2022年2月8日

たまたま手に入れた短刀を調べていたら

たまたま譲っていただいた短刀を調べてたら、えらいことになったよ
423
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

ちょっと語らせて。 僕みたいな侘び数寄者は、ガツンと名前の通った刀工の作品を買えるような余裕は無い。 でもね、感性を磨いていくと、本当に楽しめるんだよ。 そういう話をしたいんだ。 僕がこの短刀を初めて見たのは2020年。刀を始めて2年程立った時のことです。<続く> pic.twitter.com/WcIsAGNonY

2022-02-04 22:01:40
拡大
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

とある数寄者から、「もしよかったら譲るよ」と言っていただいたのが始まり。 観た瞬間に、「なんて姿の良い!」と、ガツンと来た。値段も馬鹿みたいに安い。けど普通の人がポンと出す金額でもない。 「少し考えさせてください」 と、その時は買えなかった。<続く>

2022-02-04 22:06:46
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

運悪く、その次の週、岡山支部会で、本部刀の来を見た。バリバリに綺麗なその地鉄を見て、「あ、やっぱりあの短刀はよしておこう…」と買うのを躊躇った。 そこから1年。 少し目が上がった。 この短刀の「緩さ」みたいなものが、妙に心地よく感じた。 「下さい」 短刀は僕の物になった。<続く>

2022-02-04 22:09:13
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

鞘当たりやツバ錆があったけど、気にしなかった。 鑑定書を開いて驚いた。「達磨正光・時代室町初期」 てっきり南北朝だと思っていた。 前の持ち主のメモがはさんである。 「紀州徳川家伝来。黒川古文化研究所 所蔵。●●県支部長。●●県副支部長。●●氏より譲り受け」<続く>

2022-02-04 22:15:37
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

2021年5月。 ここから旅が始まった。 まず紀州徳川家伝来を確かめたい。 紀州徳川家の過去の売り立てを調べる。 紀州と検索するだけで、これだけの売り立てがあったことがわかる。<続く> pic.twitter.com/XTcn9MYIKC

2022-02-04 22:22:38
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

さらには清和園名義でも売り立てが。 「日本の古本屋」で、ガンガン検索するけれど、なかなか売り立て目録は出ない。<続く> pic.twitter.com/5JxjfLPjCs

2022-02-04 22:24:16
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

やっとのことで3冊の売り立て目録を集めた。 が、中に「正光」の文字は無し。 pic.twitter.com/GLtgWB1OUX

2022-02-04 22:37:06
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

東京文化財研究所に、日本最大の売り立て目録データベースがある。 tobunken.go.jp/japanese/urita… しかし中身を見るためには、金曜日に上野に行かなければならない。(今は月曜日も開いてるみたい)。こっちはサラリーマンだよ!姫路だよ! 行けるかよちくしょー!

2022-02-04 22:46:04
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

方法を変える。 ダメ元で黒川古文化研究所にメールしてみた。 「貴所から出たという正光短刀が手に入りました。昔、本当に黒川にありましたか?」みたいなメールです。

2022-02-04 22:49:00
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

そしたらなんとその日のうちにメールが来た。 「たしかに戦後直ぐに作られた収蔵品台帳に正光があります。現在は外に出たようです」とのこと。 ちょっと感激で声が出た。 さらに不躾にも、「その台帳の写しをいただけませんか?」と突っ込んでみる。

2022-02-04 22:52:03
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

そしたらばなんと! 「施設の外には出せない資料なので、該当部分だけを」って、JPEGデータを送ってくださった!! マジですか黒川さん! 一生恩に着ます!行ったことないですけど!

2022-02-04 22:53:40
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

さらにメールのやり取りをしている方の名前に、なんか見覚えがあるな~、と思っていたら、この本の著者、川見典久先生御本人!! 気づいたときには鼻血吹くかと思った。 pic.twitter.com/SucdiAzqX7

2022-02-04 23:05:17
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

ただ、黒川は、書画、茶道具についての取引記録はあるけれど、刀剣についての記録が一切ないとのこと。 実は知ってました。黒川の紀要を読んでたので…。それで紀州から攻めてたんです。 がっかりしてたら、メールの末尾に大ヒントが!

2022-02-04 23:10:28
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

「もし紀州徳川家でしたら、福永酔剣先生の、”皇室・将軍家・大名家刀剣目録”を読まれてはいかがでしょうか」とのアドバイス。 アマゾン見たら、復刻版が出てる! 川見先生神すぎる! 瞬時に本をポチる。 pic.twitter.com/cTs2iwoITX

2022-02-04 23:14:08
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

索引をガリガリ探して「正光」を見つける! さぁ!出てきてくれ! 本に出ている「正光」は3か所。 祈る気持ちで一つ一つ読んでいく。頼む…頼む…! …結局、最後まで目当ての「正光」は出なかった。

2022-02-04 23:19:54
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

ここまででも、実は結構時間が経ってるんですが、一直線に進んできた感じでした。 しかしここで、ぷっつり糸が切れた気がした。 …物語は、少し時間をおいて再開し始めます。 僕も疲れたので、続きは明日~。

2022-02-04 23:20:48
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

さて今日も始めていきます。 お付き合いいただければ。 日本美術刀剣保存協会岡山支部長の小池哲先生に撮っていただいた正光です。 お手元で観られると、こんな感じになります。(写真は無断で拝借。来週お会いするので謝っておこう) pic.twitter.com/vq16gid8XX

2022-02-05 19:34:23
拡大
拡大
拡大
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

ご覧のように、板目が流れています。最初譲っていただいた時には白けうつりのようなものもありました。 達磨は重光から始まって正光で美濃加茂に移住したとありますから、関物と捉えて、そんなものかなと思っておりましたが、オカムラの油と極上打ち粉(研ぎ師さんにもらうやつ)で白けは消えました。 pic.twitter.com/DmCAaers5d

2022-02-05 19:40:13
拡大
拡大
拡大
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

むしろ大和気質を感じる状態になっているのですが、これは手に入れてから半年程たった状態。 丁寧に手入れをして、きちんと表面の垢が落ちたら浮いてきた姿です。 それまでは、達磨を追いかけていました。もちろん最初はネットで! で、出てきた銘を見て驚いた。

2022-02-05 19:44:30
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

…違い過ぎるじゃない…。一枚目が達磨正光(二代とか)。二枚目が僕の正光(モノクロにしました)。 達磨は、まるで文字が無い人が刻んだような鏨跡。対して僕の正光は端正な行書です。これで同じ達磨って、そんなことある? pic.twitter.com/cBjHgvxwzd

2022-02-05 19:50:35
拡大
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

いやいやしかし、南北朝の動乱から室町時代。 関に移住する前は、まともな字を彫っていたのかもしれない。 お願い…初代正光は僕と同じ草書であって下さい!

2022-02-05 19:57:38
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

ああ…違った。 写真は日本刀工辞典:古刀編から。 南北朝から字は下手だった…。 pic.twitter.com/rySDUpcBYr

2022-02-05 19:59:40
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

いや、何かつかめるはず! と、こんな本を買ってみました。 …押型無し。 「濃州住正光」蜂屋住と、文章でちょっと解説してあるだけでした。 …この本のほうが、短刀よりよっぽど武器として通用しそう。 pic.twitter.com/I5792mHVlD

2022-02-05 20:10:34
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

蜂屋は今の美濃加茂市! 何かあるかも!ってこんな本も買っちゃった。 …ビニールがかかっているのでお分かりの通り、開いてません。 pic.twitter.com/HkQSNJJPji

2022-02-05 20:16:37
拡大
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw

ちなみに、二代正光として銘を挙げた刀。 物凄く良い刀です。 資料を添付します。 僕の正光とは違うというだけ。 pic.twitter.com/GXbgFtHD8z

2022-02-05 20:22:39
拡大
拡大
残りを読む(86)

コメント

デュランダール(Durandal) @Duliger 2022年2月8日
まだ途中のまとめだけど楽しかったし、これからも楽しくなりそうだ!
35
小鳥遊 春夏秋冬 @t_hitotose 2022年2月8日
な、なんてドラマティックな…!すごいドキドキする!
21
あじたま @9029ajitama 2022年2月8日
価値があるかどうかじゃなく、自分が好きになった物を好きになったから調べ、更に好きになっていく過程が心地良くもあり、同時に羨ましくもある。
78
akuno @akuno 2022年2月8日
読み応えあります。面白かった
11
myo@棘専用(専用とは言っていない) @myo80766994 2022年2月8日
門外漢だが、集積された情報はこうして活用される、ってのが見えて面白いな
12
ととっと @xyrLuoihI9vhuex 2022年2月8日
こうやって調べるのは楽しいよね。趣味はいくつかあるけどとりあえず道具を一つおすすめされるままに買って、それがどういうものかって調べていくとなんかどんどん広がる感じがあってとても楽しい。
7
寝落ち武者狩りの萩鶴 @shukaku_Isuzu 2022年2月8日
こうやって新たな知識を得るのもいい経験にもなりますねぇ
5
Gakuou @gakuou 2022年2月8日
しっかし日本人って昔から記録魔だなあ!何百年も前のものの記録が残ってるってスゲ〜!!
22
あめおす @ameosssssss 2022年2月8日
沼の王道を行っておられる
18
kaki @vymibugitopu 2022年2月8日
これは面白い!こんなに記録が残ってるのもびっくり。
2
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw 2022年2月9日
皆さま長文にも関わらず読んでいただき有難うございます。 ただいま完結しました。最後の問いまで行くことが出来ました。 ここからは僕の手が届かない専門分野になります。 なにがしかの答えがあるよう、天に祈る気持ちです。
27
うめや @takeume563 2022年2月9日
沢山の人々が一つの物に携わり「物語」を作っているのだなと感嘆。
0
94式北海黒竜王V、 @DoomDrakeV 2022年2月9日
1本の刀にこれだけかかるなら、複数持てないじゃん!
2
トムトムさん @28Vs2hpNO1nFLiw 2022年2月9日
DoomDrakeV 一応手元に10振りありますが、ここまで執着したものでもないですよ。
2
kartis56 @kartis56 2022年2月9日
28Vs2hpNO1nFLiw よく調べましたね。すごい努力
2
野良馬 @nobody_oyaji 2022年2月10日
長いまとめは途中で投げる事多いけど謎解きみたいで最後まで読んでしまったw
2
Colo @gmon001 2022年2月10日
刀はこういう楽しみ方があるんだね。沼だ。
3
ドドルディ @NiXpqR4ckKNmnBG 2022年2月10日
いいものを見せて頂きました。 一つ一つが繋がって物語になる、というのをまさに体現したお話ですね! 何よりこういう資料がちゃんと記録されてることにも驚いた〜すごいなあ
1
shogun_majires @shogun_majires 2022年2月10日
これは良い方のセルフまとめ
4
まーくんZ/FF11Retysia@ラグ鯖 @machan43 2022年2月10日
素人でもなんか惹き付けられる美しさがありますね
1
【跡地】ウラリー㌠【移行済】 @urary777 2022年2月10日
「ここまで手を掛けた」という思い出の分だけ愛が深まるやつですね、わかりますw
0