ディズニーシーのレトロフューチャーについて

シーパークの「未来ビジョン」は19世紀末のフランス作家ヴェルヌとロビダのみた「未来」であることの説明。
ロビダ ディズニーシー ポートディスカバリー ヴェルヌ
GertieTime 3661view 0コメント
3
ログインして広告を非表示にする
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-02 23:16:47
    【シーのレトロフューチャーについて】イマジニアは二人のフランス作家を強く意識して19世紀末の新世紀の夢を現代に移し変えました。過去から未来像を取り出す手法で80年代のステレオタイプのSF造形から脱却しようとしパリのパークでもフランスへオマージュをこめ二人のイメージを展開しました。
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-02 23:17:11
    二人の未来を幻視する作家がイメージの源泉となったのです。一人はビジョナリウムやシーパークのネモ船長の島でもおなじみのジュール・ヴェルヌです。そしてもう一人が「電気」の新世紀世界の生活を活写したアルベール・ロビダです。彼の描く世界の多くがポートディスカバリーの意匠に反映しています。
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-02 23:19:45
    「電気」というキーワードが1912年とレトロフューチャーであるポートディスカバリーを結んでいることをどこかで覚えておいてください。あのキシキシなる電気の乗り物がタイムマシンであることもね。
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-03 02:27:02
    【ジュール・ヴェルヌの書籍挿絵】ほとんどの作品を網羅したサイトを御紹介します。10周年を迎えるシーパークで、センターオブ・ジ・アースや海底二万マイルにどのように書籍のイメージが生かされているか、ご自分の目でお確かめください。http://t.co/hAor8WU
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-03 02:27:18
    Voyage au centre de la terre 『地底旅行』/地下の海や巨大きのこの森をごらんあれ。火山噴火を利用してイカダと一緒に吹き飛ばされて地下から脱出するのですが、センターオブジアースの急上昇はそれを模したものです。http://t.co/KLQXiqv
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-03 02:29:12
    Vingt mille lieues sous les mers 『海底二万里』リニューアルでダイオウイカに襲われるシーンが加わってくれました。合言葉モビリスモビリは原作に出てくる言葉です。不動の動者というラテン語成句の言葉遊びです。 http://t.co/9Nh2WGc
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-03 02:32:02
    ほかのヴェルヌの書籍の挿絵もおたのしみください。きっとシーでであったいくつかの風景で出会えますよ。
  • GertieTime @GertieTime 2011-09-03 02:58:41
    ロビダに関しては彼の描いた魚型の乗り物をぜひご覧頂きたい。ポートディズカバリーのレース出場船たちと見比べながら、これが100年以上も前にフランスで夢想された乗り物であり、イマジニアの夢と繋がったことを感じていただければと思う。 http://t.co/tUDByJI
     拡大

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「国内旅行」に関連するカテゴリー