10周年のSPコンテンツ!
2
佐藤正久 @SatoMasahisa
今回の佐藤等の鬱陵島訪問は韓国政府には驚きで初めてのケースに写ったようだ。特に日本の民主党政権は、韓国が歴史問題を持ち出し、謝れと言えば謝る、図書を返せと言えば返したのに、今回は鬱陵島に来るな、入国させないと言ったのに来た。よって金浦空港での対応は準備不十分なものだった
佐藤正久 @SatoMasahisa
韓国政府の金浦空港での対応はバタバタだった。入国禁止措置宣告したら、乗ってきた便で帰ると思っていたようだ。その証左に、入管所長は我々の訪問目的も行動も確認せずに入国禁止。法的根拠も直ぐには回答不能。入管法も未準備。持ってきた文書も日本語でなく韓国語、何に抵触かも回答不能
佐藤正久 @SatoMasahisa
韓国政府のメディアでも今回の韓国内での騒動、騒ぎ過ぎとの反省も。その主要な論調は「(結果、佐藤等が求めていた)8月12日の韓国国会の初の竹島開催等は延期、国際社会に日韓間の竹島問題を周知、領土問題に無関心の日本人の意識を喚起」等。逆に今度は日本人の領土意識が問われている
佐藤正久 @SatoMasahisa
日韓の友好は大事。ただ歴史や領土問題についつは情ではなく理で議論する必要もある。よって韓国の不当な要求や発言には日本政府は理を持って冷静に抗議し、その内容を日韓の国民と国際社会に周知すべき。変に気を使ったり、遠慮したり、無視することは将来の日韓関係にとってもマイナスだ。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする