2011年9月15日

Wo ist der boy?

日本人が歌うドイツ語歌謡と西洋から見た日本趣味
0
カルヴァドス @cornelius0321

①双子の姉妹歌手「ザ・ピーナッツ」の歌唱力が素晴らしいのは、今更言うまでもないが、1960年代末に、ドイツ語で曲を出している。名前も「Die Peanuts」になっている。

2011-09-04 01:34:48
カルヴァドス @cornelius0321

②ドイツで公演でもしたのだろうか。英語やフランス語に比べて、日本人がドイツ語でポップスを歌うこと自体かなり珍しい。

2011-09-04 01:34:37
カルヴァドス @cornelius0321

③「Bye Bye Yokohama」は耳に心地よい。 http://t.co/7D7dr85

2011-09-04 01:34:29
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

④ドイツ語に「西洋から見た屈折した日本趣味(フジヤマ・ゲイシャ)」が融合して、とてつもない無国籍サウンドになっているのが最高に楽しい。私はこういう音楽が大好きだ。 http://t.co/DPrsMSe

2011-09-04 01:34:22
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑤FUJIYAMAと書いてもドイツ人は「フジヤマ」と読めない。「フユイヤマ」になってしまう。FUDSCHIJAMAと書くらしい。とすると、ドイツ語のDSCHのつづりが英語のJに該当するということか。ローマ字に慣れているので子音字が4つも連続すると読みづらい。

2011-09-04 01:34:13
カルヴァドス @cornelius0321

⑥これもたぶん英語の原曲があるのだろうが、ドイツ語で「船長さん、ハワイまで行って(fahr´ nach Hawaii)」とお願いしてるんだから、今どこにいるんだよという感じだ。 http://t.co/PpeHjA9

2011-09-04 01:34:04
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

http://t.co/GZW31zf Wo ist der boy?は英語に直すとWhere is the boy?だ。これをWo ist der Junge?にしなかった所に意味がある。

2011-09-04 01:33:51
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑧発音は「ヴォ・イスト・デア・ボーイ」だ。区切り方を変えれば「ヴォイ・ストゥデア・ボーイ」になり、「ヴォイ」と「ボーイ」が韻を踏む

2011-09-04 01:33:42
カルヴァドス @cornelius0321

⑨Wo ist der Junge?でも韻を踏めないし、 Where is the boy?でも韻を踏めない。 言葉遊びの面白さを知っている人でなければ、絶対に思い付くことはできない。こういう細かい遊び心は、憎い演出だ。

2011-09-04 01:33:31
カルヴァドス @cornelius0321

⑩昔の曲は、2,3分ぐらいのものが多いのに、中身が濃く、そこから受け取る情報量が半端ではない。http://t.co/NgGHEO7 http://t.co/Q0CkpSr

2011-09-04 01:33:19
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑪ドイツ語だけかと思っていたらフランス語でも歌っていた。参りました。すごい人たちだ。http://t.co/nkKrvnx

2011-09-04 01:33:10
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑫「JE CROIS AUX MIRACLES」 http://t.co/9FUoywo 英語にすればI believe in miraclesで、「(あなたと恋に落ちるような)奇跡を信じてる」という感じだろう。

2011-09-04 01:32:56
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑬ザ・ピーナッツとは違うが、「日本人から見た日本趣味(フジヤマ・ゲイシャ)」というメビウスの輪のような視点で、音楽活動をしていたのが「花代」だ。何と彼女は本物の芸者だった。向島で半玉(見習い芸者)だったことがあるのだ。 http://t.co/7LIwwyP

2011-09-04 01:32:44
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑭ちょっと舌足らずな歌い方と、三宅純のサウンドがよく合っている。 http://t.co/paaRlwo La terre n’est pas le paradis.(この世は楽園にあらず)という歌詞がクールだ。

2011-09-04 01:32:30
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑮トロピカル、エキゾチカ、南洋、日本趣味(フジヤマ・ゲイシャ・ニンジャ)というコンセプトで作られた音楽や映画が1970年代ごろまで、かなりあった。

2011-09-04 01:31:24
カルヴァドス @cornelius0321

⑯ザ・ピーナッツの「モスラの歌」や、Les Baxterのエキゾチカ・サウンドなどもこの流れに属する。http://t.co/EOvT0Z8 http://t.co/KatyVXA

2011-09-04 01:31:11
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑰江利チエミの「串カツソング」や「ウスクダラ」もそうだ。 http://t.co/eS9jots http://t.co/yL6cDWh

2011-09-04 01:31:00
拡大
カルヴァドス @cornelius0321

⑱長々とツイートしてしまった。ではまた皆様、ごきげんよう。 http://t.co/JtY5B9X <この話題終わり>

2011-09-04 01:30:49
拡大

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?