下水処理場からヨウ素I131が検出される件のメモ

事故後半年が経過してますがヨウ素の減衰を考慮しても原発から の総排出量と通年・全国で流通する医療アイソトープの総量は オーダー的には近い様ですので少し定量的に考えました。 ヨウ素が検出される件はざっと以下のような不明点があります。 ・ヨウ素の沈殿性、処理場での捕集性、処理の循環系 ・(まあ公表されなくて当然ですが)患者数、地域 ・下水中のヨウ素濃度と汚泥との比率、、など。 が、「ある」と思うに続きを読む事故後半年が経過してますがヨウ素の減衰を考慮しても原発から の総排出量と通年・全国で流通する医療アイソトープの総量は オーダー的には近い様ですので少し定量的に考えました。 ヨウ素が検出される件はざっと以下のような不明点があります。 ・ヨウ素の沈殿性、処理場での捕集性、処理の循環系 ・(まあ公表されなくて当然ですが)患者数、地域 ・下水中のヨウ素濃度と汚泥との比率、、など。 が、「ある」と思うにせよ「ない」と思うにせよ、 ある程度定量的にイメージを掴んだ方が良さそうなので 排泄されうる量や時定数、統計的なアイソトープの総量、 関東〜東北の検出値など調べました。 特に福島北部、中部の下水処理場データは日毎のプロットがあり 有用と考えます。
甲状腺癌 医療用アイソトープ i131 震災 ヨウ素内服放射線治療 下水汚泥 原発 ヨウ素検出
kotonetomomioto 5614view 4コメント
24
ログインして広告を非表示にする

コメント

  • ジョエーウ @joejoeu 2011-09-10 12:50:32
    長崎の下水汚泥からも出て居るそうな。http://goo.gl/Xd4EM どうして時期が一致しているのか。お盆休みに起因?アイソトープ空輸間隔の偏り?
  • スーさん @kotonetomomioto 2011-09-10 13:07:18
    例えば抗癌剤をするときも「もしなんかあったら」というのがあってスタッフが手薄な時期は避けたいと思うと思います。「5GBq服用する」というのはそれなりに管理も必要ですし「お盆休み効果」というのは有意にあるかも知れませんね。
  • ジョエーウ @joejoeu 2011-09-10 13:26:26
    ふーむ、すると半減期8日なんていう、超なまものであるI-131の空輸スケジュールとか間隔って、意外と密なものかもしれませんね。月に1回とかまとめて投与するようなイメージが今までありまして。
  • スーさん @kotonetomomioto 2011-09-10 13:51:30
    まあ多分、投与日と必要なBq数を指定されたら、減衰を考慮して出荷する?みたいな感じだとは思うのですが。PETや骨シンチの場合も「何日の何時何分に始めます!」みたいな感じですから。

カテゴリーからまとめを探す

「原発」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする