2021年10月26日

ricky氏:MMTにおける金利政策の理解

『MMTがいっているのは、デフレ不況に叩き落すことによってしか確実に金利政策を機能させることはできない、という話。そんなことをしなければ使えないものは政策手段としては無意味。』
1
wankonyankoricky @wankonyankorick

やっぱりこの人、なんにもわかってない。。。。 財政赤字でも政府支出できるのはなぜ? 経済学者・松尾匡氏が語るMMT理論に対する誤解と疑問点 #BLOGOS blogos.com/outline/423481/

2021-10-21 15:20:32
リンク BLOGOS 財政赤字でも政府支出できるのはなぜ? 経済学者・松尾匡氏が語るMMT理論に対する誤解と疑問点 「財政赤字でも政府は財源を気にせず政府支出すべき」というMMT理論が国内外で注目を集めている。「反緊縮」経済政策を訴える政治家に援用される機会が増える一方で、懐疑的な見方も強い。MMTとは一体どんな理論なのか、どういった点が注目を集めているのか。反緊縮政策を主 122
wankonyankoricky @wankonyankorick

「金利を50%にあげる」って、なんの金利の話か。無担保翌日物だったらそんなに上げようない。なぜなら民間銀行が夜間準備を必要とするのは所要準備を満たすためだけだから。だから所要準備未達のペナルティー金利を超えてオーバーナイト物金利が上がることはない、というのがMMTの論点。ついでに言えば

2021-10-21 15:20:33
wankonyankoricky @wankonyankorick

、「極端な話50%の金利にしたらデフレ不況に叩き落されるでしょう」と。これは正しい。MMTがいっているのは、デフレ不況に叩き落すことによってしか確実に金利政策を機能させることはできない、という話。そんなことをしなければ使えないものは政策手段としては無意味。 ついでに言っておけば、MMTは

2021-10-21 15:20:33
wankonyankoricky @wankonyankorick

「金利を上げても効果がない」と言っているのではなく、「どう働くかわからない」と言っているん。それはその時の情勢によって左右されてしまい、事前には不可知だ、と。ただ金利を引き上げるということ自体は、民間部門全体にとっては純資産の増加率を高くすることになるわけだか、頭から「金利を

2021-10-21 15:20:33
wankonyankoricky @wankonyankorick

引き上げれば景気鎮静効果がある」なんてことは言えない、と言っているん。松尾さんのこれを読んでいて、ものすごく頭が悪く感じるのは、実際にMMTが言っているのは「標準的なエコノミストたちはは金利政策が『効く』という前提で話をしているが、そんなことはわからない」と言っている、つまり

2021-10-21 15:20:34
wankonyankoricky @wankonyankorick

「最終的には実証で決める問題だと思っていて、」というのであれば、MMT派に対して言うのではなく、あなたの属している学会で「金利政策は有効」と吹聴している連中を相手に、そう発表しなくちゃならない。うそぶくべき相手を間違えている。これまであなたは一度でも「金利政策は有効だ」と信じている

2021-10-21 15:20:34
wankonyankoricky @wankonyankorick

人たちに向かってそういったことはあったのか? それなしにこんなことを言っているのだとしたら、嘘つき、詐欺師、、、、と言われても致し方ないのでは?

2021-10-21 15:20:34
wankonyankoricky @wankonyankorick

「ゼロ金利を維持し、中央銀行がお金を作るとすれば、これは世の中で言われている「金融緩和」ですよね。」って、、、、緩和じゃないよ。緩和ってのは、高かった金利を引き下げるってことじゃないの?だから景気が良くなったら引き締める、と。それじゃ「恒久的」じゃない。MMTが言っているのは、

2021-10-21 15:24:19
wankonyankoricky @wankonyankorick

論点がいくつかにまたがっているけれど、一つは、そうやって金利を中央銀行が上げ下げすること自体が、経済の安定ではなく、不安定化を促進しているんだ、って話。

2021-10-21 15:24:20
wankonyankoricky @wankonyankorick

(政策)金利を50%に引き上げたとき、なぜ経済崩壊が起こるのか、と言えば、企業が投資を手控えるから、というよりはまずは金融市場がパニックになるから。しかしそんな金融政策のルートを書いてある教科書なんかないだろう、と。結局、自分たちが普段言っていること以外の要素を場当たり的に密輸入

2021-10-21 15:35:27
wankonyankoricky @wankonyankorick

することによってしか、ご自分の言っていることを正当化できないのではないか。(´・ω・`)

2021-10-21 15:35:28
wankonyankoricky @wankonyankorick

企業にしてみれば、投資を手控えるどころではない。過去に行われた一連の投資がすべて赤字になるだろう。逆に言えば、もし金利上げ下げによって製造業の設備投資がコントロールされるようなら、こうした製造業者たちはほんのわずかの金利の上下ですぐに赤字になってしまうような投資を常にしている

2021-10-21 15:35:28
wankonyankoricky @wankonyankorick

ことになる。こうした矛盾がわからないのだろうか。。。。。(´・ω・`) 実際には製造業の設備投資なんかは、金利が上下するのを見て投資のタイミングをずらすか、金利の調達方法・調達先を変えることができる程度でしかないし、中央銀行だってそれ以上極端な政策なんか取れない。もちろん「恐慌になれば

2021-10-21 15:35:28
wankonyankoricky @wankonyankorick

過熱を抑制できるのだから、実行しよう」という中央銀行関係者がいないとは限らないが(現に過去にはいたし)。

2021-10-21 15:35:29

関連まとめ・記事

まとめ 金利政策の具体的効果の考察 / 自然金利に関する考察 中央銀行のコールレート操作、いわゆる金融政策に意味はあるのか? https://togetter.com/li/1361543 からの抜粋。 2382 pv 58 2 users
まとめ 中央銀行の金利政策についてさらに考えてみる 最近もらった反論も加えつつ。以下関連togetter。 『中央銀行のコールレート操作、いわゆる金融政策に意味はあるのか?』 https://togetter.com/li/1361543 『金利政策の具体的効果の考察 / 自然金利に関する考察』 https://togetter.com/li/1379143 2318 pv 15 1 user
リンク papers.ssrn.com 異端派におけるMMT批判の懐疑的検討 / A Skeptic Analysis of the Criticism of MMT from Heterodox Economics 日本語要約 [Japanese Abstract]:<br><meta name=

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?