2021年8月27日

作家・桜庭一樹さんが翻訳家・鴻巣友季子さんの文芸時評に抗議。

31
桜庭一樹 @sakurabakazuki

〝個別性は聖痕ではなく、異分子はウイルスではなく、我々がそれぞれ異なる資質を持つ個人であることは、そもそも、祝福なのだと。〟ーー「文學界」9月号に中編「少女を埋める」が掲載されています。 bunshun.co.jp/business/bunga… pic.twitter.com/P0vL7hst5t

2021-08-06 11:50:22
拡大
桜庭一樹 @sakurabakazuki

この記事でご紹介いただいたのですが、わたしの原稿に〝介護中の虐待〟は書かれておらず、またそのような事実もありません。わたしの書き方がわかりづらかったのかもしれず、その場合は申しわけありません。影響の大きな媒体であり、とても心配です。否定させてください。 asahi.com/articles/DA3S1…

2021-08-25 08:56:59
リンク 朝日新聞デジタル (文芸時評)ケア労働と個人 揺れや逸脱、緩やかさが包む 鴻巣友季子:朝日新聞デジタル サン=テグジュペリは第2次大戦中、米国に亡命し『星の王子さま』を書いた。同作には祖国を出ていった者の惑いが投影されている。 王子の内なる闇が、子供の私には理解できなかった。ところが最近再読すると、こ… 4 users 209
桜庭一樹 @sakurabakazuki

〝記憶の中の母は(略)怒りの発作を抱えており、嵐になるたび、父はこらえていた〟〝「不仲だったころもあったよね」「覚えてない」〟(p28)は健康だった若いころについての話であり、〝「いっぱい虐めたね。(略)ごめんなさいね……」(覚えてたのか……)〟(p43)もそれについてのやりとりです。

2021-08-25 09:22:17
桜庭一樹 @sakurabakazuki

今朝の朝日新聞文芸時評(鴻巣友季子評)についてです。 twitter.com/sakurabakazuki…

2021-08-25 11:38:28
桜庭一樹 @sakurabakazuki

〝健康な夫婦の不仲〟と〝病人への虐待〟は全く違うことですので……。事実ではないデマが広がってしまうだろうととても懸念しています。

2021-08-25 11:42:22
🐈🦔鴻巣友季子(『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくま文庫)) @yukikonosu

翻訳家。2019年1月「100分de名著」『風と共に去りぬ』見逃した方はオンデマンドで!主著訳書:『謎とき「風と共に去りぬ」』クッツェー『イエスの学校時代』アトウッド『昏き目の暗殺者』『獄中シェイクスピア劇団』『誓願』ブロンテ『嵐が丘』ウルフ『灯台へ』ミッチェル『風と共に去りぬ』アマンダ・ゴーマン「わたしたちの登る丘」

facebook.com/yukiko.konosu1

🐈🦔鴻巣友季子(『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくま文庫)) @yukikonosu

8月文芸時評の見出しは「ケア労働と個人」。 今月は自らのヤングケアラー体験(10代末から)で「星の王子さま」の読み方が変わった話から書き出しています。社会的弱者がさらに弱い者をケアするという、老老介護ならぬ「弱弱ケア」の図式があることにも触れています。 asahi.com/articles/DA3S1…

2021-08-25 11:32:33
🐈🦔鴻巣友季子(『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくま文庫)) @yukikonosu

取りあげた作品は以下です📚 宇佐見りん『かか』 小川公代『ケアの倫理とエンパワメント』近刊 桜庭一樹「少女を埋める」 古谷田奈月「できればドウを助けたいけど」 ゴンサロ・M・タヴァレス『エルサレム』木下眞穂訳 言及した作品。 サン=テグジュペリ『星の王子さま』 ウルフ『ダロウェイ夫人』

2021-08-25 11:35:09
🐈🦔鴻巣友季子(『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくま文庫)) @yukikonosu

今月紹介した小説には、ある「時間」が流れていると思いました。医学史の専門でもある英文学者小川公代さんの『ケアの倫理と~』から借りれば、一定方向に一直線に進む「クロノス的時間」ではなく、人間の内なる岸辺に波のように寄せ返す「カイロス的時間」で語られていることです。

2021-08-25 11:43:20
桜庭一樹 @sakurabakazuki

@yukikonosu 担当者の方からご連絡が入っていると思います。どうかご確認下さい。

2021-08-25 11:50:48
🐈🦔鴻巣友季子(『翻訳教室 はじめの一歩』(ちくま文庫)) @yukikonosu

『ケアの倫理』からもう一つ引いているのは「多孔的な自己」という概念です。ポーラスporousという英単語ですが、思い切りひらくと「隙間がある」「浸透しやすい」ということかと。近代化の旨は自立/自律的個人の確立にありますが、それが他愛と相容れない自己責任論に結びつくこともあると思いました

2021-08-25 11:51:56
桜庭一樹 @sakurabakazuki

現在、文學界編集部が評者の方にネット記事の訂正を申し入れています。

2021-08-25 12:48:07
桜庭一樹 @sakurabakazuki

(自分の担当者から説明を聞いたので、伝言ゲーム状態ではありますが…)朝日新聞の文芸時評担当者によると、この部分は議論になったが、「いっぱいいじめたね。(略)ごめんなさいね……」(p43)といった描写から、虐待があったかもとも読み解けるとしてゴーサインが出たとのことです。(続)

2021-08-25 13:53:21
桜庭一樹 @sakurabakazuki

それについて、このように返答しました。(自分の側のメールのスクショです) 批評として成立していれば、著者として受け入れました。読者の方に読み解いていただくことは光栄で、そういう〝読書という創作行為〟には強くリスペクトしています。 pic.twitter.com/iS7yefjJ1y

2021-08-25 13:54:18
拡大
桜庭一樹 @sakurabakazuki

評者の鴻巣友季子さんは、これを受けて「読みであり批評だ」とお答えになり、文學界編集部との話し合いは平行線で終わったとのことです。 しかしわたしは、上記の理由で、批評ではない未熟な文章だったと考えています。

2021-08-25 14:14:32
桜庭一樹 @sakurabakazuki

これだけ大きな媒体で、事実と全く異なる内容が拡散され、訂正してもらえないことを思うと。本当はこんなことを書くべきではないのですが。いまは、泣いても、泣いても…。ただただ辛いです。大人なのにこんな感情を見せてしまってごめんなさい。

2021-08-25 14:34:44
桜庭一樹 @sakurabakazuki

自分だけのことなら、事を荒立てたくなくて飲みこんだかもしれないと思うのですが。

2021-08-25 15:02:28
桜庭一樹 @sakurabakazuki

文學界編集部との話し合いでの「読みであり批評だ」は正確な回答ではないとご本人が仰っていると連絡がありました。伝言ゲーム状態でニュアンスが異なってしまったのかもしれません。正式な表明をされるとのことなので、待とうと思います。

2021-08-25 15:26:55
桜庭一樹 @sakurabakazuki

「文學界」の担当者への自分のメールのスクショです。 pic.twitter.com/umBUoel91J

2021-08-25 19:11:44
拡大
リンク Evernote 8月の朝日新聞文芸時評について。 今月の文芸時評中に取り上げた桜庭一樹さん「少女を埋める」(文學界)の評に関してです。 まず、本作は自伝的要素はあるとしても、「文學界」に「創作」として発表された作品であり、わたしは一つの「小説」として読んでいますので、作者のご家族に関する「事実」については切り離して考えさせてください。 それから、小説というのは、ある種の選択と要約を含まざるを得ません。「すべてを文字化することができない」以上、その... 255
残りを読む(311)

コメント

フラスケ @birugorudi 2021年8月27日
「虐め」って文字面で即「虐待」と解釈したのなら、言葉を扱う人間として少し鈍感すぎるなって印象
38
しょうちゃん @show__chan 2021年8月27日
この話に限らないのだけど「〇〇の誤読は許されない」という話を「誤読は許されないのですか?」と勝手に諸条件(今回は〇〇)削ってリアクションするのはやめてほしい。 本当に徒労感強いから。
32
とびは @6waytohome 2021年8月27日
この件を語る上で2つ気をつけなければいけないことがあります。 ひとつめは、桜庭さんの批判は「あらすじを正確に書け」ということであって解釈を認める云々は関係ない、という意見は不正確だということ。桜庭さんはあらすじ内の「事実」と「解釈」を切り分けています。しかし、例えば桜庭さん自身がカミュ『異邦人』の書評で、「主人公のムルソーは、(母の死を)悲しくないと嘯(うそぶ)いて」というあらすじを書いています。本文に「彼はうそぶいた」と書かれているわけでなく、これこそ解釈にすぎません。
20
とびは @6waytohome 2021年8月27日
嘯いているか、嘯いてないか、あるいはもっと別のものなのか?この一例でわかるように解釈を排したあらすじが正しいのではありません。文学には解釈を挟んで読まなければいけない場面が多々あります。その可能性を排除したいのなら、「解釈の余地を極限まで排除した事実だけのドキュメンタリーや論文」の形式を選ぶべきでした。 (あらすじ内で)解釈を認めるかどうかという話です。
9
とびは @6waytohome 2021年8月27日
ふたつめ。トーンポリシングという批判は意味がないということ。誰かが訴えをしているときにそのやり方を批判するトーンポリシングが問題となるのは、主に立場上の弱者から強者への批判がないがしろにされてしまうときです。しかし、本件は異なります。桜庭さんと鴻巣さんのどちらが弱者なのか、判断は困難です。(たとえば朝日新聞という一面をとっても、どちらの権力が強いとは断言しがたい)
7
とびは @6waytohome 2021年8月27日
桜庭一樹「痛みさえ心に届かない喪失 アルベール・カミュ『異邦人』」https://book.asahi.com/article/11581591 さきほど引用した桜庭さんご自身の書評です。 批判した本人があらすじに解釈を入れているのはおかしい!と言いたいのではありません。 伝えたいのは、文学作品を読み、あらすじを書くときに解釈が入るのは否定されるべきことではない、事実のみを記したあらすじが正義なのではないということです。
12
ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年8月27日
国語のテスト「作者の言わんとすることを書きなさい」案件。
1
わん @UVsU05KGr1zNKjs 2021年8月27日
特定可能なモデルがいる私小説という形式だからややこしい。石に泳ぐ魚事件とか文学によってプライバシーや名誉が傷つけられることもあったし。
4
クイバチカ @quibachika 2021年8月27日
最近は精神的虐待(無視、罵倒、皮肉、当て擦り)もDVに含む解釈なんで、虐待があったとみなしても良いんじゃないですかね
9
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
UVsU05KGr1zNKjs 今までに訴訟が起きたモデル小説は、モデルにされた人物が作者を訴えていました。今回の件は、人物をモデルにした作者が作品の取り上げられ方について世に訴えるというまったく新しいパターンなので、どう動くか注視したいですね。
1
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
小説も批評も全文通して読んでないのでどっちの主張が正しいのかはわからないけど、作者が抗議して抗議が受け入れられないため当該媒体からの作品引き上げはやりたいだけやっていいと思う。 その行為自体を「作品引き上げなんてダメ」みたいに言うのはちょっと暴力的だと思う。
28
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
無料公開されている小説の方斜め読みしてきたけど、そもそもこの話全体としてあらすじの印象と全然ちがうというか、あれ?そんな話ではなくね?ってなった。父親が亡くなるまでのことをエッセイっぽく淡々と綴ってあるだけで、「弱弱介護」の話かと思って読むと??ってなるような。
14
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
luvgymnastics99 もちろん一般にはそうです。しかし桜庭さんの方が圧倒的に力(朝日新聞が受ける利益)があるとみる視点からは、その行為自体が暴力的だという批判も成り立ちます。
7
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
そもそも「ケア労働と個人」というタイトルの批評?でこの小説を取り上げるセンスがわからないというか・・・
14
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
DontChangeTitle 個人的な印象だけど、小説家って偏屈だし編集者も偏屈だから、出禁/版権引き上げみたいなのそこここで起っているイメージあるのよね。 ふつうのビジネスだったらビジネス相手を怒らせたらそこで取引終了なんて当たり前だとも思うし。
2
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
luvgymnastics99この件は、大取引先が「お前のところの部下を辞めさせないと契約を打ち切る」と示唆してきたらどうするか、という喩えが近いとおもいます。こういう場合に処分が正しいかとは別に、利益の計算によって部下を辞めさせるということが起きるかもしれません。これが暴力的だと指摘する人がいる理由です。ふつうのビジネスではないので、交渉材料として使うことを言論空間そのものを壊す暴力とまで見る人もいるでしょう。
1
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
DontChangeTitle 「新聞社・作家・翻訳家」の三者の関係を「会社・大取引先・部下」に例えるのはちょっとフェアではないのでは。
17
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
luvgymnastics99 火の鳥を連載し出版した直木賞作家と文芸時評執筆者、ある程度内部で取り扱いのパワーバランスがあると考えてのことでした。上司が編集部文芸欄担当、部下が鴻巣氏という設定です。対応関係を考えるとおかしいかもしれません。パワーバランスの比喩として受け取っていただけると幸いです。完全に想像でしかないと言われればその通りです。この辺りは業界人の方であればもっと分かるところでしょう。
0
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
DontChangeTitle 鴻巣氏って社内の人なんですか?(よく知らないのですが鴻巣氏も社外のフリー翻訳者とかかと思っていました) フリーの小説家・編集者・フリーの翻訳者の三者関係ではなく? その場合、鴻巣氏を庇われるべき弱者として扱うのは逆に鴻巣氏に失礼なような・・・
8
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
DontChangeTitle ただ、桜庭氏は大作家なのだからノブレスオブリージってもんがあるでしょ、という意味であれば、あなたが主張したいことは理解します。(鴻巣氏がどれくらいの地位に居る人なのかが良く分からないので大作家VS大翻訳家かもしれないので、桜庭氏だけが配慮するべきかどうかはわからないし、力の差があるからといって強い方はいつも我慢しろという理屈を私は支持はしない)
0
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
luvgymnastics99 ノブレスオブリージュではありません。鴻巣さんが弱者かどうかも関係ありません(内部の人とも書いていません。) 桜庭さんに何も言わず我慢しろというのでもない。これは、言論空間で自分の立場を利用して相手の言論に圧力をかけるようなやり方は暴力的だという話です。パワーバランスで混乱させてしまいすみません。桜庭さんには朝日新聞内の取り扱いで確固たる立場(火の鳥連載出版、審査員etc)を用いたので行為自体を咎めることには正当性があります。端的に言ってこれが横行すると言論空間が崩れます。
1
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
luvgymnastics99 あとは各々がどの程度情状酌量を与えるかという議論です。私としては桜庭さんの心情を鑑みて8割減といったところです。あなたは10割減。たとえば仲俣暁生氏は緊急時の手段として7割減くらいでしょうか。
0
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
DontChangeTitle なるほど。そういう意味でいうと「訂正を出せないなら著作物を引き上げると言う」のは圧力をかける行為なのでよくないですね。「そういう媒体であると見限って、黙って著作物を引き上げる」ならば筋が通っていていいですね。(やられる媒体にとって、どっちがマシかはともかく)
5
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
luvgymnastics99 そうですね。今回も、たんに「辞任します。」であればあまり批判を受けることはなかったと思います。一方緊急性を感じてそうしたというのも理解できるので、私としては殊更に追及もしないつもりです。
1
苺花見に欲をかけたらラッキー7 @adgjmpt_1011110 2021年8月27日
桜庭氏が杞憂民で鴻巣氏が無責任、って印象
2
五月 @xf52_523 2021年8月27日
問題の作品は読んでないので本件への意見は置いといて、作品に対して一方的に批評できると思ってる批評家がいるのが不思議。 作品に対する批評も一つの作品なので、批評が批評されることから自由なわけないと思うんだが。
20
A CD-ROM @DontChangeTitle 2021年8月27日
xf52_523 批評が批評されるのには誰もこだわってません。それに対しても反論はあるという話です。
0
とびは @6waytohome 2021年8月27日
今起きているのはあらすじに色々な形があるのを認めない桜庭氏と、そう主張されると抗する必要がある鴻巣氏の衝突ですね。それがやりたかったのだろうか…
1
オムレツ系おみおつけ @bon__19 2021年8月27日
「美しすぎる娘、よそ者、異能者、マジョリティとは別の生き方をしようとする者は、共同体に変化を促し、平穏を乱してしまう。だからみんなで穴を掘って埋めちゃうんだよ」...作中の言葉だけれども、今回のトラブルにも通じるものがあるような印象を抱いた。どちらが平穏を乱した廉で埋められる側なのかはなんとも言えないけど。
1
五月 @xf52_523 2021年8月27日
DontChangeTitle 別にあなたに向けてのコメントではないんですが、あなた誰です? まとめ主の別人格か関係者ですか?
5
悪役令嬢 @luvgymnastics99 2021年8月27日
一番最後にまとめられているツイートの https://note.com/nekodandism/n/n2b3ac514aefc を読むと桜庭氏が何でこんなに怒っているのかちょっと解るかもしれない。私は最後まで読んでないので、このnoteの人の解釈がデタラメでなければ、だけど。
16
楓糖 @meshirohaseigi 2021年8月27日
そこそこ本を読む知り合いがこの件、「鬼滅を「主人公は本人の言ったように鬼の首を容赦なく切るし妹のために何でもする人物」と批評したら、「(そこだけピックアップするのではなく)鬼にも慈悲の心を持てる人物である」と抗議された」と言っていたが、これで合ってる?
2
qwerty @Polynomialtime 2021年8月28日
朝日に限らずこの手の文芸時評って「先に評者側に言いたい内容があって、それに合わせて作品をチェリーピッキングしてる」としか思えないんだよね。だからこのような「誤読」をする。
11
本能の共犯者 @cogito_erogetum 2021年8月29日
鴻巣友季子氏にブロックされましたので、以降更新を停止します。
8
すごいネコ @nekko_super 2021年8月29日
cogito_erogetum お疲れ様でした。 ブロックされてしまったのは残念ですが、私的には中立で良いまとめだと思います。
11
オムレツ系おみおつけ @bon__19 2021年8月29日
「ブロックされたということは本人にやましい面があったに違いない、いや確かにあったのだ」とかいう批評は悪意ある読み方によるものだけど、それに近いことを鴻巣さんが桜庭さんにしてた面はあるよね。(あくまでもこれは個人の自由な感想です)
7