2022年5月15日

冬眠から覚めた #森のくまさん(♀)寝床の木の洞から顔を出して大あくび🐻

(¯(エ)¯) zzz...
19
The Siberian Times @siberian_times

Somewhere in another, parallel, peaceful world, a female bear yawns as she wakes up to another spring. Pictures from Khabarovsk region, end of April 2022 by photographer and researcher Sergey Kolchin pic.twitter.com/i5QlBOAQ9K

2022-05-12 22:29:13
拡大
拡大
拡大

平和な別のどこかの並行世界の春に冬眠から目覚めた熊の美女が大あくび
2022年4月末 ハバロフスク地方にて
写真家/研究者 セルゲイ・コルチン 撮影

The Siberian Times @siberian_times

The Siberian Times - all about Siberia, in English

siberiantimes.com

美しい一瞬だw

綺麗な画像ですね

素晴らしい
シェアに感謝

おとぎ話みたい・・・

えー、凄い写真じゃん!

いや、木の中に住んでるなんて、どういうこと?

Inger Hogstrom 💙💛 @ingerhogstrom

@siberian_times What species of bear is this? The ears look so round and the white patch looks like a sun bear.

2022-05-12 23:18:53

このクマの種類は何なんだろ?
耳はまん丸だし白い斑点も見えるからマレー熊かな

リンク Wikipedia マレーグマ マレーグマ (馬来熊、Helarctos malayanus) は、哺乳綱食肉目クマ科マレーグマ属に分類される食肉類。本種のみでマレーグマ属を構成する。 インド北東部、インドネシア、カンボジア、中華人民共和国南西部、タイ王国、バングラデシュ、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス。シンガポールでは絶滅。 模式産地はスマトラ島。 頭胴長(体長)100 - 140 cm(センチメートル)、尾長3 - 7 cm、肩高約70 cm、体重25 - 65 kg(キログラム)と、クマ科最小種。その小ささのた 3 users 1

「一方、シベリアでは・・・」

我が理想郷だ

もう可愛すぎるぞ

残りを読む(7)

コメント

ま _ _ す @ryuta100kg 2022年5月15日
ハバロフスク地方撮影ってことはヒグマだろうな。マレーグマは文字通り東南アジアの熊で冬眠もしない。 写真はかわいいけど、冬眠から覚めた直後で腹減ってるのでは。
0
らない @lanai_spr2 2022年5月15日
ツキノワグマでしょ。三日月あるし木に登ってるし。ヒグマはどっちもない。 マレーグマはもっと体全体ぺそっと細いし、頭がハート型?だし。
9
nekosencho @Neko_Sencho 2022年5月16日
こういう穴で昼寝したい
0