンス的なサウンド。アルバムタイトル、ジャケット含めやりたい放題。スーパースターだ

2021-07-19 23:00:38
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?