そのお菓子は「バベル」と呼ばれた。

全ての地は、同じ言葉と同じ言語を用いていた。 西の方から移動した人々は、エドの地の湿原に至り、そこに住みついた。 そして、「さあ、お菓子を作ろう。火で焼こう」と言い合った。 彼らは小麦粉と餡子を用いた。 そして、言った、「さあ、お菓子の塔を作ろう。お菓子の塔の先が天に届くほどの。あらゆる地に散って、消え去ることのないように、我々の為に名をあげよう」。 続きを読む
14
ursus @ursus21627082

人の子ら「お菓子を作ろう。火で焼こう」と言い合った。彼らは小麦粉餡子を用いた。は、人の子らが作ろうとしていた菓子の塔を見て、そして仰せられた、「我々は下って、彼らの言葉を乱してやろう。彼らが互いに相手の菓子を理解できなくなるように」。その為にこの菓子はバベルと呼ばれた。 pic.twitter.com/4Eo0ig77tF

2021-12-24 10:46:52
拡大
拡大

※人の子=男(アダム)の息子

リンク Wikipedia 今川焼き 今川焼き(いまがわやき)とは、主に小麦粉からなる生地に餡を入れ、金属製焼き型で焼成した和菓子である。後に(大型の)小判状をした型を使用したものが、全国各地に大判焼き(おおばんやき)として広がった。名称については、形状や店名など、地域や店により他にもさまざまな呼び名がつけられて普及した(後述)。 小麦粉、玉子、砂糖を水で溶いた生地を鉄や銅製の円形に窪んだ焼き型へ流し込み、餡を包埋して、高さの低い円筒形ないしは分厚い円盤状に焼成したものである。同様の原料を用いて焼成されても形状が異なると様々な呼称があり全国各 16 users 329
リンク Wikipedia バベル バベル (Babel) とは、ギリシア語表記のバビロンで知られる古代メソポタミア都市の旧約聖書におけるヘブライ語表記。本来、アッカド語で「神の門」を意味したが、旧約聖書では「混乱」を意味するとの神話的解釈が与えられている。 9
リンク Wikipedia バベルの塔 バベルの塔(バベルのとう、ヘブライ語: מִּגְדָּ֑ל בָּבֶ֔ל‎、ラテン文字:Migdal Babel)は、旧約聖書の「創世記」中に登場する巨大な塔。神話とする説が支配的だが、一部の研究者は紀元前6世紀のバビロンのマルドゥク神殿に築かれたエ・テメン・アン・キのジッグラト(聖塔)の遺跡と関連づけた説を提唱する。 実現不可能な天にも届く塔を建設しようとして、崩れてしまった(神に壊された)という故事にちなんで、空想的で実現不可能な計画の比喩としても用いられる。 正確には「バベルの塔」という表現は聖 49 users 496
斑蔵@今更カヨ @Hanzo_FJC

最近ベイクドモチョチョで決着付きつつあるから…… twitter.com/ursus21627082/… pic.twitter.com/odtYn2rJt0

2021-12-24 11:12:09
拡大
ケンモチカオル @astronomiisto

もうこれでいい気がする。ベイクドモチョモチョはたぶん時につれ後半が枝分かれする。 twitter.com/ursus21627082/…

2021-12-24 11:14:36
でかど屋(似顔絵師) @dekadoya

俺の村では「甘太郎焼き」だったが都会者が「今川焼き」と呼んでいることは知っていた…。 twitter.com/ursus21627082/…

2021-12-24 11:19:05
鉄腕少年 @tetsuone001

大阪人「御座候!」 大阪人「回転焼!」 大阪人「太鼓焼!」 twitter.com/ursus21627082/…

2021-12-24 11:25:03
あたおかプリキュアおじさん @hekohekominmin

大判焼!(でもちびっ子の頃は回転焼って呼んでた) twitter.com/ursus21627082/…

2021-12-24 11:30:52
B.L4ke(ビーレイク) @biwakho

たいこまんじゅう 大判焼き 今川焼き 御座候 回転焼き バベル👈New!! twitter.com/ursus21627082/…

2021-12-24 11:55:06
شيمون子門 竜士郎 @shimonryushiro2

バベルとベルベル人とバルバロイでアルファベットのBを使い果たす twitter.com/ursus21627082/…

2021-12-24 12:09:32
1 ・・ 15 次へ