2011年9月6日

[政治]政治系クラスタへのリアル“マキコミ”のすすめ(1)

『マキコミの技術』を読んで、ふと「政治系クラスタこそ、ブログを書くべき」と思ったので、ツイしました。 『マキコミの技術』の売り上げに貢献しようとは考えていません______
0
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

今日は「Twitterを利用したブログのすすめ」をポストします。忙しい人はまたスルーしてください。10連投します。

2011-09-06 22:21:23
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(1)今日はコグレマサト氏・いしたにまさき氏の『マキコミの技術』を少し読みました。この手のネット・マーケティングの書籍というのは、いささか説教めいていたり、胡散臭いところがあったりするのですが、この書籍は、実体験に基づいていて、とてもリアルで、参考になりました。

2011-09-06 22:22:21
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(2)特に、ブログを書くことの意義について『蓄積』と端的に表現されています。ツイッターの情報は刻々と流れてしまい、残らない。ゆえに、ログ(記録)という意味で、ブログを書くことが大事であると。

2011-09-06 22:22:35
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(3)私は『蓄積』に加えて『言語化』も、ブログを書くことの一つの理由であると考えています。『言語化』、つまり自分の意識の奥底にあるパトス(情動・情熱)を、きちんと言葉にして、説明できることが、まず、他人を“巻き込む”上でとても重要である…とこう考えます。

2011-09-06 22:22:57
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(4)しかしながら『マキコミの技術』には「情報収集などを怠らず、毎日書き続けること」という“個人の努力”を奨励しているところもあり、そういった意味では、ビジネスマンや主婦などには、実践が難しい部分もありました。

2011-09-06 22:23:12
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(5)そこで、私が提案するのが、私のようにTwitterの連投を利用して、ブログを書いてしまう方法です。

2011-09-06 22:23:29
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(6)140字の文章を10回、書く。これなら、アウトプットにかかる負荷もあまりありません。

2011-09-06 22:24:08
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(7)ネタとしては、Wikipediaで野田内閣の顔ぶれとその経歴を一々にチェックして、感想を述べる、というようなところから始めるとインプットにかかる負荷も少なくていいかも知れません。

2011-09-06 22:24:21
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(8)そのうち、書くことに慣れてきたら、ブログや書籍にインスパイアされた内容を書くといいと思います。

2011-09-06 22:24:35
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(9)『マキコミの技術』そのものはネット・マーケティングの内容ですが、ネット上の政治クラスタの世界と、リアルの政治の世界とはまだまだ連動しているとは言いがたい部分があります。

2011-09-06 22:24:51
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

(10)単にネット上で意志表現するだけではなく、身近な人に“マキコミ”をかけられるだけのプチ・リアル保守へ。まず、ブログを書くことで胸の中を整理整頓しましょう。(了)

2011-09-06 22:25:08
日本版お茶会党運動・小異を措いて大同へ @JapanTeaParty

追伸:経済的なイシュー(話題)をネタにした動画・ブログ・ニュースサイトを知っている方は、このアカウントにどんどん知らせてください。RTする形で共有をかけていきたいと思います。

2011-09-06 22:25:25

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?