編集可能

「日本的経営」と「グローバル化」

@koteihandleさんのつぶやきをまとめてみました。
2
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

この人も本当にマクロはだめですねえ。完全雇用を否定するとは。ただし自民党の「完全雇用」も間違いなのでどちらもひどい。とにかく、改革カルトが消えない限り日本に明日はない。 http://ow.ly/1F2NZ

2010-04-30 16:03:05
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

成長基盤というが、そもそも日本で成長の制約になっているのが金融政策だろう。貸出が増えず、結果として投資も膨らまない。雇用を生み出さず、完全雇用も目指さないで、企業だけが成長しつづけることが出来ないのは歴史が示すところ。

2010-04-30 17:28:29
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

例えば80年代、先進国のほとんどはスタグフレーションや不況に陥り、若年労働者を中心に高失業率に悩まされていた。ただ一国だけ例外的に完全雇用を実現し、高成長を続けていた国があった。日本である。

2010-04-30 17:30:02
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

そして今、完全雇用に近い状態で高成長を続けている国がある。中国だ。中国では一部、企業が自ら年齢制限を取り払うなどして、失業者を積極的に受け入れている。結果的に経済は大きく成長している。格差が広がり、うつ病がふえるなど日本と似たところもあるが、経済成長率では中国がはるかに上である。

2010-04-30 17:32:59
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

そもそも、うつなどの問題は働き方の問題であり、高成長とは直接関係がない。70~80年代の日本は完全雇用を維持しながらも、今よりずっと余裕のある働き方をしていた。実際、高失業率低成長のデフレ日本でも鬱は増え続けている。米国はさらに多い。つまりアメリカ型の働き方が悪いだけである。

2010-04-30 17:36:36
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

そもそも日本人は几帳面であるだけでなく、好奇心旺盛で、日々の創意工夫の積み重ねで付加価値を高めるのが得意な民族である。創意工夫は余裕のあるところにしか生まれない。ロボットのような働き方をしても余裕など生まれない。

2010-04-30 17:38:06
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

100%成功という成功はあり得ない。50%でも難しいだろう。おそらく成功する確率は1/10くらいではないのだろうか?何の話をしていると思います?マニュアルなしで自分の力だけで新しい取り組みをした場合の話です。

2010-04-30 17:40:06
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

アメリカ人はマクドナルドやディズニーランドのようなマニュアルを頭に叩き込んでそれだけをこなすという仕事です。あらかじめインプットされたプログラムどおりに処理が行われるロボットです。これがアメリカ流。創意工夫はしなくていいというよりしてはならない。

2010-04-30 17:41:08
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

日々試行錯誤の中で体験的に仕事を身につけるというのは日本人の伝統。「仕事は習うより盗め」。マニュアルなんてない。だから学ぶのではなく、「盗む」しかないわけです。そしてそうする余裕があった。その方が生産性も高かった。

2010-04-30 17:42:30
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

なんでもマニュアル化すると効率がいい。確かに事務処理などはそうでしょう。単純な管理項目をこなすにはマニュアルがあった方がよいかもしれない。でも、それはあまり付加価値が高くないですね?

2010-04-30 17:43:28
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

アメリカ式のマネージメントはだんだん廃れていくと思いますよ。特に日本人には合わない。アメリカのように移民国家で言葉も通じない人がいっしょに働いているような環境ではその方が良いのかもしれないが、それは自発性を殺すことになりますね。職場の改善などの動機付けも難しくなる。

2010-04-30 17:45:03
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

もし、アメリカ的なやり方を導入するならば、迅速な意思決定や組織の柔軟性、強いリーダシップ、すなわちトップからの改革しかないと思いますね。意思決定の鈍さが致命的だと思いますね。

2010-04-30 17:47:07
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

でもって、成長基盤ですが、これは企業が勝手に成長すればいいんじゃないでしょうか?国がとやかく言う必要はないですね。マクロ政策さえしっかりやっていれば勝手に成長します。それだけの話だと思います。余計なことはやらなくてよろしい。

2010-04-30 17:48:42
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

知る人ぞ知る「ジャパンアズNo.1」という本がありまして(以下省略 RT @ooesan_suki: 80年代の日本は、最強だったんだと聞いてますw RT @koteihandle: 例えば80年代、先進国のほとんどはスタグフレーションや不況に陥り、若年労働者を中心...

2010-04-30 17:50:33
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

外国人はおそらく「あれはまぐれだったんだな」と思っているでしょう。 RT @ak_akuma: 今では逆に他所が成長する中でただ一国だけ不況に陥り続けていた国。 RT @koteihandle: 例えば80年代、先進国のほとんどはスタグフレーションや不況に陥り、若年労働...

2010-04-30 17:51:34
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

未だにマネージメントが遅れて生産性が悪く、日本が低迷していると思っている人がいるんですね。それでは日本はこのままダメになるでしょうね。完全雇用だけですよ。条件は。極論を言えば、他は捨て去っても良いでしょう。

2010-04-30 20:02:09
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

完全雇用では、経済はインフレと高成長になるので、必然的に企業はコスト削減によって効率化を進めなければならなくなります。コストが高く、人材が不足するわけですから。逆にデフレになれば、コストカットは人手を減らすという形でしか行われませんから、いつまでも成長できません。

2010-04-30 20:03:26
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

これが日本が低迷する原因でしょう。人手を減らすために使うリソースをすべて成長に使うのとでは、どちらが効率的か明白です。また、人材が余った状態と、常に働いている状態では効率化が違いますね。結局、アメリカのものまねばかりして日本がダメになった訳です。

2010-04-30 20:04:53
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

先ほども述べたように、マニュアル人間ばかりになったため、日本が世界から必要とされなかった訳です。グローバルスタンダードと言われる方式を採用してから意味の無い努力ばかりしていますね。内需を拡大させて膨張していた偉大とはまったく異なります。そうです。劣等生です。

2010-04-30 20:05:59
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

劣等生を続けるかどうかは自由です。英語もきちんとしゃべれず片言で「ぐろーばるすたんだーど」と言いつづけてればいいのではないでしょうか?誰も止めないと思いますよ。脅威ゼロですからw

2010-04-30 20:08:06
NaokiGwin @NaokiGwin

.@koteihandleさんのつぶやきまとめてみました。タイトルはテキトウですw RT 「日本的経営」について http://bit.ly/93yE6d

2010-04-30 21:11:53
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

どうもありがとう。っていうか、こんなてきとーな発言でいいんですか?w RT @NaokiGwin: .@koteihandleさんのつぶやきまとめてみました。タイトルはテキトウですw RT 「日本的経営」について http://bit.ly/93yE6d

2010-05-01 00:01:43
NaokiGwin @NaokiGwin

これって今後日本がグローバル化した環境のなかで生き残っていくために考えるべき重要なテーマだと思います。RT @koteihandle: どうもありがとう。っていうか、こんなてきとーな発言でいいんですか?w RT 「日本的経営」について http://bit.ly/93yE6d

2010-05-01 00:05:28
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

あ、グローバル化ですね。ついでに思いついたことを話してみますか。 RT @NaokiGwin: これって今後日本がグローバル化した環境のなかで生き残っていくために考えるべき重要なテーマだと思います。RT @koteihandle: どうもありがとう。...

2010-05-01 00:14:56
コテ◆KOTEbDeSW @koteihandle

グローバル化と言うとまず語学力があげられます。言葉がわからないと会話が成り立たないとか、コミュニケーションが取れないとか。もちろん、職種によっては必須でしょう。

2010-05-01 00:16:06
残りを読む(11)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?