ジャズギターヴォイシング その2

ジャズギターで使われるコードフォームの中で、あまり知られていない面白いもの、新しいスタイルで使われるもの、などを書き記しています。
音楽 JAZZ GUITAR コンテンポラリー ジャズ chord コード ギター
5
SALTYBOX @saltybox
メジャーセブンの禁則b9(というかb16)の一番広いヴォイシングの紹介です。Double Drop2 and 3の第3転回形です。ヴォイシングが広がってくると弦飛びを含んでくるので難易度の高い指弾きになります。 http://t.co/Uk0FUTE
拡大
SALTYBOX @saltybox
前回の例のように飛ばした弦の部分にテンション音を入れて使いやすくする方法もあります。
SALTYBOX @saltybox
以前のコードはこちらにまとめてあります。http://t.co/TDxcRTt
SALTYBOX @saltybox
今まで6弦を含んだコードフォームを紹介していますが、これには理由があります。5弦より上側だけのコードはルートの位置によりいろんなコードの一部として使えるという意識で使っているからです。
SALTYBOX @saltybox
簡単な例で言うと、Cmaj7のコードを弾いたときルートがAだとAm9になるし、FだとFmaj7の9,#11で3rdを含まないコードになります
SALTYBOX @saltybox
このように説明が複雑になるし、コードと言うよりはコードの上部の音のストラクチャーの使い方になってくるので、後回しにしようかなと。
SALTYBOX @saltybox
このようなやり方はこの本に徹底的に書かれています。http://t.co/UC0zh9Y
SALTYBOX @saltybox
ただ僕も直接この先生に習ったときはまだしっくり来ていませんでした。その後自分のやり方で整理してだんだん身につけつつあります。
SALTYBOX @saltybox
耳がしっくり来なかったんですよね。アッパーストラクチャートライアドだと上に乗っているのはトライアドですので、それにルートの音が加わってもサウンドをきちんと整理出来たました。
SALTYBOX @saltybox
でも上に乗るのが4声のコードになってしかもインターバルが特殊な物だと、耳がついていかないので、頭の中や指板上でも整理がやりにくかったんだなと思います。
SALTYBOX @saltybox
6弦5弦に3度音程を持つシンプルなコードです。5弦からだとよく使うフォームですが、こちらはケニーバレル印のコードです。 http://t.co/5psssgj
拡大
SALTYBOX @saltybox
9月号のジャズライフでも岡安さんが解説されていましたね。ただコンテンポラリーな人でもカートローゼンウィンケルなど使う人がいます。
SALTYBOX @saltybox
つい最近もこのアルバムのAsk me nowをトランスクライブしていたら出てきたので思い出しました。http://t.co/tLmMRUF
SALTYBOX @saltybox
以前紹介したBbの上にEが乗っているコードに1弦でルートを加えた物です。3度を含んで居ません。E/Bbに近いのだけれどちょっとサウンドが違って格好いいです。当然バンド内では6弦を省略できます http://t.co/uGyBW5N
拡大
SALTYBOX @saltybox
ボビーブルームがさらっと使っていて、凄くかっこよかったです。 http://t.co/KarfSbi

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする