Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

オーズを@hmmr03さんのつぶやきで振り返る

@hmmr03さんが、自分の呟きで振り返るオーズ、という企画(?)をなさっていました。これまでのオーズの流れ、そして放映当時の空気が伝わってきます……!
12
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

「どこまでも届く手」といっても自分一人で届かせる必要はない。みんなと「手をつないで」いけば、皆で手を取り合えばどこまでも届く。だから皆の手を取ろう。というところが映司の落としどころになったのだけど、映画ともこのあたりは共通するのだな。 #tatoba #タトバ

2011-08-28 18:55:25
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

「ちょっと映司人外方面に突っ走るのはヤバいって」とここ数週間言い続けていた俺としては、個人的には映司が人の世に帰って来れたのでそれでよしとしたい。 #オーズ最終回後夜祭

2011-08-28 22:17:24
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

当初は完全なグリードの姿に戻りたかっただけであったアンクに、「命」を欲するという方向性、「命を得た」と感じさせるだけの関係性を与えたのは映司でありクスクシエ周辺の人々だ。そのアンクが最期に映司に「俺ではなく人の手を取れ」と、周りとの関係性に目をやれと言う。 #オーズ最終回後夜祭

2011-08-28 22:25:26
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

映司が「力」をアンクから既に得ていたことに気づくことと、アンクが既に「命」を映司たちから得ていたことに気づくことは表裏の関係だ。その上でアンクは映司に人の手の存在を、「命」を指し示すのだ。ーそれは元々映司が与えた、持っていたはずのもので。 #オーズ最終回後夜祭

2011-08-28 22:28:20
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

元々映司が持っていた関係性、人と繋ぐ手=どこまでもとどく手。そこをアンクに諭され、気づき、立ち返ることで映司は後藤の手を、皆の手を取り生還する=人の世に還る。既に「力」は喪われたが、様々な人々の手をとるべく再び旅に出る=過去のトラウマは解決している。 #オーズ最終回後夜祭

2011-08-28 22:35:21
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

……いい最終回だったなあ、と(Movie大戦が大変そうだが、ベルト自体は喪われてないっぽいのでメダルの理屈さえ合えばどうにかなるんじゃね?) #オーズ最終回後夜祭

2011-08-28 22:37:00
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『「周りの人が苦しむのを見たくない」という素朴な正義だけで良心の呵責なく戦える設定になってる』(20101203)。この頃は映司の動機を言葉通りに捉えている。

2011-08-28 22:54:54
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『伊達さんエイジにここじゃないどこかで見覚えがある模様』(20110130)

2011-08-28 23:20:00
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『バッタ:正義! オーズ:人を助けたい バース(伊達さん):そんなことより金くれ これで伊達さんが嫌味にならない配置というのが凄いよな』(20110206、バッタヤミー回)

2011-08-28 23:23:38
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『アンクや伊達はそもそも正義のために戦ってるわけではないからいいとして、映司には「オーズもバッタさんを乱暴に倒してるよ?」と返されると答えに窮しかねない側面がある。』(20110206、バッタヤミーについて)

2011-08-28 23:26:08
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『倒すだけ倒して「あとは視聴者が考えてね!」でもそれなりの余韻は残るだろうが、あの親子のためだけでなく「映司の戦う理由」を問い直す意味でも次回一応の答えは欲しいなあ、と』(20110206、承前。映司の動機が不透明だという意識があったようだ)

2011-08-28 23:28:24
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『「正義のためなら人間はどこまでも残酷になれるんだ」(内戦的な意味で)』(20110213、バッタヤミー後編。映司台詞の実況。(内戦的)云々は俺主観の注記)

2011-08-28 23:33:40
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『平成ライダーたちは石ノ森ヒーローたちの「人知られずに悪を討つ」分を受け継いでいるのだが、一方で昭和ライダーたちの「一般人に応援されるヒーロー」という側面からは遠ざかっているのかも知れない』(20110418、『レッツゴー仮面ライダー』につあて)

2011-08-28 23:48:59
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『群集のライダーを求める声に合わせて全ライダーが集まる図、てのは「応援されるヒーロー」の再話であり、それ自体「昭和ライダー世代」の心をくすぐる光景なのだが、しかし映司は「本編世界では」そういう見られ方はされてないという』(20110418、承前)

2011-08-28 23:50:23
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『過去に救えなかった少女の存在ゆえに、目の前の命を救うこと「だけ」に固執する、それ以外のものには全く固執していない本編世界の映司。それは、第三者から賞賛されれば(中略)立ち去りかねないレベルであり。』(20110418、承前)

2011-08-28 23:52:28
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『周りの人の命や関係性には拘り守ろうとするのに、そこに自分の名誉や立ち位置は勘定されていない。第三者が無理に勘定しようとすれば逃げかねない。映司の(恐らくは剣心や紋次郎に通じる)危うさである』(20110418、承前。剣心云々は今思えばやや牽強附会)

2011-08-28 23:54:07
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『今そこを繋ぎとめてるのは(中略)やはりクスクシエで生じた人間関係であり、また「健全な大人のロールモデル」としての伊達さんでもあるのだろう』『要するにオーズのクスクシエ周りの人間関係はここらでもう一段深まるべき』(20110418、承前)

2011-08-28 23:57:35
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『「手の届く範囲の人を救う」「それ以上は高望み」という映司のいつもの所論であるが、どうも空虚に響くというか、映司自身も信じきれてないというか、そんな感じに聞こえる演技だったような』(20110501、プトティラ誕生回前半の坂田宛台詞について)

2011-08-29 00:02:06
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

坂田さん(ウヴァ金融のパシり)どこいってしまったん……

2011-08-29 00:02:38
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『紫メダルの半分が映司を選んだというのは、やはり映司が標榜する「手の届く範囲の人を救う」ことすら、当の映司自身が心底信じているものではなく、真の望みは「自罰」「自らを無に帰する死に場所」だということなんだろうか』(20110502、プトティラについて)

2011-08-29 00:04:59
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

最初の頃は実況くらいしかしてない。『レッツゴー仮面ライダー』を見たのとプトティラ回前半の坂田宛に述べた『こんくらい。手の届く範囲』の演技に覚えた違和感が、映司考察に俺を走らせた気がする。

2011-08-29 00:07:00
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『映司「夢がなくなったら人間どうなるのかな?」<たぶんお前みたいになります』(20110529、ユニコーンヤミー後編実況。『<たぶん~』は俺主観のツッコミ。この時点までは単純に『例の事件→絶望→欲望・夢が無い→紫メダルに気に入られる』と解していた)

2011-08-29 00:16:38
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『最終回で、関係性から逃げるためではなく、「前向きに夢を叶えるために」旅立つ映司の姿。その可能性を垣間見れただけでも今回の展開は俺によしですよ』(20110529『関係性から逃げずにしかも再び旅立つ』を映司グッドエンドとして想定した)

2011-08-29 00:20:45
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『伊達さんの夢は「いつかあの困ってる国に医学学校を作ること」であることに嘘はない。ただ、伊達さんはその夢は生きて叶えないと意味がないと考えてる。だからまず自分の命=手術代一億円を優先する。なるほど「欲望塗れ」だが、しかし健全である』(20110612)

2011-08-29 00:25:43
歩弥丸(ふみまる) @hmmr03

【俺の呟きで振り返るオーズ】『「欲望塗れ」であっても欲だけでもない。だから自己犠牲で相手の最善だけを叶えるのでも自己満足だけで相手からは奪いっぱなしになるのでもなく、自分にも相手にも利益になる次善を求めることができる。伊達さんにあって、たぶん今までの映司には欠けている部分』(承前

2011-08-29 00:26:51
残りを読む(26)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?