2021年9月14日

阿闍世コンプレックス~親を赦せないのは、親の愛情や良心にまだ期待していることの裏返し

以上レポっす
16
kaba40 @koba31okm

ウチも娘ができたため、ちょっと気になってんだよな。地味目息子、利発娘、息子溺愛母というパーティが次第にオタク息子、奔放娘、息子溺愛母(不安定)となり、更にヒキニート息子、半家出娘(不安定)、兄溺愛母(狂)になっていくパターンを見すぎてしまった。

2021-09-13 16:48:47
kaba40 @koba31okm

ejaculator,boob man,general manager,citizen

YS@GPCR @YS_GPCR

かろうじて俺がニートにならなかっただけでうちもこれ。 twitter.com/koba31okm/stat…

2021-09-13 20:16:06
YS@GPCR @YS_GPCR

令和大学総長。VABとか乗ってる。ヘッダーは@u1__さん。 SCP翻訳: ja.scp-wiki.net/author:ys-gpcr, 作曲: gpcr-music.com

YS@GPCR @YS_GPCR

俺と母親にに関しては何なんだろうな。ただの溺愛と違って幼少期は教育虐待状態だったので、そのおかげで学力がスタートダッシュできて食ってくところまでこれたのか?

2021-09-13 20:29:06
YS@GPCR @YS_GPCR

だが俺が稼ぎ始めたあたりで狂った。高校くらい以降は放任だったのに、完全に独立したあたりで突然寂しくなったのか、こちらのやることなす事何もかも曲解して間違ってることにして口出しするようになったのだ。こちらにもそれなりに期待に答えたいという気持ちはあったのだが

2021-09-13 20:33:11
YS@GPCR @YS_GPCR

しまいには、「もう年だから頭が回らない」「本当に心配していてあなたのためになると思った」などの弁解を繰り返すようになった。 ほら、僕ってモテないタイプの男女平等主義者じゃないですか。教授までやってた母親を、普通の女とは違うって尊敬してたとこあったんですよね。

2021-09-13 20:38:59
YS@GPCR @YS_GPCR

自分の落ち度を認めない、善良な意図を持っていたことにして道徳的立ち位置を確保しようとする、弱ぶって同情を引いて誤魔化すって、典型的な女ムーブじゃないですか。失望ですよ。

2021-09-13 20:40:43
Tamejirou @Tamejirou

「母親もまた愚かな女の一人に過ぎなかった」と赦すプロセスが阿闍世コンプレックスの解消には必要で、父親を最後まで克服すべき強大な相手とみなすエディプスコンプレックスとの最大の違いがここ。

2021-09-13 21:52:34
Tamejirou @Tamejirou

父親に対しては「殺した(比喩)あとで偉大さがわかる」のに対し、母親に対しては「迷える弱い女であることを赦し認める」という真逆のプロセスとなる。

2021-09-13 21:53:55
YS@GPCR @YS_GPCR

モテないタイプの男女平等主義者なので赦さない。父も殺すし母も殺す。 twitter.com/Tamejirou/stat…

2021-09-14 03:27:16
Tamejirou @Tamejirou

アジャセが最終的に母親を赦せたのは、(母親が病の根本原因とはいえ)看病してくれたこと、そしてそもそも産み育ててくれたという無償の愛が(少なくとも一時期は)あったということを認めての上なので……

2021-09-14 06:53:56
YS@GPCR @YS_GPCR

しかしこの阿闍世コンプレックスって言葉のもとになったインドの故事すごいな。どう考えても母親が元凶なのに、それを罰しようとした息子は母を殺しきれず逆に自責の念から心を病み、仏陀の教えでようやく救われる。

2021-09-14 03:46:17
Tamejirou @Tamejirou

阿闍世コンプレックスの解説はこちら ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF…

2016-02-08 15:15:07
Tamejirou @Tamejirou

阿闍世を産んだ母(王妃)は、寵愛を失うのを恐れて子を望み、「この仙人がまもなく寿命で死ぬので貴女の子に生まれ変わります」と予言されると「死ぬまで待てない」と仙人を手にかける外道です。それでも阿闍世が生まれてから、そして看病する時の無償の愛情にだけは嘘はなかった(と少なくとも信じた)。

2021-09-14 07:03:51
YS@GPCR @YS_GPCR

同様の物語は西洋の神話にもある。とにかくどんな悪い奴でも母親は殺せず、息子は逆に罪の意識から心を病んでしまう。とかく男は女に甘い。それを昔の人もどの国の人でも例外なくわかっとる。

2021-09-14 03:49:13
YS@GPCR @YS_GPCR

ジェンダー問題もみんなこれ。男は女を罰せないから、ジェンダー問題で女性側が努力したり改めなくてはいけない部分には触れられない。だから決してジェンダー平等は達成されない。

2021-09-14 03:56:07
Tamejirou @Tamejirou

子を欲したのも利己心、必死に看病したのも自分の分身ゆえ、自己保身のためと見れば利己心。愚かな女、とはいえ生んで育てて看病してくれたことに変わりはないと客観的に突き放して見ることが実は大事

2021-09-14 07:07:44

母親は、母親であるというだけでものすごい苦労を引き受けるもの

ピンフスキー @hideyosino

子ども養子に出して離婚して生活保護で暮らしたい anond.hatelabo.jp/20210913052751

2021-09-13 23:19:17
Tamejirou @Tamejirou

親を赦せないのは、実はまだ親の愛情や良心にどこか期待していることの裏返しなので。性別問わず、親もまたその時代に必死に生きようとしつつ利己的に子を欲したに過ぎないと認めることが親離れの第一歩。

2021-09-14 07:09:19
Tamejirou @Tamejirou

つまりここですよね。お母様に対する尊敬の念がまだ残っているからこそ、赦せない。でもまあ人間関係ってそんなもんですよね。期待が大きければ失望も怒りも大きくなる。 twitter.com/YS_GPCR/status…

2021-09-14 07:12:04
Tamejirou @Tamejirou

この話のキモはね、親をあまり美化しすぎないことです。「そこらへんのオッサンオバハンよりは少しマシ程度かな」、それにしては随分頑張った方だし、何より産むだけは産んでくれたのだ。そこに思いを致す。

2021-09-14 07:13:43
Tamejirou @Tamejirou

どうかなと思ったけど一応まとめとく togetter.com/li/1774266

2021-09-14 07:26:47
Tamejirou @Tamejirou

まあこう言われても仕方ない感じはするけど。 pic.twitter.com/Xl5uVVyzNi

2021-09-14 08:47:17
拡大
残りを読む(5)

コメント

ティルティンティノントゥン @tiltintninontun 2021年9月14日
芹沢俊介「母という暴力」春秋社も、なかなか。わが子を虐待する母ということではなく、あまりに大きすぎる母という存在が子どもに与える悪影響、かな?
1
じろう @PrBZjuirFtL6Tnm 2021年9月14日
産んでくれたことに感謝ってのが傲慢というか幸せサイドからの発言よな 生きることはコスパ悪い(頭の悪い発言
7
K @EVERYMA51075501 2021年9月14日
わいず先生、「モテないタイプの男女平等主義者」という自身のアイデンティティに引きずられて頑なになりがちよね
2
ケイ @qquq3gf9k 2021年9月14日
生きたくないなら自己決定権を得た時点で自殺すればいいのに不毛に親を貶めてるのはなんなんかね。
1
だむ @DamDam347 2021年9月14日
qquq3gf9k 生きたくないとかこのまとめ内のどこにも書いてないのに、こういう「親ガチャとか言ってる人は親を悪くいうくせに親のすね齧ってる子供」みたいな藁人形論法を使うゴミクズが湧いて出てくるのがマジでクソ。お前は生まれには恵まれたみたいだけど本人の資質は救いようのないゴミみたいだな。
5
Tamejirou @Tamejirou 2021年9月14日
コメ欄で喧嘩しないでね
0
ケイ @qquq3gf9k 2021年9月14日
DamDam347 こういう人間が『親ガチャ』とか使って不毛な怒りを周囲に巻き散らかしてるんだろうな。
1
tf0522 @tf0522 2021年9月14日
あるとき(=自分が親になったときに限らず)自分が{当たり|外れ}だったことに気づく(こともある)けれども、自分が親になったときに自分の子が{どうだったか|どうか}に気付けるかどうかは…じゃないですかね。
0
tf0522 @tf0522 2021年9月14日
ともあれ、自らを振り返る良い機会であったことは疑いありません。ありがとうございます。
1