宗教学者・島田裕巳が、創価学会の規律は緩んでいる!松下幸之助は池田大作を尊敬していた!

2011年8月 http://twitpic.com/6l5z02 信濃町周辺の動画を貼り付けてます。
0
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

創価学会員は信濃町にこなくなったらしい。来場者激減。老齢化、会員も池田氏も。

2011-08-29 18:28:01
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

公明党が選挙をとにかく嫌がるのは、学会員が本当に一番今やりたくないことだからでは。それが、次の政権交代を阻んでいるの構図。

2011-08-29 18:52:11
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

創価学会でカリスマ的な会長がいなくなったように、総理にもカリスマ性が求められない時代に。何しろ、ドジョウさんですから。ドジョウがリーダーになる物語はこれまであっただろうか。

2011-08-30 08:29:43
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

菅という反創価学会が退場したので、公明党は民主党と仲良くしやすくなった。

2011-08-30 09:19:17
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

松下政経塾を作った松下幸之助は、池田大作とたいだんし、池田のことを年下でも尊敬していた。その点からすると野田新総理は創価学会員の支持を受けやすいかも。

2011-08-30 09:22:53
suzuky @suzuky

そ、そうなのか! RT @hiromishimada 菅という反創価学会が退場したので、公明党は民主党と仲良くしやすくなった。

2011-08-30 11:15:27
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

@suzuky  菅さんと仙石さんは、創価学会と対立する矢野元公明党委員長を国会に呼んで、話をさせたりしました。

2011-08-30 11:48:07
結城 信@(財)日本禁酒同盟 @shin_yuhki

@hiromishimada 先生 自民党時代の、野中広務・亀井静香・白川勝彦による「政教分離を貫く会」の活動は凄いものがありました。池田大作を証人喚問一歩手前まで追い詰めましたから。学会員は、亀井と白川さんの顔写真を踏みつけて会合に臨んだそうです。白川さんだけ信念を貫きました。

2011-08-30 13:20:55
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

@shin_yuhki  政治家が体を張って対決するという時代ではもうなくなっているんでしょうね。政治家も、宗教家も普通の人になってきた。そんな時代です。

2011-08-30 13:22:27
結城 信@(財)日本禁酒同盟 @shin_yuhki

@hiromishimada 先生 白川さんは、この問題を追及している最中に、「交通違反もみ消し事件」をマスコミ報道され、その政治生命を失いました(創価学会による妨害とは証明出来ませんが)。野中・亀井はコロッと寝返りました。菅さんも小泉純一郎も反学会だったのですが、御身大事で…。

2011-08-30 13:31:13
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

松下幸之助が池田大作のことを尊敬していたことは興味深いことで、32歳の若さで巨大組織を率いるようになった点をかなりかっていたように思われる。そのことが今後どのような影響を与えていくのか、注目されるところだろう。

2011-08-30 14:36:29
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

松下幸之助が松下政経塾を作った直後に、これでは時間がかかりすぎると、新党の設立に力を入れるようになったということをどうとらえるか。松下政経塾の意義を考える上で重要な点だろう。

2011-08-30 14:37:36
島田裕巳@新刊『大和魂のゆくえ』『安楽な最期の迎え方』『教養としての世界宗教史』 @hiromishimada

松下幸之助の最大の弱点は、小説を読まなかったことかもしれない。池田大作との対談のなかで告白している。

2011-08-31 10:11:05
信濃町周辺の動画

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?