デフレの原因はサービス残業?

岡田直樹 @ishtarist 氏によるデフレと労働者賃金未払いとの関連に燗する考察 途中で寝落ちしたので罪滅ぼしにまとめました。
サービス残業 考察 経済 デフレ
worthmine 10993view 25コメント
44

限定公開の新機能が大好評!

プライベートなツイートまとめの共有がもっと簡単になりました。フォロワーだけに特別なまとめを公開しませんか?メンバー限定はメニューから設定可能です。詳細はこちら

ログインして広告を非表示にする
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:20:27
    覚え書き。サービス残業とデフレのメカニズム。あるいは逆に、労働基準法を各企業に遵守させれば、どのようにしてインフレが起きるのか。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:27:24
    各企業が労働基準法をきちんと遵守しているという条件の下では、利益率の低い企業は、できる限り低賃金で労働者を募集せざるをえない。つまり、企業の利益率が表向きの給与体系にそのまま表れる。当然、優秀な人材は給与が高いところに集まることになるだろう。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:30:45
    ところが、労働基準法がまともに機能していない現在は、同じ給与であっても、労働時間の長さあるいはサービス残業の有無によって、現実の時給が著しく異なる。どれほど非効率的な企業でも、平均的な・あるいは高めの給与で労働者を釣っておいて、毎日12時間とか働かせれば、赤字にならなくて済む
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:32:14
    労働者は、会社に入ってみるまで、そこがブラックなのかグレーなのか白いのかさえ、ほとんど知る術がない。つまり、現状では、労働市場を通じた企業の淘汰がまったく行われようがない
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:36:59
    労働基準法が遵守されていない現状の日本では、実質的な時給をほとんど歯止めなく―すなわち人間の生理的・物理的・精神的限界まで―低下させることが可能である。「最低賃金」にはもはや何の意味もない。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:39:33
    それゆえ、サービス残業が蔓延している業界(家電量販店とかホテル業界とか)では、現実的な時給の歯止めなき低下によって、価格をどこまでも下げることができる。そして一社がそのような違法を行えば、価格競争によって、他社も追随せざるをえない。そうして業界全体で価格破壊が起きる。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:42:53
    労働基準法さえまともに遵守されていれば、ある一定以上に給与を下げることは事実上不可能になる。それは、一つにはもちろん最低賃金が法定されているからであり、もう一つは、名目上の、公示された時給と事実上の時給が一致するからである。それゆえとめどなき価格破壊、すなわちデフレは起きにくい。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:46:11
    ともあれ、このような状況では、各社は正当な価格転嫁を行うことができない。まして、日本の経済全体でサービス残業が蔓延しており、労働者の所得総額が上がらず、それゆえ個人消費総額も拡大しようがない状況において、商品やサービスを値上げすることは、即座に企業の死活問題に繋がる。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:49:08
    つまり、サービス残業は、同じ業界内で一社が行うと他社も追随せざるをえないという水平的伝播と、サービス残業による所得総額の抑制による、消費者からの価格競争への圧力という循環的伝搬と、二重の仕方において、日本の経済システム全体を拘束している。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:52:47
    ちなみに、サービス残業や派遣労働の蔓延は日本の製造業の国際競争力が失われたことが原因である、と経済学者たちは言っていますが、これはデタラメだろうと僕は考えています。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:54:33
    というのは、僕が知っている限りにおいて、日本において不払い労働が蔓延しているのは、製造業よりも、小売り業などのサービス業や運輸業、国際競争など本質的に無関係の業種だからです。それよりむしろ、サービス残業の蔓延こそが日本の製造業における国際競争力を失わせたと言えます。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 03:59:15
    というのは、日本経済がデフレになればなるほど、円の価値は相対的に高まるからです。たとえば、1ドルで売られているハンバーガーが200円から100円になれば、円の価値は二倍になります。そうすると、もともと日本で200円の輸出製品は、海外で1ドルから2ドルになるわけです。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:04:49
    もう一度言いますが、デフレの原因は、金融政策的なものではなくて、サービス残業にあります。どれほど銀行や各企業にお金があっても、それが労働者に、すなわち消費者にまわらなければ、商品やサービスの価格は上がらないのです。こんなごくごく当たり前の話を、大部分の経済学者はわかっていません。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:08:56
    じっさい、小泉政権時代に、日銀当座預金残高を6倍に増やした、すなわち量的緩和を行いましたが、マネーサプライはまったく増えず、デフレが解消しませんでした。当たり前ですよね。経済システムの根幹である生産-個人消費のサイクルが停滞あるいは縮小している状況では、企業は投資しませんから。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:10:24
    つまり、銀行がどれだけお金をもっていても、まっとうな経済成長がみこめない状況では、企業は借りようとしない。そしたら市場にお金がまわらない。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:13:32
    また、たとえば外需や財政出動によって企業の売上高が増えても不払い労働によって企業がオペレーションを回すことができるならば日本全体としてみれば、とうぜん個人消費総額は増えようがないわけです。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:14:55
    本来は、つまり、まともに労働基準法が遵守されていれば、外的条件により企業が忙しくなれば、残業手当を出したり、あるいは新たに労働者を雇ったりして、給与支払い総額は増えるはずです。そうすれば個人消費が増えて、さらに企業の売り上げが増える、という好循環が生まれます。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:16:48
    ところが、サービス残業が蔓延している状況で、企業の売り上げが増えても、その負担は労働者が一方的に担い、その利益は企業が一方的に享受する。そうすると、利益率は増えても、本来あるべき生産ー消費拡大の好循環のサイクルが完全に途切れてしまうわけです。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:18:28
    これは、逆に言えば、財政出動の乗数効果が著しく低減してきた、ということを意味しています。わかりやすく言い直せば、どれほど国が公共事業にお金を注ぎ込んでも経済全体が良くならないため、税収が増えないわけです。そうやって借金ばかりが増えていったのが今の日本の現状ではないでしょうか。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:20:34
    こうして国の借金が著しく増え、その負担がおそらくは消費税増税として、私たち消費者に帰ってくる。そして個人消費が減り、さらに企業がリストラを行い、さらに個人消費が減り・・・悪夢のような話です。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:24:28
    たぶん、年間で40兆円ぐらいが不払い労働の被害額であると私は概算しているわけですが、それがどれほど、マクロ経済的に影響を及ぼしているのか、それをきちんと考察してきた人は、私は寡聞にして知りません。いずれにしても、分析が必要だと思います。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:26:47
    少なくとも、GDPの1割近い額の賃金の不払いという違法な状況を改めない限り、財政出動も、金融政策も、まったく効果がないということ、そのことを日本の政治家さんたちには認識してもらう必要がある、と僕は考えています。
  • 馬。 @ishtarist 2011-08-28 04:28:02
    まだまだサービス残業問題にかんして、他にもマクロ経済的な、あるいは社会システム論的な効果があるわけですが、またおいおい書いていきます。
  • 発端のつぶやきのまとめは以上。

    せっかくなので私個人の考えも書かせていただきます。

  • 吉田勇気 @worthmine 2011-08-29 00:14:14
    日本の大手製造業は円高を背景に、安易なコストダウンの方法として部品の製造や製品組み立て拠点を海外に移転してきた。そのことによる国内の労働市場の縮小化、単価の低下も国内の個人消費の縮小の一因であろうかと思われる。

コメント

  • 吉田勇気 @worthmine 2011-08-28 23:55:39
    どのようにして企業に労働基準法の遵守を優先させるのか?というのを考えたときにやはり、罰則の強化だけではなく、なんらかの補助金が必要だと思います。企業に利益誘導をするかわりに遵法させる何かですね @ishtarist
  • 吉田勇気 @worthmine 2011-08-29 00:38:13
    私自身の考えを追加しました。
  • 雪ノ丞 @Yukinojo 2011-08-29 01:23:49
    サビ残が社会問題化してるくらいだし、期限付きで労基署の人員増やして業務をノルマ制するのが手っ取り早いんだろうけど・・・それはそれで後々に禍根残しそう(--;
  • 入院 a.k.a. 観客@つくばもん @sho_youma 2011-08-29 07:00:43
    価格もそうだけど、高い賃金周りが提示してたら、自分とこもそうしなきゃ、って思うだろうしなぁ。で、サビ残で調整……。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2011-08-29 07:27:54
    デフレは個別価格の低下ではなく物価の低下なのでサービス残業がデフレの原因というのは正しくないでしょう。
  • teruoharuo @teruoharuo 2011-08-29 07:47:56
    景気が良くなって労働需給の状況が逼迫すればサービス残業が減るといった景気とサービス残業の関係は相関する事はあるかもしれないけど因果関係にはないでしょうね。景気悪化で労働分配率が均衡水準より高くなれば労働条件は悪化するんですよ
  • ヴァラドール @_Vorador_ 2011-08-29 10:27:31
    デフレに関しては円高続きで輸入品の価格に物価がひっぱられてる感じかなー あとは若者が本当にお金ないから高いものを買わない 何故お金がないかっつーと給与と労働が見合ってないからとしか 国民に金がわたらなきゃ消費なんて起こるわけないからなあ
  • BugbearR @BugbearR 2011-08-29 10:53:05
    本当にサビ残で価格競争が起きているかどうかは検証しないといかんところですね。たぶん価格競争に対する寄与はあまりないと思う。どっちかというと海外の安い製品/労働力との競争なんじゃないのかな。
  • ささ @sasa_xp 2011-08-29 11:07:22
    逆じゃない?輸入品やら海外の労働力とかで価格競争してきたせいで、日本国内の物価が下がりつづけた。物価が下がった分売れるようになればいいけど競争相手が多くてあまり売れない。なので物価が下がれば売上も下がり、利益も下がる
  • ささ @sasa_xp 2011-08-29 11:07:37
    。競争の激化のせいで日本の労働者の時間あたりの労働価値は低下し、いかに少ない給料で長い時間働かせるかが競争力維持のために重要になる。結果労働時間が長くなって給料が減るので消費も少なくなるし、労働で体を壊して医療費増加で国庫負担増で税金が上がって・・・
  • 憑かれた大学隠棲:再稼働リプレイスに一俵 @lm700j 2011-08-29 11:30:27
    ちゃんと残業代を払う会社が払わない会社に競争で勝てなくなって淘汰されるってこともあるだろうから、ないわけじゃないんだろうな
  • minakita @samisima 2011-08-29 13:56:18
    要因の一つではあるけれど、サビ残が原因の基幹ではないんじゃないかな
  • minakita @samisima 2011-08-29 17:05:41
    あ、あとサビ残ではなく「低賃金」「低所得」そして「非雇用」の問題としないと、労基だけの問題にすり替わるかも。サビ残を糾弾したいのはわかるけど、そこまで単純じゃない訳で。
  • minakita @samisima 2011-08-29 17:09:46
    雇用者側が「不当」に搾取している構図があるなら、起業すればバラ色かと言えばそうではない。システムの一箇所を革命的に正せば解決するなんてのは理想だけども。
  • 岡一輝 @okaikki 2011-08-29 20:42:27
    労働者が、経営者に首根っこ掴まれてるうちはアカンだろ。ベーシックインカムで食うだけは食えるようにすれば「文句あんなら首にしやがれ! 別に餓えて死にゃあしねえんだからな?」って開き直れるようにすればいいんじゃね? って思うんだがどうだろうか。
  • Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2011-08-29 21:36:20
    こんな状態でも労働組合の組織率が上昇しないのは「飼い慣らされている」というか「社畜」というか…
  • bass_ikeda @bass_ikeda 2011-08-30 08:00:51
    前に @t_lav95 さんが、「サビ残は労働者から会社への利益供与」「贈与を受けたのだから会社は納税せよ」としたらどうか、と仰っていて、へーなるほど、と思った http://goo.gl/EAhrz
  • 黒屋ぶるー @kuroya_blue 2011-08-30 14:03:39
    牛丼屋チェーンや家電量販店のような分野で、労働力を法外に安く買い叩いて価格競争するのは、ただ国内企業同士で潰しあうだけの不毛な競争であって、長期的には日本経済にとってマイナスにしかならない。だからこそ、弱肉強食・勝てば官軍ではなく、定められたルールの下での競争をしなければならない。
  • minakita @samisima 2011-08-30 19:11:05
    国内企業の労基の徹底が罰則込みで可能だとして、そうなれば多分牛丼屋チェーンや家電量販店の様な所のが有利になると思うけどもね(落とし所は大店法的なものだと思う)。「経営者に搾取される労働者」という構図を求めるのは、心地良いかもしれないけど真理ではない訳で。
  • ゴーヤ @go_ya 2011-08-31 16:00:26
    デフレの結果としてこういった事態が多発?してるってなら分かるけどサービス残業の補填しない限り金融・財政政策効果ナッシングってのは極論というかトンデモすぎますね。
  • 吉田勇気 @worthmine 2011-08-31 23:39:17
    卵が先か鶏が先かの話ではなくて、現状にどうてこ入れをするかという視点に置けばサービス残業の実態を解体するのは正攻法ですし、その前提にその他の施策の有効性が高まるというのは真ではないでしょうか?
  • ZIC x 5679 @ZICx5679 2011-09-01 01:29:41
    デフレ云々からは外れますが、せっかくなのでまとめました。 不払い労働の見解の相違 http://togetter.com/li/181934   制裁については上に出てきてる納税せよ、が一番coolですね。後からばれたら脱税ですね。
  • 大枝瑛一(布団帝國幕張領事館一等寝言官) @AUE_OEDA 2017-03-14 04:38:15
    おっかないのは、6年前に市井の一般人ですら『あれ。サビ残システムって不況の原因じゃね?』って指摘できるレベルに達していながら、今日の今日まで放っておいた経済学関連のがくしゃさん。ほっとくと共犯者扱いで街灯にピアノ線で吊されるぞあの方々。
  • 真砂 @okayasumasa 2017-03-14 04:46:26
    Yukinojo ノルマ制はアレやけど、摘発にインセンティブ与えるのはありかもしれん。不正の抑止力に不正発覚時のキツめの罰則はバランス的にいるだろうけど。 ……ここまで書いて思ったが、まんま徴税人のシステムやな、これ。まあ、実効性があったから徴税人システムがそれなりに機能してたのを思うと割とアリなのかもしれん。
  • 大枝瑛一(布団帝國幕張領事館一等寝言官) @AUE_OEDA 2017-03-14 05:39:13
    IPAとかが『企業が違法コピーしてる証拠あったらウチにください。言ってくれたヒトに報奨金あげるし、民訴でガッツリ損害賠償取るし』って民間法執行(?)モデルを確立しましたが、たぶんこれサビ残の撲滅にも使えると思うんですよねぇ。

カテゴリーからまとめを探す

「経済」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする