【あらし・完全版】福間健二 fukuma10k

一日一回ずつ10回完結でtweetされる、福間健二さんのtweet詩をまとめています。今回は【あらし】の完全版。 「『それで、あなたの良心は?』きみを目覚めさせた王子の微笑みはブームが去り、この剣は、どんな正しさからも自由になりたい剣だ。だれの書いた道順も信じない。迷っていい。迷わせていい。」(あらし4より)
1
福間健二 @acasaazul

「あらしを鎮めてください」ときみは言った。阿佐ヶ谷の、篠原病院の裏のアパート。泣きだす窓の下の濁った川から、1972年、殴打された頭蓋のなかの、荒れ狂う夜の海にむかって。我慢し、我慢しきれなくなって、ぼくは魔法を使い、きみは長靴に囲まれる眠り姫。(あらし1) #fukuma10k

2011-08-17 06:42:53
福間健二 @acasaazul

「わたしたち、どんな悪だくみにかかったのでしょう」。伸びる素材のドレスのおかげで、眠りながら成長した。きこえる音楽は、流行りのグラムロック。そのあいまに汚辱にみちた世界史を語る声。暗殺。処刑。あるいは、普通に事故で死ぬ。その前に何がしたい?(あらし2) #fukuma10k

2011-08-18 07:34:52
福間健二 @acasaazul

「話を聞いているのかですって。ええ、一所懸命」。さまざまの小さな望みが鼠のように始末され、きみの未来のおしりは赤く腫れている。もう飽きただろう。天沼の陸橋に立つボランやボウイたちの化粧にも、姿を消して次にあらわれる機会を待つ父たちの物語にも。(あらし3) #fukuma10k

2011-08-19 08:31:39
福間健二 @acasaazul

「それで、あなたの良心は?」きみを目覚めさせた王子の微笑みはブームが去り、この剣は、どんな正しさからも自由になりたい剣だ。だれの書いた道順も信じない。迷っていい。迷わせていい。阿佐ヶ谷では、詩人の谷川さんを訪ねる人たちも道に迷ってるけどね。(あらし4) #fukuma10k

2011-08-20 08:33:07
福間健二 @acasaazul

「よいおなかに悪い子ができた試しはいくらでもあるでしょう」。迷ってるうちにもあらしが何度か。悪い子、悪い夢、悪い国に人々は慣れていくが、抵抗する「あの子」の胸に迷い込んで遅れるぼくの中央線は届かない。ミランダ、きみの、その、まだきつい器官に。(あらし5) #fukuma10k

2011-08-21 08:01:43
福間健二 @acasaazul

「男の子たちの話をする仲良しのおねえさんもいないんだわ」って、パンクの季節になっても、きみは「調教」の呪いがとけないお嬢さんだ。階下では、見知らぬおじさんたちが遺書を書いている。懲罰の広間。スクリーンには、山口百恵。帰る場所のない孤独。あの子。(あらし6) #fukuma10k

2011-08-22 08:54:54
福間健二 @acasaazul

「王様、王様、そっちへ行ってはいけません!」と、1980本の串のコーラス。同時代の気分になじめぬ王様は荻窪の「カッパ」で飲む。いつもなにか叱られながら。ぼくは教師になった。夏休みは、NY、ロンドン、パリ。どこも、雨。きみのレプリカとすれちがう。(あらし7) #fukuma10k

2011-08-23 09:04:03
福間健二 @acasaazul

「人間というものがこれほど美しいとは思わなかったわ」。いつでも、ぼくはきみがこの世で見た三番目の男。眠りながら知らぬまにきみは魔物と一緒に成長した。無人島の物語。酔ったきみの錯覚の世界。嘘でも、Get It On、ぼくの器官はあらしを呼ぶ発明だ。(あらし8) #fukuma10k

2011-08-24 07:40:06
福間健二 @acasaazul

「あら、いまのはごまかしよ」。わかった? 破滅しない王子や妖精の先まわりをして、海のない三鷹まで来た。人に恐怖あたえないけど慈悲もない世界。きみにも自分にも嘘をつき、これを作った醜い男はゲームの天才だ。彼と別れて「婆娑羅」で飲む。あらし来い! (あらし9) #fukuma10k

2011-08-25 08:23:55
福間健二 @acasaazul

「それからどうしてこの岸辺に?」ときみは言う。天国のようなビルの窓から、思い出す夏、発熱してうるおう器官の奥の、さびしい長靴たちに。何を使おう。そう、妖精戦争の、許す力と魔物のぼく。自分のあらしと和解して、一番静かなきみに会いに来たのさ。(あらし10) #fukuma10k

2011-08-26 08:37:21
福間健二 @acasaazul

朝のツイート詩、「夏の夜の夢」につづいて、シェイクスピアから題とその他もろもろを借りていく「あらし」です。イギリス文学やってよかったことは(その場の気分でいろいろと変わりますが)、なんといってもシェイクスピアとディケンズ読んだことですね。

2011-08-17 23:17:14

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?