Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2011年9月6日

ライスのアニメ感想:#112 花咲くいろは(23)

花咲くいろは23話感想です。 そして二人は、再会する。 ついに出たホームラン回。 ここに来て、上り調子です、この作品。 長かったなあ。
1
テリー・ライス @terry_rice88

花咲くいろはEp.23「夢のおとしまえ」 今回、すごい良かった! いやもうびっくりするくらいだな。いろいろ紆余曲折あったけど、今回含めて残り4話って言う所でホームラン打ったよ、いろは。すごいな。作画もやたら綺麗だったし。

2011-09-06 00:42:42
テリー・ライス @terry_rice88

ええと、喜翠荘が店じまいする事が確定になり、それぞれの思いが巡る中で、一人、どうするか決めかねている緒花がいた。結局、一話のときから、進路を決めかねていた彼女の問題が最終局面としてやってきたってことかな。ただ一話のときと違うのは、緒花が仕事を経験しているという事か。

2011-09-06 00:49:22
テリー・ライス @terry_rice88

ここまで本当に紆余曲折あって、見ていて目を覆いたくなるような行動言動が目立っていた緒花だけど、前回前々回の展開で、自分の片思いの先は孝一だと決めた瞬間から歯車は動き出したんだろうなあ。たぶんあの宣言から、緒花は女の子から少女に、あるいは一人の女性になったってことかな。

2011-09-06 00:52:59
テリー・ライス @terry_rice88

今までは、恋を知らなかった純真(天然?)な女の子だったから、異性に対してもどう反応していいのかすら分からなかった。孝一は一話の段階で緒花を恋愛対象としてみていて、異性として意識していたから、あとは緒花の問題だったわけかな。もちろんそんな状況だから告白にも対処しきれなかったわけか。

2011-09-06 00:55:57
テリー・ライス @terry_rice88

緒花にとって仕事をすることで他人を意識するようになり、他人のことを少しでも考えられるようになったっていう、精神的成長があって1クールクライマックスの孝一との別れがあったわけだけども、その心の支えであった喜翠荘がなくなってしまう段になって、心の支えを探さないといけなくなった。

2011-09-06 00:59:39
テリー・ライス @terry_rice88

そんな緒花の心の拠り所として、残ったのが孝一で、孝一も一旦の別れ以来、緒花を忘れているわけではなかったと。まあ、幼馴染という設定も相俟って、ご都合主義的なところもないわけではないけども、アレは一方的に緒花が心折れていっただけなんだろうなあ。

2011-09-06 01:06:18
テリー・ライス @terry_rice88

まあ、一旦退場になったおかげで、孝一の想いというのは溜めに溜められていた印象かなあ。皐月につれられて映画回の時の映像を見せられ、緒花と別れた時以来飲んでいなかったコーヒーを口にして、緒花を再確認したって言うシークエンスは力強かったと思います。

2011-09-06 01:09:07
テリー・ライス @terry_rice88

一方、緒花も緒花のほうで孝一の事を新女将となりそうな崇子との会話を通じて再確認していくと。ミンチの弁当のように皆が皆して、仕事に、人生に、奮戦しているんだなあと思いを新たにすると同時に、やっぱり片思いの先には孝一がいて、という。

2011-09-06 01:12:15
テリー・ライス @terry_rice88

緒花と孝一の精神的距離が近づいた結果としてラストの歩道橋での邂逅に結実していき、EDに流れ込むという流れが非常に良かったかなあと。ばっちりと演出が決まっていて、見てて声を上げました。

2011-09-06 01:24:43
テリー・ライス @terry_rice88

しかし、緒花の表情も前回とは如実に変化していて、女っぽさが出てたかなあという印象でしたのでやっぱり孝一を異性と見なした結果なのかもしれませんねえ。なんというか少女が女性になる段階を見たような気がしました。

2011-09-06 01:27:32
テリー・ライス @terry_rice88

しかし、今回は非常にいい引きで次回に繋がったわけですが、孝一と出会えただけで、「夢のおとしまえ」とまではいってなかったようにも。あ、でも縁の「夢のおとしまえ」を崇子が始末したとも取れなくはないか。緒花の夢(進路)についてはまた次回以降の展開になってくるんだろうなあと。

2011-09-06 01:29:55
テリー・ライス @terry_rice88

いろはは2クール目から「台頭する若い世代」って言うのを積極的に描写してきた印象が強くて、緒花もその中に入るんだけど、1クール最後で彼女のエピソードがひと段落付いたので一歩さがって、サブキャラの話に移っていたんですよね。

2011-09-06 01:33:16
テリー・ライス @terry_rice88

それがかえって、喜翠荘の可能性を浮き彫りにして表していたっぽい。だから女将が旅館に幕を下ろすというのも「老兵は去るのみ」と自覚したからなんだろうなあと。その点においては次回サブタイの通り、女将がラスボスなんでしょうね。

2011-09-06 01:36:46
テリー・ライス @terry_rice88

つまりは「古い伝統を継承しつつ躍動する若い世代」という流れになっていて、それが縁と崇子の結婚で駒が揃ったということになるんだろうなあと。旅館を続けて欲しければ、説得してみろというのが前々回のラストの言葉だったのかも。

2011-09-06 01:38:42
テリー・ライス @terry_rice88

多分緒花の答えも、そういう流れの中に転がっていそうだなあ。ともあれ次回が楽しみになってきました。もちろん孝一との仲もどうなるか要注目ですね。しかし、次郎丸は案外、巴さんのヒモになりそうな雰囲気もなんとなく感じられましたねえ。けど、旅館が継続となればやっぱりツケが戻るので変わらんか

2011-09-06 01:43:35
テリー・ライス @terry_rice88

しかしここに来て、走者一掃つり銭なしの一発がよく出たというか、これが計算の上に構成されていたのなら、そら恐ろしいなあ。もしそうだったら認識を改めなければw 

2011-09-06 01:46:51
テリー・ライス @terry_rice88

とまあ、そんな感じで今回の感想はこれまで。それではまた次回です。ありがとうございました。

2011-09-06 01:47:23

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?