文学研究とは?

作家の土居豊さんを交えた文学に関連する話です。前提をすり合わせるところでほとんど終わってますが・・・。
文学
1698view 0コメント
3
べじょろぴ釜他人 @helmsman2196
文学は現に情報のうちのただのいち分野として、コミュニケーションのうちのいち分野として扱われるようになりつつありますし、遠くない将来完全にそうなるでしょう。私は当然の帰結と思います。RT @akiyuki_w @mimimasumasu 文学部は解体の方向にやはり向かうのですかね?
@akiyuki_w
RT @missa4005 文学は現に情報のうちのただのいち分野として、コミュニケーションのうちのいち分野として扱われるようになりつつありますし、遠くない将来完全にそうなるでしょう。私は当然の帰結と思います。RT @mimimasumasu 文学部は解体の方向に
@akiyuki_w
@missa4005 ちなみに文学部の中でも哲学とか西洋東洋史学、心理学とかあるじゃないですか?この辺に関してはどう思われますか?文学は文学部の中のあくまで一部ですよね。
べじょろぴ釜他人 @helmsman2196
そちらの方面に明るくないけれど、より実用的な形にされ教育学部に吸収合併、でしょうか。RT @akiyuki_w @missa4005 ちなみに文学部の中でも哲学とか西洋東洋史学、心理学とかあるじゃないですか?この辺に関してはどう思われますか?
@akiyuki_w
@missa4005 教育学かなあw多分認知科学とかそっちの方面に統合されていくか、と。まああまりマニアックな話は辞めとこうw
土居豊 @urazumi
一文学者としてお考えには反対です。文学は情報だけではなく芸術ですから。RT @missa4005 文学は現に情報のうちのただのいち分野として、コミュニケーションのうちのいち分野として扱われるようになりつつありますし、遠くない将来完全にそうなるでしょう。私は当然の帰結と思います。
@missa4005
@urazumi 「芸術」とは学問的な権威づけと切っても切れません。芸術的感性が個々人に内在するものとすればそれを呼び覚ますのは認められた枠組みの中の「作品」のみによってでしょうか?そうではない、それをも内包するコミュニケーションであるはずです。私たちはハイブリッドな存在です。
@missa4005
情報学分野が美学的観点を体得すれば良いだけのこと。文学部は文学の価値を高める一方、文学の可能性を狭め、芸術を感じることを限られた人の特権にしてしまう。文学の弱体化と滅びに一役買っています RT @urazumi 文学は情報だけではなく芸術ですから。RT 文学は情報のうちの一分野
土居豊 @urazumi
ご意見を引用しきれなくてすみません。「芸術と学問」は相互補完する関係と考えます。文芸には学問的に権威がなくても時代を超えて愛読される作品があります。RT @missa4005「芸術」とは学問的な権威づけと切っても切れません。
@missa4005
ところでなぜあなたはご自分のことを「文学者」とお呼びになるのですか?そのことについて考えたことがおありでしたらお聞かせください。RT @urazumi 一文学者としてお考えには反対です。RT @missa4005 文学は現に情報のうちのただのいち分野として、…当然の帰結です。
土居豊 @urazumi
「認められた枠組みの中の作品のみ」という意味がよくわかりません。RT @missa4005 芸術的感性が個々人に内在するものとすればそれを呼び覚ますのは認められた枠組みの中の「作品」のみによってでしょうか?そうではない、それをも内包するコミュニケーションであるはずです。
土居豊 @urazumi
「我々がハイブリッドな存在」であることと「文学=情報の一分野」であることの意味を教えてくださるとうれしいです。RT @missa4005 私たちはハイブリッドな存在です。
@missa4005
それはそのとおりだと思います。「文芸」についてはそうですね。私は「文学」について話していました。つまり学問上の分類の話をしていたわけです。RT @urazumi 「芸術と学問」は相互補完する関係と考えます。文芸には学問的に権威がなくても時代を超えて愛読される作品があり
@missa4005
「文学」として俎上に乗せることのできる作品、または表現は非常に限られているという意味です。RT @urazumi 「認められた枠組みの中の作品のみ」という意味がよくわかりません。RT @missa4005 芸術的感性が…認められた枠組みの中の「作品」のみによってでしょうか?
土居豊 @urazumi
「文学者」である自分という理由は「作家」「小説家」である自分という意味です。手短かながら。RT @missa4005
@missa4005
両方についてそれぞれ説明すればよろしいのですか?両方の関連について説明すればよろしいのですか?RT @urazumi 「我々がハイブリッドな存在」であることと「文学=情報の一分野」であることの意味を教えてくださるとうれしいです。
@missa4005
そうですか。私は小説家や作家のことを文学者とは呼びません。両者は似て非なるものと言うのが私の意見ですね。 RT @urazumi 「文学者」である自分という理由は「作家」「小説家」である自分という意味です。手短かながら。RT @missa4005
土居豊 @urazumi
なるほど、納得です。「文学=文学研究」ということでしょうね。前提がややすれ違っていたようです。RT @missa4005「文学」として俎上に乗せることのできる作品、または表現は非常に限られているという意味です。
べじょろぴ釜他人 @helmsman2196
どれも映画に出てきそうですね! RT @etsuokabe 感動しました! RT @tucchi2009: うわぁ!美しい。 世界の素晴らしい本屋さんベスト10 http://alfalfalfa.com/archives/393552.html
土居豊 @urazumi
両者の関連についてお考えを聞かせてくださるとありがたいです。RT @missa4005 両方についてそれぞれ説明すればよろしいのですか?両方の関連について説明すればよろしいのですか?
@missa4005
「文学」と「文芸」もしくは「表現」「作品」といった言葉の使い分けには、私は非常に敏感になってしまいます。^^RT @urazumi 「文学=文学研究」ということでしょうね。RT @missa4005「文学」として俎上に乗せることのできる作品、または表現は非常に限られている
土居豊 @urazumi
なるほど。ところで例えばあなたが「文学者」として一人挙げるとすれば誰でしょう?参考までに教えてくださるとうれしいです。RT @missa4005 そうですか。私は小説家や作家のことを文学者とは呼びません。両者は似て非なるものと言うのが私の意見ですね。
土居豊 @urazumi
文学研究に関していえば、このご意見は理解できます。RT @missa4005 情報学分野が美学的観点を体得すれば良いだけのこと。文学部は文学の価値を高める一方、文学の可能性を狭め、芸術を感じることを限られた人の特権にしてしまう。文学の弱体化と滅びに一役買っています
@missa4005
では、ちょっと、長くなるのですが…@urazumi 両者の関連についてお考えを聞かせてくださるとありがたいです。RT @missa4005 両方についてそれぞれ説明すればよろしいのですか?両方の関連について説明すればよろしいのですか?
@missa4005
そうでしたか。ありがとうございます。ただ、文学研究としての文学も、文学作品としての文学も情報の一部分だと思うのです。RT @urazumi 文学研究に関していえば、このご意見は理解できます。RT 情報学分野が美学的観点を体得すれば良いだけのこと。文学部は文学の価値を高める一方、
残りを読む(18)
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする