2011年9月12日

【対話】コラージュ考

対話
3
けんちゃん @kenchan5

コラージュは敵をつくるものなのか…?「素材」自体の評価と「作品」の評価が混在している。そして、「素材」自体の問題を「作品」の問題よりも優先する。作者は「作品」に意図を込めるはずなのに、そこは無視して(現代アート?何それ意味分かんないと切り捨てて)「素材」の評価に終止する。

2011-09-03 23:14:07
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 カオスラウンジの事なら、少なくともふたばでコラしてる人らと言うのはほとんどが「身内を笑わせるため」にコラしてるような人だらけで、意図なんてあまりないと思います。それを持ち出して大仰な意図をつけてドヤ顔してたのが何よりも気に食わなかった部分の一つだと思います。

2011-09-03 23:19:24
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 またコラージュと言う技法そのものは、正式に許可を得ているならまだしも勝手にやっていると法にも抵触する部分はあるかと(この辺はきっとけんちゃんさんの方がお詳しいかと)。何事にも言えますが、やり方次第では敵を作ります。そして素材を超えていない作品は評価されません。

2011-09-03 23:24:48
けんちゃん @kenchan5

さらに気になるのは、「第一次な意図」に絡め取られている鑑賞者が多すぎないかという点。作者は「第一次的な意図」によって「第二次的な意図」を発したいのだろうに、その点を無視ないし矮小化して評価する。もちろん「第一次的な意図」の検討も必要だが、そこに終始しては公平じゃないでしょうと。

2011-09-03 23:28:11
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 何を以って「素材を超えた」とするかは、人によって感じる部分が違うので難しい所なのですが、素材の問題が作品より優先されてしまうと言う事は、大多数の判断が「素材を超えていない」と言うものだったからなのではないでしょうか。乱文失礼しました。

2011-09-03 23:29:54
けんちゃん @kenchan5

@fmygear はい、カオスラウンジのことです!私は、ふたば内で行われているコラージュ表現が、観点を変えると意図を内包させることができる「アート」になりうるということ、またそれを実行したことは「ドヤ顔してふたばを荒らした」こととは別な軸で評価できると思います。

2011-09-03 23:49:00
けんちゃん @kenchan5

@fmygear そうですね。「敵」=作品が素材を超えていないと判断する者とすると、この判断についてが焦点になりそうです。 私はここでの判断基準に疑問があるのです。つまり、作品と素材を天秤にかけて比較していないのではないかということです。

2011-09-03 23:49:13
けんちゃん @kenchan5

@fmygear 大多数となっている「敵」が基準を設け判断しているのならば作品への批評として正当であるといえますが、「気に食わなさ」で判断しているのであればそれは恣意的な偏りがあり不当ではないかと思うのです。

2011-09-03 23:49:58
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 なるほど。ウォーホルの作品のように、新たに「芸術作品」として意図を込め、価値を持たせる事が出来るのを証明したのは評価されてもいいのかも知れません。しかし、今回はふたば側に全くメリットが無かった事を考えると別軸にしてはいけないのではないかと思うのです。

2011-09-03 23:55:23
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 非常に内的な集団であるふたばから、その特性を知りつつ、しかもその集団が崩壊しても構わないと言う横暴な意識の元に、新たな価値を押し付けるような形で行動した事は看過してはいけないと思うのです。

2011-09-03 23:57:58
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 判断基準は仰るとおり、非常に曖昧な物だと思います。ただ、コラージュにおいては「作品対素材」と言う基準と同時に、「素材とは全く異なる評価基準が加えられているか」と言うのもあるのでは、と思います。「作品を見た側が観点を変えられるか」と言う話です。

2011-09-04 00:02:14
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 素材と同列に比較されるのももちろん必要ですが、そこに付加価値が見出せるか、と言うのもポイントではないかと。作品自体の独自性とか、あるいは先述なさってた「意図が内包されているか」とか。最初に問題になった梅ラボ作品を見ると、例えば独自性は薄かったと思います。

2011-09-04 00:06:33
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 判断の正当性は言うまでもなく超絶難しい問題ですが、芸術と言う「明確な基準」が表しにくい分野なので、「気に喰わなさ」と言う非常に曖昧なものも評価に加味される、重要な天秤たりえてしまうのではないでしょうか。

2011-09-04 00:13:47
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 後今更ですが、全文出る前にいきなり突っ込んで失礼しました。また自分は思いっきりふたば住人なんで、この件について仰るとおり、めちゃくちゃ恣意的な見方をしている点が多々あります。そのような状態なんで、中立的な意見では全く無いです。重ね重ね無礼をお詫びします。

2011-09-04 00:17:41
けんちゃん @kenchan5

@fmygear なるほど。「作品を見た側が観点を変えられるか」はアート、とくにコラージュでは(素材との兼ね合いが生じるため)判断基準として重要ですね。

2011-09-04 00:35:21
けんちゃん @kenchan5

@fmygear 確かに誰もが「作品を見た側が観点を変えられるか」とまでは強度はなく、「作品の観点を変えて見るとこう読み込める」レベルでしょう。 なのでここに鑑賞者の恣意が入り込んでしまうようですね。

2011-09-04 00:35:32
けんちゃん @kenchan5

@fmygear ちなみに私はカオスラウンジの意図しようとしていることを理解できるので作品に独自性を見いだせてしまいます…

2011-09-04 00:35:46
けんちゃん @kenchan5

@fmygear いえいえ、非常に興味深いです。あらゆる問題について恣意的になるのは避けられないですし(私もです!)、ふたばの住人サイドから丁寧に感情を言語化したものに触れるのははじめてでしたので。この件は感情が前面に出されて外からでは、わかりにくい意見が多いです…

2011-09-04 00:37:01
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 また、観点を変えて見た場合に説得力があるかどうか、ってのも重要だと思います。ウォーホルのスープ缶に「大量生産への揶揄」と言うテーマがある、と言われて納得行くか行かないか、みたいな。これもまた個々の感性なんで微妙ではありますが。

2011-09-04 00:42:57
けんちゃん @kenchan5

すっごいためになった歯車さんとのやり取りだけど、これとぅぎゃったりしたら炎上コースまっしぐらなんだろうなww

2011-09-04 00:43:10
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 個人的に怖いのが、「著名な批評家に言われるとそんな気がする」と言う面です。影響力と言いますか。作品自体の説得力もさながら、それを「裏付けてしまえる」存在が現れるか否かってのも、現代アートには重要なのではないかと思います。・・・実は推測ですが(最低)。

2011-09-04 00:45:30
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 けんちゃんさんのように「意図が見出せる人」が多数派だったなら、きっと状況は今と全く変わっていたでしょう。意図を見出せる事自体は問題ないですし、むしろいい事だと思います。作品自体の説得力が足りない(と言う現状(?)のは、カオス側の問題です。

2011-09-04 00:48:45
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 そうですね、そもそもが場末の気色悪い掲示板の内輪ネタを持ち出したと言う非常にアレな所から始まってるので、感情的な意見が多くなるのは仕方ないと思いますw 一応現場の端っこから見ていた一住人の意見としてはこんな感じです。何かの一助になれば幸いです。

2011-09-04 00:50:38
文屋歯車 [要出典] @fmygear

@kenchan5 そう言って頂けると安心です、俺も色々と勉強になりました。後トゥギャるのは今は勘弁して下さい、俺も他の方の反応がちょっと見たいですがそれ以上に吊り上げられるのが怖いですww

2011-09-04 00:53:16
残りを読む(30)

コメント

sesamechang @sesamecake 2011年9月12日
こうやって人の行為を一生懸命良い方に良い方に解釈しようと言う態度は宗教っぽくて好きだなあ。御輿の上で教祖様はニヤニヤ笑ってるぜ。ヒヒヒ。
1