2021年10月7日

こち亀で一番ゾッとした回に、あれだけすごい秋元先生が緊張感を持って連載していた背景を感じる「改めて読むとすごいリアリティある」

常に背水の陣
275
SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11

「こち亀」でなにげに一番ゾッとした回が、「両さんがたまたま書いた小説がヒットして、次作を求められるが、なかなかアイディアが出ず、何ヶ月も不眠不休で缶詰してようやく火が着いたときには、あれだけあった矢の催促は途絶え『もう売り出し時逃したんでいいです』と言われる」の話な。

2021-10-05 21:42:01
SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11

よくあの「編集さんごめんなさい!」「原稿が終わらない~」「締切が~w」的なのがネタ的に見受けられるが、あれ向こう側としては「待ってくれている」だけで、「もういいよ」となったらあっさり去ってくモンなのよな。 pic.twitter.com/ypHIPWB6sq

2021-10-05 21:44:32
拡大
SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11

逆に言えば、あの「もういいよ」のオチを思いついたってことは、その回が載っている段階で、もう十四~五年はやってた頃なので、その頃でさえも、秋本先生は緊張感を以って取り組んでたってことなんだよな。

2021-10-05 21:47:29
将監💉💉 @shougen1964

@sow_LIBRA11 連載を落とすことの無かった秋本さんがそのネタを描いてるというのも興味深い

2021-10-06 20:15:53
silver_romantic @silver_romantic

下RT 思いのままにペンでスラスラの回だな。本人の字そのままで出版され、攻略本まで出た小説。当時は飽きっぽい世相を皮肉ってるように思ってたけど、今は確かに売り時を逃したらもうオシマイという恐ろしさの話しでもあるな。

2021-10-06 22:52:15
トモアキ @tomoaki_steel

@sow_LIBRA11 57巻「文豪・両津勘吉先生の巻」ですね かと思えば小学生に太宰治について書かせたりするなど、ほんと何でもやる人だ

2021-10-06 17:19:18
ピエトロ @V0HFg4pfurfbNh4

@sow_LIBRA11 あったなぁその話。社会人になってから改めて読むとすごいリアリティがある。

2021-10-06 15:41:55
セッキー@近ごろ虚無状態 @isobeefan

@sow_LIBRA11 あの回は改めて見ると人気作品や出版社の闇を感じたな

2021-10-06 12:23:28
信賢💉💉 @Shing_keng

@sow_LIBRA11 しかもその小説が、「両津の手書きの原稿をそのまま本として出す」というとんでもないもので、両津の字が全く読めないのでNHKで特集が組まれ、「この文字は古代中国の偉人の筆跡ににせて書いてます」とか大真面目に解説してるんですよね

2021-10-06 12:03:06
原ゆうや @harayuya_yax

出版元が「鋼鉄社」だったり、両さんの下手な字が「中国の天才(書家)司馬刈と一致してる!」とか 下段に載ってる『小説・こち亀』で行数を稼ぐ為にひたすら点呼をとるとか小ネタも満載で面白かった😂 twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2021-10-05 22:33:25
カズヒコ @kyabetsu3taro1

あの回で両津が本気出して書いた小説、中川と部長によるあらすじを拾えば拾うほど『ニンジャスレイヤー』そのものなんだよな… まさかの時代が追い付いた……w twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2021-10-05 22:32:31

クリエイターにはグサッとくる

YBF @YNMLBF

怖い……饅頭的な意味ではなく怖い……。 twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2021-10-06 13:52:10
ウメ種@お仕事募集中 @umetane1

これは物書きにとって、本当に恐ろしい話。 いつ読者から見向きされなくなるかもしれない、というのは、いつも考えてしまう……。 twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2021-10-06 13:03:39
藤柳 @F_no_bot

作品も効率的に出るならそっちが編集側としてもいいにこしたことはないにせよ、聞いた私がダメージ… twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2021-10-06 13:02:41
Saki @tairar33

@sow_LIBRA11 露伴先生も「いきなり人気が無くなるのが怖い」と言って当時ジャンプで40冊ぐらい出してた荒木先生が言うのかと戦慄しましたw

2021-10-05 21:53:57
SOW@新作出すよ @sow_LIBRA11

@tairar33 「強さとは怖さを知ること」的にいいますが、そんな領域なのでしょうな。

2021-10-05 22:11:21
多忙な暇人 @S_Doichi

@tairar33 @sow_LIBRA11 ジャンプ連載の他の作品(先生)の浮き沈みを沢山見てきたからこそでは。

2021-10-05 22:06:04
ねこまた @nekomata02

あー最近はその傾向も弱くなってる気がするけど、一昔前は少年ジャンプのアンケート至上主義って有名で大ヒット作家でもアンケート結果が悪いと容赦なく打ち切りは有名だった。 アンケート二位以下は全て打ち切り候補とまで言われてものすごいプレッシャーだって語る作者も多かった。 twitter.com/sow_LIBRA11/st…

2021-10-06 21:57:10
ミヤモトユキ @yukimiyamoto

@sow_LIBRA11 旬や売り時逃してはいかんから能力… 作品は生鮮食品…… あれば私たちのダメージ回…

2021-10-06 12:28:49
残りを読む(19)

コメント

ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年10月7日
まとめ途中にある「小説家になろうは締め切りもなく各自のんびりやれるから初心者にいいよな」はとても失礼に感じました。自分のテリトリーではないですけど、あの界隈の方々が更新頻度や読者からのレスポンス、タイトルのキャッチーさやテーマの流行り廃りにどれだけ気を配ってるか少しでも知っていたら言えない台詞だと思います。
83
メイスン @mewtwo1501 2021年10月7日
urary777 なろうを軽んじるとか、そういう文脈では無い様に思いますよ。 実際にのんびり投稿してる初心者もいるでしょうし。
206
有希猫ヒメ @ayano_fox 2021年10月7日
裾野が広いからトップがトップでいられるので……
6
YF(annex38) @annex_38 2021年10月7日
どのあたりで開始当初の劇画タッチ顔をやめたのかな
0
立花ハルキ @tapparu_wj 2021年10月7日
サイト小説漫画や動画配信なんかもそうだけど「安定して定期的にコンテンツを届けてくれる」はものすごい強みだものな。もちろん「何ヵ月、何年待ってもいい」という作品もあるにはある。
97
bandain @bandain15 2021年10月7日
「キミオアライブ」はもう話題にもされないというのは悲しいな・・・
0
roostarz @roostarz 2021年10月7日
秋本先生はこち亀と平行して他の作品も描いていたことがあるから、実体験の可能性は大いにある。
22
達見ゆう@カクヨム @tattsumireds 2021年10月7日
bandain15 お亡くなりになってしまいましたから。続き読みたかったな。
3
吉田D @Yoshida2014 2021年10月7日
tapparu_wj ハンターハンターとかバスタードとかw
4
petton @n_petton 2021年10月7日
続きものだと、前回の話を忘れちゃうと続編が出てももういいやってなっちゃうしな
16
コン蔵 @konzopapata 2021年10月7日
あの話、何が流行るかは誰もわからないってのも 怖い
3
タイラー・ダーテン @NoisyDog11 2021年10月7日
仕事として金と他人が動く以上は『納期』は絶対に避けられない問題だからな。ある作家先生が言ってたよ。「これが完璧な作品じゃないことは私自身が一番よく分かっている。それでも恥を忍んで衆目に晒す覚悟もまたプロには必要なのだ」 それにブームは絶対過ぎ去るからな。勢いがあるうちが勝負なのよ。
52
真砂 @okayasumasa 2021年10月7日
NoisyDog11 ラーメンハゲの「うまいラーメンを目指しているうちはアマチュア、うまい店を目指してこそプロ」に通ずるところがある。瞬間のクオリティではなく、常にある程度のクオリティで出し続けることこそ「プロの仕事」なんだよな。読切が好評だったのに連載でコケる漫画家がどれだけいるかっつー話で
29
Walking Dead @TTTVD_101 2021年10月7日
「商業なんて負担がデカいだけで今は個人発信の時代!」とか息巻いてる作家がたまにいるけど、商業から逃げずにやり続けられるのはそれだけですごいことなんだよなあ
2
すらーく @slarq 2021年10月7日
Yoshida2014 この手の話題で必ず話に出てくるバスタードだけど、ハンタと並べられるほど待ってる人いる?
35
DWIW@柿食えば_鐘がなるなり_モドリッチ @IWDWIW 2021年10月7日
urary777 少なくとも金銭の発生する「仕事」ではない。出版社と結んだ契約がない以上、投稿頻度も自分で決めれば良い。プレッシャーのキツさに耐えかねて辞めるも自由。 ハーメルンでも各々自分のペースで投稿している。作者によっては一年振りに続きを投稿するし。
25
♀️piggy♀️ @MesBta 2021年10月7日
上手いけど完成が遅くて締切を守らない絵描きとそこまで上手いわけでもないけど手が早い絵描きだとまあ後者が重宝されるよね。なんでこの画力で商業の仕事があるんだって絵師は大抵後者
21
高村武義 #WalkAway @tk_takamura 2021年10月7日
ボトムズで有名な髙橋良輔は、OVAメロウリンクのノベライズを手がけていたが、これは1巻だけで尻切れトンボ終了した。後日高橋監督は1巻打ち切りの原因について、2巻がずっと書けず、やっと完成した時には出版社から”もう売り出し時逃したんでいいです”と言われて、受け取りが拒否された、と言ってたな。
13
ディー @DDcmdd 2021年10月7日
何年でも待って新刊が出たら買ってくれるようなファンがつく作家は、本当に一握りの上澄みなんだなぁ
4
hizen31415 @hizen31415 2021年10月7日
urary777 mewtwo1501 あの界隈での中堅以上は更新ペースを維持するために「事前に十分に書き溜めてから、それを小出しに掲載する。」という手法を使ってます。 そういう努力をするくらいには更新ペース(締切維持)が大事ということを理解してます。 一方で大量の書き溜めが許される程度にはアマチュアの世界でもあります。
48
たか子 @takakomitsumugi 2021年10月7日
漫画家や小説家、クリエイターで無茶して早死にしてしまう人は、仕事内容が過酷もあるけど、忘れられないように、目の前仕事にかぶりつく余りに無茶してしまうんだろう。一度浴びた注目が来ないって多分凄くしんどいだろう。通常の仕事だって、必要とされないは精神にくる。
8
mi-wa @miwasan38 2021年10月7日
tapparu_wj この人にしか絶対描けない、そのジャンルの圧倒的第一人者のみが許されし神の称号。なおそのまま神に本当に召されてしまう笑えない現象も多々ある…。
1
伍長 @gotyou_H 2021年10月7日
作家としての大変さなら、作者に代わって両津に漫画描いてもらう回とか、商業デビュー前の山止たつひこ君を指導してあげる話とかもある。 この話の方は、「ちょっと人気出たり出なかったりで態度がころころ変わる周囲」の方がメインなんじゃないかな。
2
あや🛡 @twittakiru 2021年10月7日
消費だけする側が一番残酷
8
Elear @Elear10 2021年10月7日
twittakiru 消費して需要を産まないとそもそも供給されないんですよ?
15
てす子 @6QLtCeBvX0edKTB 2021年10月7日
tapparu_wj 絶対に安定定時更新するはずの個人web漫画が告知なしで更新やレスポンスが止まって「作者の身に何かあったんでは」と思ったファンが作者探し当てたという事例があったな
18
viv. @viv93591719 2021年10月7日
なろうが初心者向けっていうのは入り口の広さを語ってるだけだろうし、そもそもそういうサイトだったのでは?とも思う。誰でも小説家になれるから小説家になろう、なんでしょ。
13
くま(^(エ)^)ノ @kma_twi 2021年10月7日
6QLtCeBvX0edKTB 胎界主ですね。2020/05/30頃のこと。 『15年連載し続けたweb漫画の更新が突然途絶え、ファンが作者の住居連絡先を探し当てるまで発展【胎界主】』 https://togetter.com/li/1539960
9
シロクロ @BlancNoir_nanto 2021年10月7日
Yoshida2014 『皇国の守護者』コミック版とか…(´・ω・`)
2
名無しのえまのん @477_emanon 2021年10月7日
個人の経験と偏見だけど同人上がりっぽくてメジャーじゃない雑誌に連載してる人ほど描き続ける持久力が無いイメージ 休載多かったり、かと思ったら別の作品描いてたり
5
あや🛡 @twittakiru 2021年10月7日
Elear10 それもそうなんですよね…
1
銀の人(毒吐き仕様) @SilverColor_01 2021年10月7日
urary777 もともとあくまでも趣味で書いてる人やアマチュアが気軽に発表できる開かれた場、創作SNSとして公開されたサイトですので…。プロがしがらみなく書く為に利用するケースも見たことありますね。その開かれた門戸や大衆性ゆえに生まれた作風や文化といったものも多いので、プロや上の世界を目指して利用してる一部の人たちをサイトや住人基準と考えて変に高尚な場所として扱わない方がいいような気もします
34
masano_yutaka @masano_yutaka 2021年10月7日
まとめ内「選考で取り違えられる」系だと、両津の実家にあった古い陶器を部長が鑑定する回で、中川がイタズラで「本物を混ぜたら部長は気付くのかドッキリ」をやったら、部長は両津の家から見つかるなんて全部偽物だ! って言って国宝の茶碗を割ってしまう回。 
0
未琳 @beloplake 2021年10月7日
477_emanon 「商業で仕事をした」という称号が欲しいだけの同人作家も多いイメージ
3
通りすがりの者 @RqXWG1GJ6FEyUes 2021年10月7日
冨樫は「ジャンプ漫画家」の肩書きが欲しいだけだから…
1
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年10月7日
mewtwo1501 SilverColor_01 IWDWIW hizen31415 お説ごもっともで自分も少し物言いがキツかったと反省しましたが、「素人だし締め切りに追われなくて良くて、楽しく書けていいところ」は住人が言うべき台詞であって、「あいつらは良いよな」と言われると、んん??? バカにしてる? ガチでやってる人も沢山いますけど? と思ってしまう、という個人的な感想でした。お騒がせして申し訳ない。
17
ウラリー㌠💉💉 @urary777 2021年10月7日
RqXWG1GJ6FEyUes どちらかというと、ジャンプ側が「富樫先生が書いてる雑誌」の肩書を欲しがってるんじゃないすかねw
11
pintu_darurat @langsung_ke 2021年10月7日
関係ないけど「小説・こち亀」のツュッツェ某氏とホァッヒョ某氏は缶蹴りの代表選手としてシドニーオリンピックに出場してそう
1
Walking Dead @TTTVD_101 2021年10月7日
冨樫に関しては編集部が意地でも手離さないでしょ。森田まさのりなんて「連載キツイから隔週にしてくれ」とかなんとか編集に言ったら問答無用で「余所の雑誌行けば?」って言われたのに、冨樫はいくら休んでも好きな時に掲載させてもらえるし売り上げ爆伸びする辺り才能isパワーって感じする
5
名無しのえまのん @477_emanon 2021年10月7日
beloplake すごい納得、ありそう そしてプロフに商業誌連載について書いてそう(偏見)
2
吉田D @Yoshida2014 2021年10月7日
slarq 最初の頃は居たと思う。
3
クイバチカ @quibachika 2021年10月8日
実際ジャンプ打ち切り食らう時は「あの作品、そろそろ終わりにしていいよね?」と声をかけられるらしいので、なかなかキツい
0
チャダ @puppetmaste2501 2021年10月8日
GO TO HEART待ってたんだけれどなぁ…。
0
すらーく @slarq 2021年10月8日
Yoshida2014 もうそろそろ単行本が最後に発売されてたから10年だし知る人ぞ知るな漫画になったよね。個人的にはメタ=リカーナ崩壊からの第2部からなんかグダっちゃったなーという印象。
0
きんだいち @kanedaichi4 2021年10月8日
なお100以降だと、「秋本先生は保護されているッッッ」とか言われるようになってしまった・・・
0
alan smithee @alansmithy2010 2021年10月9日
BlancNoir_nanto あれは原作者遺族がうちきらせちゃったから...
2
PPP@乙倉P @rare_xe 2021年10月10日
出版社からしたら「売れるか売れないか」でしか作品を見ていないんだなあと思う。仕方がないことだけど…
0
ペンギン海未ねこちゃん @Penginumineko 2021年10月11日
urary777 そもそもなろうって趣味で書いてる人も大勢いるのでは?全員が全員プロ志向で掲載してるんですか?
2
ザンちゃん(マクハキカン) @zanchann 2021年10月11日
人気無くて3巻あたりで打ち切りが当たり前の今の時代だと、確かに恐怖だな……。
0
ぱんどら @kopandacco 2021年10月12日
urary777 「初心者にとってありがたい」のであって、レスポンスや更新頻度を気にしてる人は既にもう初心者じゃないということでひとつ。
1
ぱんどら @kopandacco 2021年10月12日
slarq まだきっといるはず。なお私はもう待ってない。
0
OK-EGG @OKEGG5 2021年10月13日
喧嘩稼業もいつ再開するんだろう 作者が重力に負けたのが悪いのか、それとも作者にだけ重力を倍にする地球が悪いのか
0