11日前

藤原鎌足は蘇我入鹿をまさかの「鎌」で討ち取っていた→「とどめは『鎌』だったの!?」「鎌使いの鎌足って間違っていなかったのか...」

鎌使いの鎌足ってイメージは昔もあったのか
61
ミサンザイ 同人誌 「天皇を旅する本」 「まんが東京ご縁起めぐり」 @katsunomisanzai

藤原鎌足がカマで蘇我入鹿を討ち取るシーン。 さっすが鎌足の名前はダテじゃない。 pic.twitter.com/oR7VASOEWE

2021-11-24 11:31:58
拡大
拡大
ミサンザイ 同人誌 「天皇を旅する本」 「まんが東京ご縁起めぐり」 @katsunomisanzai

天皇陵や大嘗祭斎田を探訪したり、天皇が登場するマンガを読みくらべて描かれ方を調べたり、ローカルな皇族伝説やご落胤伝説が残る場所を訪ねたり…天皇にまつわることを全方位的に探求中。同人誌『天皇を旅する本』1、2号とらのあなで委託販売中。ティアズマガジン130で紹介してもらいました。サークル名ミサンザイ。noteを細々と。

note.com/katsunomisanzai

ミサンザイ 同人誌 「天皇を旅する本」 「まんが東京ご縁起めぐり」 @katsunomisanzai

幸若舞の「入鹿」では、藤原鎌足は幼少の頃に霊狐にふしぎな鎌を授けられ、やがてその霊験あらたかな鎌をつかって入鹿を討ち取ったという話になってるそうです。こういうイマジネーションいいですね。どこか中世神話的。画像は国立公文書館のアーカイブより。

2021-11-24 11:44:26
ミサンザイ 同人誌 「天皇を旅する本」 「まんが東京ご縁起めぐり」 @katsunomisanzai

もちろん史実として鎌足が鎌で入鹿を討ったってことはないんだろうけど、こういうのをみてると時代時代で「歴史や物語のイメージ」って相当に違うんだなと感じられて面白い。現在の最新の知見にしても、研究によってあるいは時代背景によってコロッと変化することもあり得るわけだし。

2021-11-24 11:59:03
ミサンザイ 同人誌 「天皇を旅する本」 「まんが東京ご縁起めぐり」 @katsunomisanzai

同じ「入鹿誅殺」の場面でも、幕末に描かれたものともなると烏丸少将文麿級のお公家さんたちが大立ち回りするアクションシーンとなります。 pic.twitter.com/jmqPeOuYbc

2021-11-24 12:05:20
拡大

衝撃

SHIN @StTajimaex

@katsunomisanzai え? トドメは「鎌」だったの!?

2021-11-24 20:39:39
遮光器型おくい @okuy26

鎌使いの鎌足ってるろ剣もあながち間違ってなかったのか… twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-24 23:02:03
円海山@熊蔵 @enkaizankumazou

返せっ!!!!!俺の清く美しい日本史をwww鎌足怖すぎ問題wwあの改新て武力闘争だったんだ。 #藤原鎌足 #藤原カタマりでいってごめんなさい twitter.com/katsunomisanza… pic.twitter.com/RV2jMLBlvT

2021-11-25 01:46:12
拡大
しーにゃ♪ @Syynya

@katsunomisanzai 拙者の知っている入鹿殺害シーン。 派手に首が飛んでいて、魔界転生!!とか叫びたくなる。 pic.twitter.com/VrFgTCpF3G

2021-11-24 18:50:37
拡大
釣り人サム @l78ziX4yoYwsr1o

ja.wikipedia.org/wiki/%E8%98%87… >>三重県松阪市飯高町舟戸にも「入鹿の首塚」と称する五輪塔があり、同地の高見山まで入鹿の首が飛来してこの地で力尽きて落ちたのを村人らが手厚く葬ったものとされている。 入鹿の首どんだけ景気よく飛ぶねん twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-25 04:03:40

考察

鉄銹山人🤘Iron Rust Hermit @Demidead1

@katsunomisanzai 時代考証無視、派手な描写、無理のある武器…つまり、これは当時の「時代劇」だったとも言えますね (画像はみなもと太郎著「挑戦者たち」より。スキマで全編無料で読めます) pic.twitter.com/FxV2C8YyKh

2021-11-25 09:39:27
拡大
拡大
拡大
副主席 @SEI__jou

『妹背山婦女庭訓』(1771年初演)だと「鎌足後につっと寄り神通希代の焼鎌に水もたまらずかき切ったる」(入鹿誅伐の段)、「鎌きりのだいしんから雇はれて来た使でごんす」(鱶七上使の段)。 「鎌足=鎌」の連想は、かなり流布していたイメージだったんでしょうね。 twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-25 00:23:04
Komei.T @KomeiT2

@katsunomisanzai マジレスすいません,,,, 学説色々ある上に秘匿された歴史なので断言できませんが、 寄せられたコメントにあるような、鎌で首の切断は無理です。欧州のサイズでも首刈りは苦労したとのこと。 蘇我入鹿は本名ではない説・藤原鎌足=豊璋説など、改変されたせいで闇が深い話なんですよね(;´Д`)

2021-11-24 21:11:05
オマンガール🔞 @omangarl

このサイズの鎌で切断は無理というリプが見えますが、頚椎の大きい骨で止まるかは運次第だと思った。それより「狐から授かった霊験あらたかな鎌でやった」という説話が付随することがあるというほうが興味あるな。「狐」にそそのかされたというか、狐の意向に沿ったとも読めるじゃんか。 twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-25 09:12:49
理不尽が嫌いなシーマ様 @3CzMbImJqibd11W

もし加護付きじゃない鎌だったら…一撃で首を跳ね落とすなんてトンデモナイ事だけど… 首の動脈斬って失血死なら割と誰でも出来そうな気がするね twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-24 14:38:14
Kiny MATSUNAGA @siramizuki

@katsunomisanzai FF外からすみません。 法隆寺の塔にも鎌が掛かっているので、 この鎌の逸話もまんざらではないと感じました。

2021-11-24 17:46:30
Osahiro Nishihata @_Osahiro

後世に描かれた絵ではあるが、鎌の形としては金属部分が柄の頭を覆ってる部分が長めになってて、たぶん江戸時代くらいだろうと。鎌自体は弥生時代のものも出土しているくらい古くからあり、飛鳥時代には柄と刃の角度が浅いタイプもあったようだ。 twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-24 21:12:54

感想

スーオング(1/144HGAD) @susahadeth52623

教科書とかに載ってる有名な入鹿の首が飛ぶシーンの絵も平安時代に平安時代の風俗で描かれたものだから全然史実に忠実じゃないんだけど、これもまた清々しいくらいに江戸時代だなtwitter.com/katsunomisanza…

2021-11-24 20:43:11
ด้้้้็็็็็้้้้้็็็ด้้้้็็็็็้้้้้็็็็็้้้้้้้้็็็็ @rainbow_islandz

絵に突っ込み入れたらアカンだろうけど、入鹿は苦悶の表情だけど、鎌足はポーカーフェイスでわずかににっこりというかご満悦な表情なのが、動きのない止め絵で「何者やねんお前」って感じでさらにわろてまうw twitter.com/katsunomisanza…

2021-11-25 00:29:34
残りを読む(7)

コメント

ヘイローキャット @Halo_nyanko 11日前
鎌足「命を刈り取る 形をしてるだろ?」
11
語るおじさん(おじさん) @ojisan_think_so 11日前
名に鎌がつくから武器も鎌にするとか全くカマッた話や
0
富士山麓ωナックル @Mqzer9ltQN2nxiE 11日前
犬上御田鍬(遣隋使遣唐使の人)の例もあるように、当時は農具を貴族が名前につけることに豊作や栄華を祈る気持ちがあったのかもしれない。
2
ぶんぶく @bunbukuultra 11日前
そもそも鎌足さんは入鹿討ち取りには直接参加してないという根本的な問題ががが (葛城皇子(天智天皇)が一の太刀を浴びせたのち、皇子の配下によって討ち取られる)
19
ヒート<ぱんだぱんだ>マシン @heat_machine 10日前
「挑戦者たち」がスキマで全話無料というのが無茶苦茶有益な情報だった
9
きなこ @kinakomochi06 10日前
血がスプリンクラーみたいに見えて仕方ない
0
K53YA (NE) @mabuenoe 10日前
タタミの縁模様が鎖のようにみえて一気に宍戸某みが増してしまった感。
0
nob_asahi @nob_asahi 10日前
農機具が農機具としてのみ使われるようになるのは近代以降だし、それだって今でも例外は発生しているんだから、鎌を使っていても不思議ではないけど、「鎌を使ったから鎌足」なのか「鎌足だから鎌を使ったのだろう」なのかは鶏と卵なんだろうね
0
淡野太郎 @TaroTanno 10日前
最初は中臣鎌子と名乗っていて後に鎌足に改名したように思われてるけど、「子」も「足」も敬称のようなもので、本来の名は「鎌」1文字だけだったという説があって、その伝で行けば蘇我馬子も小野妹子も「馬」とか「妹」とかの1文字だったってことなのだろうか。
3
まゆは喪中(R.N.ギガンテス) @mayu_pocari 10日前
鎌がどうとかより今は藤原鎌足って習うのか……って方が気になった
5
seidou_system @seidou_system 10日前
一説に依れば鎌の達人であるが故に「鎌さえあれば剣に足る」ことから鎌足を名乗ったのだとか #デマ
0
Tany @TanyBB 10日前
釜足だったら釜で殴り◯したんじゃろか…。
0
山吹色のかすてーら @sir_manmos 10日前
mayu_pocari 入鹿を殺したのは中臣鎌足とならった。のちに藤原を賜ると。
7
黒野千年@なろうR18ミッドナイト(ワクチン2回済) @blackperson2000 10日前
佐伯子麻呂と葛城稚犬養網田に入鹿を斬る役を命じ、鎌足は弓矢を持って督戦する立場だった。ところが、入鹿の威勢に恐れをなした2人は、鎌足がいくら促してもなかなか斬りかかろうとしない。そこで陰謀がバレると思った中大兄皇子(天智天皇)が自ら入鹿に斬りかかり、ようやく他の者も……というのが、事の次第。
0
ぶんぶく @bunbukuultra 10日前
TaroTanno 鎌足の身内に中臣金という人がいるから、さもありなん 息子の不比等も本来は史(読みは同じ)で一文字だし
1
kilo @unioken 10日前
そんな話入鹿?
0
Ukat.U @t_UJ 10日前
蘇我入鹿の首塚は奈良の飛鳥寺の前にもあります。ここから導き出されるのは、蘇我入鹿はオストロスのように頭が2つあったという事実です。
1
伍長 @gotyou_H 10日前
「鎌足だから鎌を持たせた」んじゃなくて、「鎌でばっさばっさ首を狩っていたから鎌足と名乗っていた」という解釈
1
Ukat.U @t_UJ 10日前
gotyou_H 鎌首じゃなくて鎌足なの?
0
伍長 @gotyou_H 10日前
t_UJ 「それがしの業物はこの鎌で事足りるゆえ鎌足と申す」、みたいな。
0
Osahiro Nishihata @_Osahiro 10日前
大鎌は日本では使われた形跡がありませんが、おそらく入鹿暗殺に使われた後、何らかの事情によって封印されてしまったものと(もう苦しくなってきた
0
むう @nyal1999 10日前
t_UJ 足(たり)は人(たり)の意もあるので「鎌の人」で鎌足
1
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 10日前
藤原釜足既出か。流石棘民。
0
ドラゴンチキン ネリウマ⭐︎いさお @dragonchicken19 10日前
今 春が来て キミは 綺麗になった 去年より ずっと 綺麗になった
1
ども @qoHoW8IrtmYOxF0 10日前
ポップな絵柄で首を切る
0
お猿さん@轟驫麤 @mamachari3_Jpn 10日前
和製デスサイズ遣い、中臣鎌足。ライバルは柴咲コウ。
0
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 10日前
妹背山婦女庭訓で「父蝦夷が白い牡鹿の血を妻に飲ませて産ませたのですごいパワがある」「爪黒の鹿の血と嫉妬に狂う女の生血を鹿笛にかけて吹けばパワが弱る」って時代ものにしてはあまりに無茶な設定された蘇我入鹿すごいかわいそう
0
毘藍 山風蠱(元16TONS) @moonintears16t 10日前
蘇我入鹿、近年まで再評価されなかった本当にかわいそうな人だよ
2
ちこたん @chiko_tam 10日前
イルカだけによく飛ぶ😅
0
arm1475@フルチン @arm1475 10日前
カマ足だとイチモツで蘇我入鹿を背後からry
0
ちこたん @chiko_tam 10日前
ちなみに、生前の鎌足はずっと中臣鎌足。藤原姓は死後に与えられた。
2
きゃっつ(Kats)⊿ @grayengineer 9日前
『入鹿の首どんだけ景気よく飛ぶねん』 それ言ったら平将門なんて京から関東まで飛んできた…
0
ぶんぶく @bunbukuultra 9日前
chiko_tam 正確には死の前日ですね。大海人皇子が最高位の冠と共に藤原の姓を与えるって兄ちゃんからの伝言やでって伝えに来て、翌日お亡くなりに。なので正式な場で名乗っていないということであれば勿論その通りです
1
黒野千年@なろうR18ミッドナイト(ワクチン2回済) @blackperson2000 8日前
moonintears16t 唐から帰国した僧旻の教えを鎌足と入鹿は机を並べて学んだ仲。旻は「吾が堂に入る者、宗我太郎(そがのおおいらつこ=入鹿)に如く者なし」と鎌足に評して述べ、鎌足にも才能があるのだからと自重を促したというのが『藤原家伝』に伝わっているところ。だけど、鎌足は中大兄皇子に接近する。律令制度の確立をゴールとする古代日本の制度づくりを、大王家が主導するのか、実務を担ってきた外戚が主導するのか……才ある入鹿がリードしていたんだよなあ。
1