Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

Eurosla2011実況中継

mrkm_aがEurosla2011@ストックホルム大学の実況中継を行ったもののまとめです。
2
Akira Murakami @mrkm_a

会場到着。まずはLanguage Learning Round Table。タイトルは「Is there a future for the native speaker in SLA research?」。 #eurosla21

2011-09-07 16:25:45
Akira Murakami @mrkm_a

A. Sorace、M. Sharwood Smith、K. Hyltenstamが発表者、ほかにS. MontrulとM. H. Longが登壇者。 #eurosla21

2011-09-07 16:26:47
Akira Murakami @mrkm_a

Soraceが「The bilingual native speaker」というタイトルで発表中。 #eurosla21

2011-09-07 16:27:16
Akira Murakami @mrkm_a

NSといっても色々いる。教育レベルなどもそうだが、性格や実行機能の個人差もある。 #eurosla21

2011-09-07 16:31:10
Akira Murakami @mrkm_a

L2に接することによるL1の喪失もある。知識ではなく処理面が落ちる。 #eurosla21

2011-09-07 16:34:49
Akira Murakami @mrkm_a

バイリンガル話者は文法と語用をリアルタイムで統合させるのに苦労するが、それは早期バイリンガルとlate バイリンガルで差があるのか。 #eurosla21

2011-09-07 16:38:18
Akira Murakami @mrkm_a

バイリンガルは認知活動一般に強いが、言語面でモノリンガルよりも劣ることがある、というのは面白い。しかしこれはtwo sides of the same coinではないか。 #eurosla21

2011-09-07 16:39:22
Akira Murakami @mrkm_a

control of executive controlに年齢効果があるのではないか。早期バイリンガル、NS、L2学習者(late バイリンガル)、モノリンガルを比較。 #eurosla21

2011-09-07 16:50:22
Akira Murakami @mrkm_a

bilingual native speaker = 均衡バイリンガル。均衡であるためには両言語のインプットをコンスタントに受け続けることが重要。 #eurosla21

2011-09-07 16:51:18
Akira Murakami @mrkm_a

次はM. Sharwood Smithの「Is the native speaker a psycholinguistic impossibility?」 #eurosla21

2011-09-07 16:53:37
Akira Murakami @mrkm_a

1992年の第二回Euroslaで"The death of the native speaker"というタイトルで基調講演をした。その時に既にNSという概念は問題があった。 #eurosla21

2011-09-07 16:56:29
Akira Murakami @mrkm_a

発音の問題なのか、(正確性だけではなく)流暢さも必要なのか、literateであることが必要なのか、他者の視点からNSらしいことなのか、などNSの概念の問題が色々ある。 #eurosla21

2011-09-07 17:01:27
Akira Murakami @mrkm_a

NSを心理言語学的に定義することは可能か。 #eurosla21

2011-09-07 17:02:30
Akira Murakami @mrkm_a

(1)社会文化的な知識があり、(2)語彙を共有していて、(3)ジェスチャーなどparalinguisticな面も共有していて、(4)学習者のようなアクセントもない。(1)と(3)を満たしてないよりも(4)を満たしていない方がNNSと見なされる。 #eurosla21

2011-09-07 17:07:37
Akira Murakami @mrkm_a

NSの定義も依拠する理論によって変わってくる。 #eurosla21

2011-09-07 17:12:22
Akira Murakami @mrkm_a

最後はKenneth Hyltenstamの「The native speaker as a methodological instrument: Are there alternatives?」 #eurosla21

2011-09-07 17:27:15
Akira Murakami @mrkm_a

NSは死んだと言われたが、まだSLAの研究ではまだまだまだ比較対象として用いられている。 #eurosla21

2011-09-07 17:31:11
Akira Murakami @mrkm_a

NS/NNSの区別(NSの定義?)でよくチョムスキーが挙げられるが、チョムスキー自身は自分は特にそこに新しい視点を加えたわけではないと述べている。母語話者の権威(?)は既にあった、と。 #eurosla21

2011-09-07 17:39:04
Akira Murakami @mrkm_a

チョムスキー「"standard language"は言語的なものではなく、powerとauthorityが生むもの」 #eurosla21

2011-09-07 17:41:54
Akira Murakami @mrkm_a

NSは思想的には詳察されたが、NSに関する実証研究はまだあまりない。 #eurosla21

2011-09-07 17:43:06
Akira Murakami @mrkm_a

20分間の休憩後、MontrulとLongを交えてのディスカッション。 #eurosla21

2011-09-07 18:03:10
Akira Murakami @mrkm_a

再開。discussantも25分ずつ話すのか。 #eurosla21

2011-09-07 18:30:58
Akira Murakami @mrkm_a

Sylvina Montrul。NSをモノリンガルNSとバイリンガルNSに分ける必要がある。しかし彼等内でもsimultaneousバイリンガルvs sequentialバイリンガルなど色々な面で異なる。 #eurosla21

2011-09-07 18:38:33
Akira Murakami @mrkm_a

SLAは被験者が第二言語の知識を有しているかどうかに敏感で、心理言語学、社会言語学、コーパス言語学などではその辺りに注意を払っていない。 #eurosla21

2011-09-07 18:41:29
Akira Murakami @mrkm_a

実験者が作成したテストで能力を測定する場合、NSという天井効果を示す群が統制群として必要かもしれない。ただ標準テストを用いるのであれば、NSは実験に必要がない場合も多々ある。 #eurosla21

2011-09-07 18:55:13
残りを読む(236)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?