限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!

岡田斗司夫の公開読書「アオイホノオ」島本和彦(10.05.01)

2010.05.01(土)に行われた、岡田斗司夫さん(@ToshioOkada )の公開読書のまとめです。今回はの本はこちら、「アオイホノオ」1~3巻 (ヤングサンデーコミックス)島本和彦(@simakazu )。 #otakingex
岡田斗司夫 島本和彦 マンガ アニメ 公開読書 漫画
39516view 0コメント
23
@ToshioOkada
#otakingex 「土曜リードショー」(twitter上公開読書会)第3回「アオイホノオ」 (ヤングサンデーコミックス)島本和彦
@ToshioOkada
#otakingex 島本和彦と言えば、今も昔も日本一アツいマンガ家だ。彼の「燃えよペン」を読んだ時の衝撃は忘れられない。高橋留美子がオビで「ここにはマンガ家の真実がある!」と叫んでる大変なマンガだった。
@ToshioOkada
#otakingex 「燃えよペン」は読んだ?すごいよ!w 普通、マンガ家もののマンガって絶体に言い訳するよね?「このマンガはフィクションです」とか。でも真逆。第一話のネームが「すべてのマンガ家がこうだと思ってもらいたい!」だよ。どんだけアツいねんお前w
@ToshioOkada
#otakingex で、今回の「アオイホノオ」。これは島本自身の青春記というか自伝的な要素も含んだ、いわば島本版「大甲子園」だと思ってる。
@ToshioOkada
たしかに疲れるwRT @buellxlcr: 読んでて凄く疲れますwRT @ToshioOkada: #otakingex 「燃えよペン」は読んだ?すごいよ!w
@ToshioOkada
#otakingex 以前にマンガ夜話で「燃えろペン」やったときに、レギュラーが番組終わってもアツくなって楽屋から帰れず、「このマンガを読んで無駄にアツくなる気持ちの持って行き場がない!」と叫んでたのを思い出すw
@ToshioOkada
#otakingex では「アオイホノオ」第一巻。オビには二大巨頭からのメッセージ。あだち充「放課後、校舎裏においで。」 高橋留美子「ショックです。そんな目で見られていたなんて。」
@ToshioOkada
#otakingex オビの言葉でカギ括弧内のセリフにいちいち句点”。”を入れるのが小学館流。つまり「そう」じゃなくて「そう。」と表記する。これは「漫画は子供のものだから正しい日本語を教える」という小学館のポリシーなんだ。
@ToshioOkada
#otakingex しかし!「アオイホノオ」は「燃えペン」と逆。いきなり巻頭からどでかい活字で「この物語はフィクションである。」とカマしてきた。つまり島本先生、「本気で何もかも語るには、フィクションというパッケージを使うしかない!」と覚悟を決めた大ゴマなわけだ!
@ToshioOkada
#otakingex 登場するのは主人公・焔 燃(ホノオ・モユル)。ていうか、これもう手塚(島本和彦の本名)でもいいじゃん!他のキャラ全部本名なんだから!
@ToshioOkada
#otakingex というツッコミは野暮。たぶんこの漫画、島本和彦にとっては「龍馬が行く」なんだよね。幕末の志士たちの間に、無邪気で気概の大きい奴が現れる。だから焔燃は作者の分身ではあっても、作者自身ではない。無限に投影できるキャラだけど、でも「歴史上の人物」に近いんだ。
@ToshioOkada
#otakingex 「甘くなってきている!」「漫画界全体が甘くなってきている!」 焔の思い上がった叫びからマンガは始まる。いいねぇ~、この思い上がり!でもけっして思い上がりだけとはいえない。当時のマンガ・アニメ界は隙だらけ。というより書き手と読み手のセンスが大クロスオーバー
@ToshioOkada
RT @RickTKN: 焔 燃は島本先生のソウルネームだから本名以上に本名なのではw@ToshioOkada #otakingex
@ToshioOkada
RT @toronei: 「行き場のないやる気が出て困る」というFAXもありましたね(笑)。RT @ToshioOkada: #otakingex 以前にマンガ夜話で「燃えろペン」やったときに、レギュラーが番組終わってもアツくなって楽屋から帰れず、「このマンガを読んで無駄にアツく
@ToshioOkada
#otakingex クラブ活動で先輩から落語を聞かされる焔、「漫画・アニメを越える芸術など、今のところ皆無!」 言い切った!本物の島本君はすっごくジェントルで良い奴。読者の中にも落語好きがいると配慮して絶体にこんなこと言わない。でも「当時の焔」なら言うんだよね!
@ToshioOkada
#otakingex 授業中についに庵野秀明登場。しかしこれまた本物の庵野より数倍カッコいい。本物はもっと、心の底から、本当にただの「仮面ライダーのモノマネやりたい」「帰ってきたウルトラマンの、ウルトラバーリアーB型やりたい」というだけのお兄ちゃんだったぞ!
@ToshioOkada
#otakingex しかし、この庵野秀明も「歴史物」「戦国物」のキャラと考えれば、それでよし!
@ToshioOkada
#otakingex 焔が愛読している少年サンデーに「あだち充」という新人作家が登場!炎は超上から目線で「面白い漫画を描いているのに・・・いまひとつ人気がでんな!何かが足りんのだ!」「可愛そうなあだち充」「オレにとってはこんなに面白いのに」と決めつける
@ToshioOkada
#otakingex 続いて高橋留美子にも「俺だけはみとめてやろう!ファンレターでも出すかな!」 このあたりの焔の独り言にもう七転八倒して笑った。そうそう!マニアとかオタクとかの「わかるものへの上から目線」というのはこんなもんなんだよねwあ~痛いw
@ToshioOkada
#otakingex 第二話ラストでさっそく挫折する焔w あだち充も片端留美子もメジャーになって置いてかれた。仮面ライダーのモノマネ野郎だと思っていた同級生の庵野君はアニメの天才だった。泣きながらきつねうどんを頬ばる焔。おいおい、これは「男おいどん」だよねw?
@ToshioOkada
だからオタクってみんな同じなの!twitterでオタキングexに上から目線で言ってる人含めてwRT @toronei: 岡田さんも、萩尾望都相手に、超上から目線のファンレター送った話ありましたよね。RT 炎は超上から目線で「面白い漫画を描いているのに・・・#otakingex
@ToshioOkada
#otakingex 後半に登場する、後に芸大マン研からプロになる矢野健太郎が焔の原稿を見てひと言「石森章太郎+永井豪を目指してるんじゃないかな!?松本零士もかなり入ってはいるが!!」「ううっ!図星です!」 
@ToshioOkada
#otakingex 矢野健太郎のセリフ、すごいよ!「お前はマンガ家になれなかったらどうする?」「アシスタントとか・・」「フフフ、なれなかった時のことを考えてる奴は、なれないんだよ!」「この矢野健太郎、マンガばかり描きすぎて3回留年!いまだに1年生だ!」 か、かっこいい!!
@ToshioOkada
#otakingex 主人公の焔、さんざん上から目線で語るくせに単行本一巻の終わりあたりでようやく原稿用紙を買って、16ページ分の枠線を引き終わった。どんだけ引っ張るねんw
@ToshioOkada
#otakingex 一巻の巻末、焔くんはいま、友達以上彼女未満を自分の部屋に連れ込んで、新鉄人28号を見せながら「金田アクション」の説明をしています。リア充です。ゆるせませんね、ご同輩。
残りを読む(50)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする