2021年9月24日

文章題の状況と立式は一致しなければならない???【5×3 と 3×5 は数値は同じだが表す状況が違う?】

文章題を数式で表して計算するという説明を児童にするためには、数式は状況を表す言語であるという立場が必要になってきますが、この考え方(数式は言語である)が嫌いな人たちがこの世には存在する。
2

文章題を数式で表して計算するという説明を児童にするためには、数式は状況を表すことができる言語であるという立場をとることが自然だというのが私の考えです、しかしながら、この考え方(数式は言語である)が嫌いな人たちがこの世には存在する。

数学とはこの世の仕組みそのものだという考えと数式は言語だという考えは相容れないものであることは確かです。ゆえに数式は言語ではないという意見はもっともらしい意見ではある。しかし、自然の仕組みを文字というもので表している以上、数式も言語であり、数式は事象を文字で表したものであるというのがまとめ主の考えです。

しかし、残念ながら今回の結論は
算数で習う数式のみで表された式では文章題の状況を過不足なく表すには不十分である。

つまり、文章題と立式は一致するべきであるという考え(試み)は、算数で習う数式の種類が不十分であることから常に成立するとは限らない。

もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 小学校2年生のかけ算のきまりは2つ(累加と順序入れ替えで答えが同じ)しか習いませんよね? そして、一年生では等号記号は計算結果を示すものとして導入され、等号記号が相当関係を表すものときちんと解説するのは、二~三年生となっています。ずいぶんと曖昧な教え方をしてますよね?

2021-08-26 12:56:42
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 むしろ問題提起するならば、 等号記号は計算結果を意味するだけのものではないことが、算数教科書では不十分にしか示されていないことですね。 中学数学や高校数学ではきちんと相当関係とは何か?をやる筈なんですけどね。

2021-08-26 13:09:20
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 2年生での交換法則指導は、”abとbaは結果が同じ”という相等関係を回避する記述が教科書でなされていることはその通りです。ただしアレイ図を提示し、それなりにab=baっぽいことも見せています。そして高学年では5×3=3×5のような式も示されます。最低、6年まで順序指導があることのおかしさは指摘可能。

2021-08-26 13:21:11
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 私たちはもちろん=記号の使い方にも文句を言っています。#超算数 と私が称するおかしな算数指導はある程度パッケージ化されていて、1個みつかったら別の100個もあるのが通常です。パターンマッチという括りで見れば親戚同士みたいなものも多い。

2021-08-26 13:23:18
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 高学年では5×3=3×5のような式も示されます。 ならば、6年まで順序指導があることのおかしさは指摘可能ですね。 おかしな教師がいるのは否定しないですね。

2021-08-26 13:50:17
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 順序指導はパターンマッチ予防の小技ではなく、式は場面に対応しなければならないという算数教育のセントラルドグマwに直接由来します。足し算の順序も仲間。算数教育専門家が言っていること。くもわはじきも公式指導に近づきつつある。嘘だと思うなら #超算数 および #掛算 タグを熟読してください。

2021-08-26 15:46:23
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 『式は場面に対応しなければならないという算数教育のセントラルドグマwに直接由来します。』 上が否定され、嘲笑に値する根拠が分からないですね。 小学校一年生の段階で=記号は計算結果を示すだけでなく相当関係を示すことを小学生に理解させることが十分可能ならば、その主張は正しいかもですが

2021-08-27 04:37:29
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 『式は場面に対応しなければならないという算数教育のセントラルドグマwに直接由来します。』 リンゴが8個あることを10-2 と表すのは将来性を考えれば確かに積極的に用いるべきですが、公立小学校でそれを認めるにはカリキュラムを逸脱し過ぎなんじゃないですかね?

2021-08-27 04:42:05
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 批判対象になっている算数教育専門家は、平均的な理解力の児童および、平均未満の理解力の児童を対象としてカリキュラムを作っている印象なので、優秀な児童(20~30%)向けの教育プログラムとして別カリキュラムの作成と能力別授業の設立を訴えた方がいいのでは? 機会平等に反するかもですが、

2021-08-27 04:49:48
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 ところで、そもそも小学校の時点での交換法則の理解率は100%じゃない(トランプ配りも100%じゃない)のですが、 もし仮に中学で躓いたと称する彼ら彼女らが小学校で3×4は3+3+3+3でもあり、4+4+4でもあると教えられたとしたら、理解できたのでしょうか? twitter.com/temmusu_n/stat…

2021-08-27 05:23:02
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 真面目な話、中学生になってかけ順はどうでもよいと指導受けて納得できなかったとか、結構な頻度でツイターにも上がっていますよ。累加それ自体は自然数の積のよい定義であり、小数分数の乗積でも自然な拡張ができます。しかし順序こだわりはいろんな弊害が。詳細はしません。

2021-08-26 12:13:58
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 一次方程式の説明に累加や累減での説明が有効ならば、一次方程式の文章題を正答できない生徒はかけ算が累加で表せることの理解が足りないのでは? twitter.com/Yta8Ntion1FKvR…

2021-08-26 09:30:32
二匹大介 @Yta8Ntion1FKvR0

@monachansdojo @temmusu_n @sekibunnteisuu @math82307435 まぁ、ざっくり言えば、「累加や累減での説明」も「交換法則についての実感的な把握」も、必要だとは言えるんじゃないですか。

2021-08-26 09:44:23
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@Yta8Ntion1FKvR0 @monachansdojo @sekibunnteisuu @math82307435 画像には【一次関数の考えは、割合から始まる比較対象指導の継続単元なのである】とあるのですが、小学校で割合指導が悲惨なことになっていると主張したら、同意くださいますか? つまり究極の順序指導であるくもわはじきが教え込まれ、それでも足りないようで「わの前ののの前!」とかがあります。

2021-08-26 09:51:47
二匹大介 @Yta8Ntion1FKvR0

@temmusu_n @monachansdojo @sekibunnteisuu @math82307435 同意しかないですね。なんとかした方がいい。「なんとかするのは児童の分かりみの侵害」みたいな迷信には早く立ち去って貰って。

2021-08-26 09:55:38
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@Yta8Ntion1FKvR0 @temmusu_n @sekibunnteisuu @math82307435 『究極の順序指導であるくもわはじきが教え込まれ、それでも足りないようで「わの前ののの前!」とかがあります。』 累加によるかけ算指導は、くもわと異なるものですね。くもわ指導を肯定したことはないです。 私は黄卵さんと完全に同じ主張をしている訳ではないです。

2021-08-26 10:41:55
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 【累加によるかけ算指導】には順序こだわりが含まれるのでしょうか。現実の小学校算数では6年生までこだわり指導があることを念頭にお答えください。

2021-08-26 11:56:11
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 文章題をかけ算の累加の知識を使って解くのを強制するのが、累加によるかけ算指導ですね。 順序固定は、累加の知識を使うための方便でしかないです。

2021-08-26 11:59:50
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 拘り指導については、むしろ縛られているのは教師のみに限られるのではないでしょうか? 小学6年生になっても教師側は順序に縛られますが、高学年以降は順序で式が誤答になるのは避けるべきではないですかね。

2021-08-26 12:02:10
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 > 拘り指導については、むしろ縛られているのは教師のみに限られるのではないでしょうか? こんなことをいわれると、私はヘナヘナと崩れ落ちて、これまで何年も見てきた順序違いによる❌採点はなんだったんだろう、と茫然自失の体で呟くしかありませんね。

2021-08-26 12:04:40
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 とりあえず、かけ算の順序により強固に縛られているのは、生徒ではなくむしろ教師側だと思いますよ。 かけ算の順序は自由だと教える教師も、板書では順序を気にするのではないですかね?

2021-08-26 12:07:40
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 それだと、児童生徒がどんな成績をとっても、かけ順指導の影響を評価できなくなりませんか。それこそアメリカでも生徒が教師よりかけ順を気にしているかもしれないということさえできるでしょう。

2021-08-26 12:10:59
天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

@monachansdojo @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 詳説はしません。 ただ、くもわはじきは #超算数 の なかでも順序こだわりとよくにています。それこそ自然な拡張といえるかも。

2021-08-26 12:15:12
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo

@temmusu_n @Yta8Ntion1FKvR0 @sekibunnteisuu @math82307435 くもわ はじき と順序指導は全く違う概念ですね。 順序指導は、文章題を解く際に『~ずつ』『~倍』を読んでパターンマッチングをするという単純な当てはめを防ぐための概念でしかありません。

2021-08-26 12:20:33
残りを読む(64)

コメント

TEST @toiec24 2021年9月24日
問題文が示す事実は一つだが、その解釈はいくつも存在する。 そして算数や数学は、この解釈を数式で表現する学問。 ここが分かっていないから、掛け算順序なんて無意味な事に拘るのでしょうね。
9
Σさん(RC) @SigmaSan4536 2021年9月24日
超算数は国語だって結論出てたよね
13
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月24日
3日前のまとめにも出てたけど、最近の教科書はなんか20年前とは明らかに異なる作りになっているので、教科書読まずに議論していると訳が分からなくなってくるので、皆さんご注意をば、、、 「母はこの問題の意味を理解できませんでした…」小学3年生の子どもが解けなかった算数の問題は大人でも回答に詰まってしまう - Togetter https://togetter.com/li/1777428 @togetter_jpより
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月24日
toiec24 問題文が示す事実は一つだが、その解釈はいくつも存在する。 そして算数や数学は、この解釈を数式で表現する学問。 しかし、問題文の解釈が正しいか?という検証とその解釈と数式が表す状況は一致しているか否か? は必要であり、どうでもよくはないですよね。  つまり、私の主張は、『かけ算の順序はどちらでも良いが、どうでもいいわけではない』ということです。
0
じぇいあい @JudgmentI 2021年9月24日
「問題文の解釈が正しいか?という検証とその解釈と数式が表す状況は一致しているか否か? は必要であり、どうでもよくはない」これはそう。機械的に問題文の数字を四則演算してる可能性があるからな。
4
じぇいあい @JudgmentI 2021年9月24日
ただ、だから、そういうのを把握したいんなら授業中に教えたかけられる数でも何でもいいからそれらを順番通りに書けと問題文に明記せーや。何を文章題だけ放ってわけわからんルール強制させてんねん。
15
じぇいあい @JudgmentI 2021年9月24日
まぁ僕は文章問題なんかはそもそも必要ないと思ってるので勝手にしろって感じなんですけどね。初めから=の前後の単位系を揃えろとだけ教えたほうがよほど簡単だし応用もきくと思うんだけど指導要領様がそのつもりないらしいし。
3
TEST @toiec24 2021年9月24日
monachansdojo まさか「20粒の実を付けたブドウが5房」が正で、「5房のブドウに、それぞれ実が20粒」は間違っているとか言いませんよね。 私が言っているのは、こういう「正しい解釈」が複数存在するという事です。
5
シグマ @_check_info_ 2021年9月25日
これが自転車置き場の議論というやつか
1
ヒジャチョンダラ @citabow 2021年9月25日
「ですます調」と「だである調」を混在させるくらいの言語感覚の人が「数式は状況を表す言語」などと言い出して面白い、その状況とやらは混乱していないか?
4
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
citabow エッセーでも論文でもないのにですます調とだである調を混在させてまいけない理由がない。あと、私の能力的に初めから完全に矛盾のない文章、主張をすることは不可能なので、私の主張に間違いがある可能性はありますね。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
toiec24 「20粒の実を付けたブドウが5房」と「5房のブドウに、それぞれ実が20粒」はそれぞれ前者はブドウの実、後者はブドウの房の視点から注目した表現です。 つまり発想が異なるからこそ、それぞれを外国語に翻訳する際には異なる表現にしなければなりません。例えば、上弦の月、下弦の月は両方とも同じ図形に見える月を指していますが、異なる名前がついていますよね? 数式を言語として捉えるならそういう影響もありえます。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
JudgmentI それを言うならば、数学のテストで10進法で書きなさいとは書かれていないので2進法で答えを書いても丸にしないといけなくなりますね、、、という天邪鬼がががが
0
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo で? いつから算数や数学でなく、国語や文学の話になったの? 国語や文学の話なら、1人で壁に向かってしてください。
4
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo 自分で言っているじゃない。「発想が異なるからこそ、それぞれを外国語に翻訳する際には異なる表現にしなければならない」って。 日本語でないという面では数式も外国語の一種なのだから、発想が異なれば掛け算順序といった表現は両者で異なってくるし。発想が異なっても両者とも同じ問題文が示す事実を表現しているのだから、どちらの表現も間違いとは言えない。 つまり掛け算順序は表現の問題に過ぎないのであって、回答の正誤の基準にしては駄目だという事だ。
4
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo 君は一度、これを100万回読んだ方がいいよ。 dowanna @PrAha Inc. CEO兼エンジニア@dowanna6 「君は議論に強いんじゃなくて、相手にすると疲れるから周りが引いてるだけだよ」 って上司に言われてからやばいコミュニケーションを取る頻度が少し減った気がする 大事なのは正しいかどうかより建設的かどうかなんだよなぁ...
4
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
toiec24 小学校教育が機械ではなく血の通った人間の教師によって行われているということを無視してはいけません。例えば、『ダイオキシンの発生に寄与する』という表現を日本話しことば協会の白石章代は誤用であるとしてわざわざ産経新聞や書籍『あなたの日本語大丈夫?: テスト問題つき』でアナウンサーすら間違える表現と指摘していますが、『~の発生に寄与する』という表現は医学用語など科学の分野ではよく使う表現であり、協会が何を言おうと誤用にはできません。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
monachansdojo しかしながら、『寄与する』という言葉を専門用語の面ではなく原義から捉えると、記事『悪い方向へも「寄与」と言う? https://mainichi-kotoba.jp/enq-156 』にもあるように、『寄与』は本来プラス面のみを取り上げた表現なので、国語の専門家がいう『寄与』の使い方が間違っているという指摘にも妥当性はあるのです。
0
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo 何を言っているのか意味わからん。で? 血の通った人間の教師だから、どうして掛け算順序に正誤が出てくるの?
5
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
toiec24 『どちらの表現も間違ってはいない』とTESTさんは仰いますが、専門用語ありの世界では『寄与』をマイナス影響に使っていても、本来の国語的な意味では『寄与』をマイナスの表現に使うことが誤用だと認めなければなりません(*意味は時代によって異なるので将来的には分からない)。 同じく、現在の日本の算数では3×4は3+3+3+3の意味であるとしています。よって数学的には3×4を4+4+4と表記することに問題はなくても算数の数式の表し方では誤表記であるという指摘は可能
1
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo 意味不明。最初の発想の違いによって、解釈や表現が3×4と4×3のどちらにでもなると言っているのであって、3×4は3+3+3+3の意味なんて指摘は全く的外れ。
5
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo 本来の国語的な意味では『寄与』をマイナスの表現に使うことが誤用ってさ。 いつから算数は国語になったの?
6
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
数学は世界で共通する概念であることは確かですが、数式が文字で表されている以上、数式は言語としての性質を持ちます。よって教師が血の通った人間であるがゆえに、3×4を4+4+4と表記することを許容すべきだという人間と、誤りであるという人間に分かれるのは仕方のないことだと言えます。
0
TEST @toiec24 2021年9月25日
[c9653361] ますます意味不明。教師が血の通った人間ゆえにって、単なる教師の感情で決めているって事じゃん。教育でもなんでもない。
5
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
toiec24 回答の正誤の基準にはなっていないんですよね、計算プリントでは答え(計算結果)はあっているが『式が違う』と言われるわけなので
0
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo 教師が血の通った人間だから何?言語だからって、勝手に個人の感情で正誤を決めて良いなんてルールはないぞ?
4
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo なんで『式が違う』の?最初の発想や解釈が違えば、『式が違う』のも当然だし。最初の発想や解釈に制限もかかってないでしょ。
4
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
toiec24 数式が文字で表されているがゆえ、数式が言語であるからこそ、この数式の表し方は状況を表していないだとかいう議論が発生します。 それを単なる教師の感情だと決めつけて思考停止するのではなく、文字(言語)というものが持つ性質だと認めないと数学的に正しい正しくないという議論とは異なる視点でかけ算順序問題を捉えることができないですね。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月25日
最近知ったリンコス(ハンス・フロイデンタール博士が宇宙人と会話するために開発した2進数で表す人工言語)でかけ算の順序をどう扱っているのかが気になる
0
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo ますます意味不明。数学的に正しい表現が何通りも存在するのは普通だし、それを否定する教師の方が思考停止でしょう。
4
TEST @toiec24 2021年9月25日
monachansdojo ならば、「20粒の実を付けたブドウが5房」と「5房のブドウに、それぞれ実が20粒」のどちらが正しく表現をしておらず。それがどういう理由で誤答となるのか。説明してくれたまえ。 話はそれからだ。
6
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
toiec24 「20粒の実を付けたブドウが5房」と「5房のブドウに、それぞれ実が20粒」両者を別の言語へ翻訳する際に、翻訳先の言語(人工言語や機械語などを含む)が曖昧さを許容する言語であれば両者とも全く同じ表現になるし、逆に表現に厳密さを要求するものであれば、この2つの文章が同じ表現になることはありません。 更に言うならば、この表現の曖昧さの許容度には同じ言語を話す(使う)グループの中でも個人差があり、それがかけ算順序論争の原因になっているのではと愚考しています。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
toiec24 更に言うならば、かけ算順序否定派(例えば積分定数さん)が言うように(人間が)かけ算の順序を気にすることは有害かもしれません。「20粒の実を付けたブドウが5房」と「5房のブドウに、それぞれ実が20粒」。この2つの文章をそれぞれ違う概念であると区別することは、状況によっては明らかに不要であり、違いを認識するリソースを他に割いた方が建設的で効率的です。ただし、それは人間の思考リソースが有限だからこそ有害になりうるのであって完全に不要であるという論調には私としては反対です。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo 正に愚考だわな。 仮に表現として違ってるとして、表す状況は全く同じだ。 てかまたやってんのかよ…
6
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
#超算数 kazukazu_ex 文法規則が人工的に簡素化された言語(ピジン語)を親世代が共通語として話すと人工言語を母語として育った子供たちが勝手に文法をどんどん複雑化(クレオール化)するように、数式も言語である以上、扱っている人たちの中で複雑な文法や語用などの新たな規則が生まれてきたと考えると結構面白くないですか? むしろ数学指導を行っている算数指導の研究者達が元々の数式とは違う用法を発見してしまうのは当然の結果だったのかもしれない。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo それは発見ではなく捏造と言う。 いい加減にしとけデマ野郎。
4
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex いや、結構いい分析だと自分でも思うよ。 降べきの順とかその代表みたいなものじゃないかな。 数式の表現方法も世代とともにクレオール化する、、、まあ話し言葉と書き言葉の違いとかはどうなるのかは知らないけど
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
数学では、文字式では、積は乗号を略し、数字前・文字後の順に書く、という表記ルールがある。https://twitter.com/flute23432/status/1441754783979753476?s=20
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
表記における慣習と表現が表す内容の正誤を同じ『ルール』という言葉でまとめようとしてる時点で分析どころかただ妄想垂れ流してるだけの駄文でしかないわ。 何が『自分でもいい分析だと思う』だ。 自惚れも大概にとけと。
5
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex 現実の事象を文字で表す際にどのように表すかというルールと文字式の表記ルールは別物ですね。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex  いや、むしろこんな感じの特集をみると、数式言語が日本語に影響を受けてクレオール化が進んだ結果、かけ算順序問題が生まれたという気がするのですが?   『クレオール化をシミュレートする (特集:言語接触が拓く世界) http://www.kl.i.is.nagoya-u.ac.jp/person/mnakamur/Research/gengo2007sep/gengo2007sep.pdf 』
0
TEST @toiec24 2021年9月26日
サッカーの試合に野球のルールを持ち込んで、ドヤ顔している馬鹿がいますね。 クレオールだの、いつから参集・数学は国語や言語学になったのか。
4
じぇいあい @JudgmentI 2021年9月26日
monachansdojo は?そっちが問いたいのは「問題文の解釈が正しいか?」やろ?なんで2進数の話が出てくるんや?問題文から適当な箇所を拾ってきて文章を解読する能力を同時に育成したいって言うからそれならそれでそのように解答させろ、問題集から問題パクってきてサボんなっつってるんだけど
4
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
toiec24 数式が文字で表されている以上、数式を人がどのように認知しているのかという考察を言語学的な視点ですることは可能ですね。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo 重すぎて読めんしそれ以前にその文献から何が言いたいのかくらい自分でまとめてから喋れよ。 タイトルからして数式と関係ない話を数式言語とかいう造語を介してそっちで勝手に関係あるかのようにくっつけてるだけっぽいけど。
3
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo いきなりリンクだけ送りつけてきてんじゃねーよ。 それでお前は何を言いたいんだ。 その特集の著者が数学と言語を絡めた話ししてんのか?
2
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex 私は文法や語法は「必要は発明の母」とよく言うように、必要性(需要)があるからこそ複雑な文法規則(省略表現を含む)や新語が生まれたり、必要性(需要)がないからこそそれらが消えていったりする他言語との交流がなかったとしてもピジン語がクレオール化する可能性はあり得ると考えているので、紹介した論文とは論点が少し違いますね。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo は?ならなぜ違う論点の論文のリンクなんぞいきなり送りつけてきてんだよ。頭どうかしてんのか。
3
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex 紹介した論文では多言語のミックスで文法が変化するとしていて、必要性で変化するという観点はあまり触れられていませんが、子供は最もふさわしく、かつ受理可能な文法を獲得するとしています。つまり、かけ算順序ルールが子どもにとって受理可能な場合、世代を得るごとに、日本でかけ算順序ルールが多数派になる可能性があり、逆に受理不能であればそうならないという結論を示唆していますね
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex どちらかというとあの論文は文法規則の変化そのものよりも、クレオール化した言語が普及して主流言語になるか否か?という点を重視しているので、日本でかけ算順序ルールが定着するか否か?という論点に触れていることになりますね。 逆に算数学会ではかけ算順序遵守派が多数派であったとしても、子供にとって受理不能であればかけ算順序ルールは普及しないという(当たり前の)結論を示唆しているようですね。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo 科学的な正誤は必要性で決まるものでは無い。 全く無関係な話をもちだして専門用語で脚色してそれっぽく見せようとして、それすらも失敗している。 みっともないことこの上ないからそろそろやめよう。
3
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex 『既存言語の類似度が高いとコミュニケーションが取りやすいため、クレオールの必要性がない。したがって言語間の類似度が低いほど、クレオールが発生しやすい。』 つまり、数式言語と日本語の文章には類似度が低いからこそかけ算順序ルールという新しい文法規則(クレオール)が生まれたのかもしれません。 状況を数式(文字)で表すという方法論なので無関係ではないですね。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月26日
kazukazu_ex 科学的な正誤は必要性で変わりませんが、表記ルールは必要性で変わりうるという話をしています。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo 表記ルールっつーか慣習な。昇べきで書かれた場合と降べきで書かれた場合とで意味するところが変わるってんならそれは科学的正誤の話しになるが?
3
aqp1 @aqp114 2021年9月26日
monachansdojo ダメです。言語というなら人工言語であり、それは自然言語とは立ち位置が全く違う。 もし数式に何か変化あるとしたら、それは自然発生的ではなく、明確な取り決めの元で世界中で同時に行うもの。数式は世界共通で使用されているもの。特定環境下で個別変化は認められない。 例えば1gが世界中どこでも同じ重さを示すように、数式も世界中で共通。 日本でも他国でも勝手は認めてはいけない。
4
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月26日
monachansdojo 自然言語同士の相互変化の話はどうあがいても無関係でしかないわ。
3
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月27日
aqp114 数式も世界中で共通、、、Σの表記の表記方法だとか÷記号だとか日本と外国で色々違ってたはずなんですけど??? 数式は世界中で共通だとかすぐに分かるウソを言わないでもらえますか? 『→もし数式に何か変化あるとしたら、それは自然発生的ではなく、明確な取り決めの元で世界中で同時に行うもの。数式は世界共通で使用されているもの。特定環境下で個別変化は認められない。 例えば1gが世界中どこでも同じ重さを示すように、数式も世界中で共通。』
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月27日
kazukazu_ex  エジプト数学では 3202+23の計算を 千千千百百一一 足す 十十一一一 は 千千千百百 十十 一一一一一 という数式っていうよりもはや絵計算とでもいうべき「桁を現す文字の数そのものでの表記」ものでやってたらしいので、時代とともに数式表記が変わる可能性はあるのですhttp://rusalka777.blog.fc2.com/blog-entry-1186.html
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月27日
aqp114 Wikipediaの エジプト式分数がかなり面白い。→ 6斤のパンを10人で分け合うとき、1人分は 1/2 + 1/10 であることを答とする。6斤のパンをそれぞれ5等分するよりも、5斤を1斤づつ2等分して1片ずつ取り、残りの1斤を10等分する方が簡単である。一方では、合理的とは思えない表示を選ぶ場合もある。リンド・パピルスの問題4は、7斤のパンを10人で分け合う問題であるが、1/2 + 1/5 ではなく、2/3 + 1/30 を答としている
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年9月27日
#超算数 7斤のパンを10人で分け合う問題を、1/2 + 1/5 ではなく、2/3+1/30を答としている。古代エジプト人にとって 2/3 は特別な数であったらしい。2/3=1/2+1/6であることを知っていたにもかかわらず、好んでこの数を用いている。また2/3を唯一の例外として、単位分数のみを表記している。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%E5%BC%8F%E5%88%86%E6%95%B0
0
TEST @toiec24 2021年9月27日
いくら虚言を駆使しようが、科学的正誤は不変だし。算数や数学は科学的正誤で正誤判断するのが前提。 そして科学的正誤では掛け算に順序はないとされている。
6
Liberdade @LiberJP 2021年9月27日
だいぶ前の超算数系まとめのコメ欄でも主張したが、まとめ主の持っている「数式は状況を表す言語」というのがそもそも間違いである。数式というのは「数以外の情報はすべて削ぎ落とされ、計算の内容を示している」だけのものであり、言語などではない。ゆえに数式から状況を読み取るなどという行為は不可能である。
7
08_Reader @08_Reader 2021年9月27日
こういう主張してる奴が実際に小学生を対象に調査したら、そいつが理想とする「順序」に従わない式を書いていた児童達も、文章題の意図を完全に理解していたっていう結果が出てたよね。
1
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月27日
monachansdojo ピジンやクレオールといった自然言語の変化の話はどこいった? やはり関係ない話で煙に巻こうとしてるだけか。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月27日
monachansdojo それを面白いと思えるなら数式の表記形式から正誤を問うべきでないというのがわかりそうなもんだが。 表記法が移り変わるのはあり得るが、科学的正当性の保証のためにはそれらは互いに対訳可能でなくてはならない。 5x3≠3x5としてしまったらもう対訳不可能。
0
ねこ博士 @kazukazu_ex 2021年9月27日
kazukazu_ex つーか対訳とか言ったら無効の思う壺か。 詭弁を詭弁とわかって話すやつだったよこいつは。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年10月7日
LiberJP 数式が数以外の情報を削ぎ落とされた非常にシンプルな文字表記言語だということは否定しませんが、逆に状況を表すには不足しているからこそ、かけ算の順序や足し算の順序(元になる数+増加分)が生まれてしまったという主張をこのまとめではしています。このかけ算順序という文法ルールが数学的な理解を妨げるのだとしても、言語文法や語用(英語で11,12だけ10進法ルールの例外表記になる)はそういうものだとしかいえないです。
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年10月7日
08_Reader 教師側が必要性にかられて開発した言語(クレオール)が、かけ算順序という文法で、生徒側が順序は不必要だということで、その文法を無視するようになったと考えると面白いですね。 例えば、中国では『伯母』は父の兄の妻(大妈)を表しますが、日本では父方だろうが母方だろうが伯母さんですね。 http://chugokugo-script.net/kiso/kazoku.html
0
もなちゃんの英語道場 @monachansdojo 2021年10月7日
monachansdojo ■伯母さん(父の兄の妻)大娘dàniáng■伯母さん(父の兄の妻)大妈dàmā■叔母さん(父の弟の妻)婶子shěnzi■叔母さん(父の弟の妻)婶儿shěnr ■平安時代くらいまでは漢字を大陸と同じ意味で使っていた(迷惑の意味は鎌倉時代に変化した)ことを考えると、このような呼称も日本に伝わってると推測(未調査、要出典)するけれども結局、日本では父方と母方の区別ゆする文化は根付かなかったわけです。
0
mega_musya @MusyaMega 2021年10月22日
とにかく冗長で何が言いたいのかさっぱりわかならないまとめ&コメントです。簡潔に書きましょう。あえて関係ない例、難しい語、表現を使う割に可換という語もでません。 文章の理解を数式で表現せよというのは意味不明なので、文章の理解を問うなら立式で評価するのではなくそれ用の別の設問を置くべきです。5x3も3x5も数学的には等価(スカラーの乗算は可換)なのでいずれも正解です。
0