2021年11月2日

滋賀にある博物館「観峰館」はすごいぞ!

習字の日ときいて、以前おとずれて驚いた「書」の博物館についてのツイートをまとめました。
41

観峰館(かんぽうかん)は、滋賀県東近江市五個荘竜田町に所在する「書の文化にふれる博物館」がメインテーマの博物館である。

Wikipedia 観峰館

うにゃ子 @unyanyako

滋賀県は東近江市五個荘にある博物館、「観峰館」開館25周年秋季企画展「耄耋(もうてつ)ってニャンだ!?-吉祥の願い-」に、いってまいりました。 耄耋(もうてつ)って猫と蝶のこと。猫とちょうちょの絵、見たいみたい!と思って機会を狙ってたのでした。 youtube.com/watch?v=nIqGao…

2020-10-31 23:21:48
拡大

注)2020年の特別展です。

うにゃ子 @unyanyako

ふわっふわの猫を描く画家さんがいれば、ドラネコっぽい猫を描くひともいていろいろ。でもみんなかわいい。 耄耋図の典型は、猫と蝶と花。猫は岩に乗ってることが多くて、花が最も美しく咲く正午頃として、猫の瞳は針のように細いことが多い。 pic.twitter.com/OdPm5HsTg8

2020-10-31 23:40:05
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

耄耋図ではないけれど猫、という絵も展示。現実世界の猫も長毛・短毛いろんなのがいるし、こんな猫いるいる!って感じ。 pic.twitter.com/PqOGQQLhrj

2020-10-31 23:47:03
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

と、展示物をガンガン撮影してますが、ここ観峰館さん、展示の撮影OK!他のお客が写り込まないように注意すればどこもかしこもOKなのです。すごい太っ腹! 「書の文化」を紹介する博物館として、日本習字の創設者原田観峰の収集した近代中国の書画や歴代の碑版法帖類などを展示しています。 pic.twitter.com/EwHbEe8CVp

2020-10-31 23:59:29
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

これがその原田観峰さんとその書。ヤギヒゲでいかにも書家。でもとてもニコニコしてて優しい先生、って感じ。字もおおらかで優しい感じで好きだなあ。 あと、ここ、建物や内装が素敵なのでした。各部屋、床材が独特だったりして、とてもおもしろい。 pic.twitter.com/7R9jamzVfY

2020-11-01 00:17:10
拡大
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

次の部屋に行くと巨大な中国の獅子やら巨大な硯やら巨大な扁額がお出迎え。碑文の拓本なども。すごい、中学校のときの書道の教科書に出てきたみたいなのの本物だー。(中学生のときは拓本とは思わず昔の中国の文字はどうして黒地に白抜き文字なのか不思議だった。) pic.twitter.com/AFhJdrOLKb

2020-11-01 00:42:26
拡大
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

甲骨文字のレプリカとか、大昔の中国の文字をお手本に小昔の中国のひとが書いた書とか、竹を模した硯とか、しいたけに見えるけど霊芝を模した硯とそれを入れる箱とか。 pic.twitter.com/Wtg4oD7fNo

2020-11-01 01:03:06
拡大
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

6階建ての建物で、一番上は展望室、5Fは書画(今回の特別展、耄耋みたいな絵とか)、4Fは書道の見本、3Fで碑文の拓本…と、写真はあまり撮ってないけど拓本や書はすごくたくさんあったのでした。解説に大篆や小篆という言葉が出てきて、円城塔の文字渦読んだときにちょっと調べたなあと思いました。 pic.twitter.com/FteNvap2BI

2020-11-01 01:16:36
拡大
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

建物に入ってきたときにあった扁額「避暑山荘」清朝時代に康熙帝が作った離宮で世界遺産になっている。その中の「澹泊敬誠殿」の内部を「うちにも作ってください」とお願いして作ってもらったと、解説ビデオで言ってたとおもう。一体なぜここに。とにかくすごい。あとここの床材が美しかったー。 pic.twitter.com/aYn5LALTnS

2020-11-01 01:47:43
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

こんなに時間かけるつもりはなかったのでハロウィンにちょうどいいわと思ってたのですが一日遅れました。 観峰館にあった、中国の象の置物についてたコウモリ。 pic.twitter.com/RHi4KQxO4U

2020-11-01 01:52:04
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

もらった順路に従って外に出たら、なんと。石碑のレプリカがたくさんあるのです。これにはだりんさまがいたく感動していた。 この石碑の元にしたのはいつの時代の拓本、とか解説に書かれてあるのがすごい。綺麗だなあ、お手本にする字。実際に拓本を取らせてもらえる会なんかも開かれているらしく。 pic.twitter.com/OyKgbK12E6

2020-11-01 02:01:47
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

回廊になっている展示室。主に拓本を展示してある。椅子が素敵なのだった。 突き当りには乾隆帝の書斎の復元が。(写真映り込みはげしくてうまく撮れなかった) pic.twitter.com/1izjX8pkbl

2020-11-01 02:07:43
拡大
拡大
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

最後に西洋アンティークなども見て… 原田観峰さんのコレクションだったのかなあ?クラシックカーとかも置いてあった。 オルゴールやシンギングバードはYou Tubeで音が聞けるみたい。You Tubeでは今回の特別展、「耄耋ってニャンだ!?」についての解説なども。 youtube.com/channel/UCjST6… pic.twitter.com/9wqPkorIr5

2020-11-01 02:17:09
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

観峰館さん kampokan.com  行く前にHP見たんだけれど、こんなにすごいところだと思ってなかったのでした。ちょっと前に今やってて行ける美術展検索してはじめて知った博物館でした。 びっくりしたし感動したので連ツイート。これはアンティーク館前にあった座っていい椅子。 pic.twitter.com/FE8kq2cw2i

2020-11-01 02:22:25
拡大
うにゃ子 @unyanyako

書についての博物館、ってことくらいは知ってたので、コロナ対策で入館時に連絡先と名前書く紙にえんぴつで字を書いたときにあまりの雑で汚さに「もうちょっと丁寧に書けばよかった・・」と思ったけれども後の祭りでそのまま渡した(笑) これは回廊にあった椅子。背は絵のように見える模様の石。 pic.twitter.com/jScxI80K4l

2020-11-01 02:27:43
拡大
拡大
うにゃ子 @unyanyako

観峰館さん、写真撮り放題なのもすごいし、特別展の音声解説はQRコードで読み込んだら自分のスマホで無料で聞けたのも本当に太っ腹。作品についている文字の解説も、とてもわかりやすくて丁寧なのもよかったです。面白そうな企画展があれば、ぜひまた行きたいなあ…。 pic.twitter.com/j6TlYlbSat

2020-11-01 02:40:14
拡大
 とにかくすごいのでHPでバーチャル体験だけでもしてみてほしいです。現地はもっとすごい!

コメント