10周年のSPコンテンツ!

2011.9.7 Talk on Together 実況ツイートまとめ

勝手ながら、sesomuさんの実況ツイートをまとめさせていただきました。会場に行けなかった人も、ラジオを聞けない人も、これで様子がわかると思います。読んで楽しいものではありませんが。
サッカー TOT 浦和レッズ
0
せそむ @sesomu
質問は島崎さんが選んだもの
せそむ @sesomu
質問:なぜこんなに弱いのか
せそむ @sesomu
柱谷:こんな成績で申し訳ない。この時期にTOTをやるのはシーズン当初から決まっていた。もっと上の順位でこういう会をやりたかった。
せそむ @sesomu
今の順位は厳しいものであると認識している。社長からも話があったが、優勝を目標にしてやるということで、ペトロに来てもらった。昨シーズンの試合を分析して、補強ポイントとして、CBの永田、FKの蹴れるマルシオをとってスタートした
せそむ @sesomu
震災の影響でスタート当初に活動できない時期があった。これはどのチームもだが、新体制でスタートしている中で、特に厳しかった。
せそむ @sesomu
決めきれない、点を取るのは難しい、どこのチームでも苦労するが、点を取れなかった。そこが響いた。特に選手名を出すことはしないが、エジのところの得点能力、コンディション面で昨年一昨年以上の活躍が見込めないのでシーズン途中で移籍させた
せそむ @sesomu
ストライカーの点の取れないところが響いた前半戦だった。マルシオもチームのために戦ってもらっているが、点が取れないのがチームにとって厳しいところになっている。
せそむ @sesomu
島崎:GMの回答について聞きたいことは山ほどあるが、会場から。
せそむ @sesomu
会場の質問:1位とは残り10試合で勝ち点28差なので、現状では残留を目標にしたほうがいいと思うが>GM
せそむ @sesomu
柱谷:今の順位では優勝を目指すのは現実的でない。下の3チームとの勝ち点差を広げていくのが必要。リーグは混戦状況で数チームがグループになっているが、連勝をすればうえにいける。その中で1試合ずつトーナメントと思って戦っていく。リーグについてはそういう目標でやっていく。
せそむ @sesomu
島崎:当初の目標はなくなったのか?
せそむ @sesomu
柱谷:現実的にはそういうことになる
せそむ @sesomu
質問:ペトロのチームコンセプトを確立させるつもりはあるのか?昨シーズンからの引継ぎは見えない
せそむ @sesomu
柱谷:昨年までの土台をなくすことは考えていない。フィンケさんのまえまではカウンターだった。ペトロにはイニシアチブをとって攻撃的にしてほしいといった。過去2年はボールは保持するがバックパスや横パスが多くゴールにつながる動きがなかった。
せそむ @sesomu
ゴールに向かってプレーする、ショートパスだけじゃなくてロングパスやドリブルや、
せそむ @sesomu
島崎:今の回答を元に質問を
せそむ @sesomu
会場の質問:ペトロのやりたいサッカーって何なんですか?
せそむ @sesomu
ペトロ:先ほどGMからあったように、攻撃的なサッカーをしようとしている。シーズンの中でいい試合もあったが、思うように行かない試合もあった。守備であれば前からというように、
せそむ @sesomu
会場の質問:三人ともいつになったら辞めるのか?(会場拍手)辞めてください
せそむ @sesomu
ペトロ:今の成績だとそういう意見がくるのは認めないといけない。この場でそういう話が出るのは敬意がない。自分の取り組みは今後の浦和レッズのためになる。去年でていない選手も出てきている。そのなかで2~3人代表選手も出ている。自分たちは時間をもらえれば強いチームが作れると思っている。
せそむ @sesomu
島崎:GMにも回答をもらいますが、私から。ペトロの話を聞くと、クラブの目標が監督に伝わっていないんじゃないか。優勝を掲げたのに育成の話をするのは筋違いじゃないか
せそむ @sesomu
柱谷:今の順位と成績は不本意。私自身もプレーヤーとしてプロとして12年間クラブと契約してきた。監督としても3つのクラブでやってきた。レッズとも契約して強化担当責任者としてやっているなかで、投げ出して辞めることは考えていない。出来ることをやっていいクラブになるようにしたい
せそむ @sesomu
橋本:最初に話しもしたが、浦和に来て3年目になる。すべての試合を見ているが、どの試合も勝ちたいと思って臨んでいる。今シーズンを迎えるに当たって、優勝を狙える戦力をそろえて欲しいといった。先ほどGMからもあったように狙った効果が出ていないとあった
せそむ @sesomu
これからも浦和が魅力あるサッカーをするクラブとして育てたい。そのサポートをして欲しいという気持ちは変わっていない。目標として、家庭と結果の両方を追求すると明言したつもり。魅力あるサッカーをすることと、勝つことの両立を追及します、それを目指してクラブの中、チームの中という部分で
残りを読む(88)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする