アプリで作成
2021年9月13日

十一話

登場人物:ゼルシー、アリア・プロータ スチル担当:ぷお、スモモ、ぷき
0
___の箱庭 @kami_bake

星に生きる命からすれば、途方もないような時間。

2021-09-12 21:01:42
___の箱庭 @kami_bake

箱庭を護り司る神が二柱いた。

2021-09-12 21:02:44
___の箱庭 @kami_bake

箱庭はしばらく、その二柱以外には何もないつまらない場所だった。

2021-09-12 21:03:16
___の箱庭 @kami_bake

一柱は、偉大なる父、全知全能と呼ぶに相応しい神、「ゼルシー」。

2021-09-12 21:03:56
___の箱庭 @kami_bake

そしてもう一柱は、父の『娘』、知恵と芸術、そして戦を司る乙女。

2021-09-12 21:04:38
___の箱庭 @kami_bake

ギリシャ神話の女神「アテナ」の名を授かった、「アリア・プロータ」と呼ばれる神だった。

2021-09-12 21:05:13
___の箱庭 @kami_bake

アリアの後に成った、三柱の神。

2021-09-12 21:06:01
___の箱庭 @kami_bake

「シヴァ」の名を受けた「ヴァラ」。

2021-09-12 21:07:03
___の箱庭 @kami_bake

「フォルセティ」の名を受けた「フォル」。

2021-09-12 21:07:52
___の箱庭 @kami_bake

そして「饕餮」の名を受けた「トウテツ」。

2021-09-12 21:08:30
___の箱庭 @kami_bake

退屈を嫌うアリアは、新たに生まれたその三柱の神々を可愛がった。

2021-09-12 21:09:07
___の箱庭 @kami_bake

時には慈しみ、時には人形のように愛で、時には試練を与え。

2021-09-12 21:09:53
___の箱庭 @kami_bake

その愛は時に理解を超えた。自身が神であることを自覚し、この世界は、箱庭は中心に自分があるといってもほぼ過言ではないことを分かっていた。

2021-09-12 21:10:48
___の箱庭 @kami_bake

本当の神であるゼルシーの方が、ともすれば人間らしかったかもしれない。

2021-09-12 21:11:36
___の箱庭 @kami_bake

そう思わしめるほどに、彼女の思考は卓越していた。彼女は俯瞰していた。

2021-09-12 21:12:09
___の箱庭 @kami_bake

彼女はこの箱庭で最も、『神らしかった』。 pic.twitter.com/tEaZd9O4Wd

2021-09-12 21:13:04
拡大
___の箱庭 @kami_bake

彼女は箱庭を憂いていた。

2021-09-12 21:14:42
___の箱庭 @kami_bake

■しいだけの■■では■■■■のだと■■■。

2021-09-12 21:15:20
___の箱庭 @kami_bake

なにか■■は■■■■■と悩んでいたが、ある日を境に■■を■■■■■■■。

2021-09-12 21:16:00
___の箱庭 @kami_bake

それどころか、■■■に■■を■■■■■を見たいと言うので、■■■■に■■■■■■ことにした。

2021-09-12 21:16:58
___の箱庭 @kami_bake

その時生まれたのが、■■■■■を■■■■■■■だった。

2021-09-12 21:17:50
残りを読む(53)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?