2022年5月30日

今こそ話そうサリエーリ2022 -3年後は没後200年記念年-

2022年5月7日は、アントニオ・サリエーリの命日。1825年5月7日午後8時、老衰で逝去。 没後197年となりました。メモリアルイヤーの200年まであと3年です。近づいてきましたので、それを記念してお話ししました。
7
音食紀行 @onshokukiko

本日アントニオ・サリエーリの命日です。1825年5月7日午後8時、老衰で逝去。 『サリエーリ』著者水谷彰良さんの薫陶を受けて、『宮廷楽長サリエーリのお菓子な食卓』(春秋社)を2019年11月に刊行しました。 21世紀はサリエーリもモーツァルトもどちらも愛でる時代。美味しいお菓子をどうぞ。 pic.twitter.com/L5B1ORp48m

2021-05-07 20:00:48
拡大
拡大
拡大
拡大
白沢達生@となりにある古楽 @t_shirasawa

『アマデウス』でのサリエーリ像はむしろ史実と逆で。 ロッシーニ人気に嫉妬した1820年代のウィーンのドイツ語話者たちが、かの都における当時のイタリア音楽家として最も尊敬されていたサリエーリに鬱憤をぶつける根拠のない毒殺疑惑を撒いたのが元凶なのです。風評被害… #古楽の楽しみ twitter.com/kazut0323/stat…

2022-05-04 06:21:02
白沢達生@となりにある古楽 @t_shirasawa

承前)毒殺疑惑はすぐに広まり、遠くロシアで作家プーシキンを刺激し『モーツァルトとサリエーリ』という戯曲を生ましめたのは、バッハ『マタイ受難曲』の歴史的蘇演翌年の1830年…これはすぐドイツ語歌芝居にもなってる ドイツ語話者たちの国家形成とも無縁ではない根深い話なんです #古楽の楽しみ pic.twitter.com/IWfMSdjsm7

2022-05-04 06:25:56
拡大
白沢達生@となりにある古楽 @t_shirasawa

承前)実際、サリエーリのあまりの人気と恵まれた立場に嫉妬していたのはむしろモーツァルトの方で。 僅か6歳違いの同世代でありながら、かたや固定ポストを得られず活躍の影で煮湯を飲まされ続け、かたやイタリア育ちで才覚を十全に認められ皇室でも大いに愛され欧州各地で人気の人… #古楽の楽しみ pic.twitter.com/BbwZkEDjvv

2022-05-04 06:30:21
拡大
音食紀行 @onshokukiko

明日は、アントニオ・サリエーリの命日です。没後200年記念祭も3年後に迫りました。準備していきまーす。

2022-05-06 13:02:54
音食紀行 @onshokukiko

明日はサリエーリの命日です。三年後の没後200年記念祭も近づいてきました。 そんなわけで、明日22時よりスペースで今こそ語ろうサリエーリを開催いたします。どうぞよろしくお願いいたします。 twitter.com/t_shirasawa/st…

2022-05-06 13:08:29
音食紀行 @onshokukiko

明日はアントニオ・サリエーリの命日です。どうぞよろしくお願いいたします。 twitter.com/i/spaces/1PlJQ…

2022-05-06 13:16:27
音食紀行 @onshokukiko

MC 白沢達生(音楽ライター) ゲストスピーカー 渡邊温子(チェンバロ奏者) 大塚萌(千葉大学特任助教/サリエリ 読むゼミ) 主催 音食紀行 twitter.com/onshokukiko/st…

2022-05-06 17:38:00
サリエリ読むゼミ @SalieriSeminar

明日7日土曜日の10時から、音食紀行様のspaceにゲストスピーカーとしてお邪魔します。話題が提供できるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。 twitter.com/onshokukiko/st…

2022-05-06 18:03:23
白沢達生@となりにある古楽 @t_shirasawa

【Space土曜夜22:00〜】 5/7はモーツァルト世代少し年上の大家、サリエーリの命日。そこで 歴史料理イベントの音食紀行さん 古楽鍵盤奏者の渡邊温子さん 「サリエリ読むゼミ」大塚萌子さん シラサワ がSpaceでお話します! 当方からは、ここ数年で増えた欧州の新録音など話題提供してきますネ✨ twitter.com/onshokukiko/st… pic.twitter.com/OmbjYRqi5x

2022-05-06 18:17:51
拡大
拡大
拡大
白沢達生@となりにある古楽 @t_shirasawa

本記事、いま目を通しました。 「凡庸の頂点」と、作品に接してみもしないうちから風評ベースで過去の創作家を(比喩であっても)断じる文章作法には強い違和感を覚えます。『アマデウス』が史実と違う点をかなり手前で指摘するだけでは、ミスリードを防げるとは思えない。 news.mynavi.jp/article/202205…

2022-05-06 19:14:31
音食紀行 @onshokukiko

MC 白沢達生(音楽ライター) ゲストスピーカー  渡邊温子(チェンバロ奏者) 大塚萌(千葉大学特任助教/サリエリ 読むゼミ) 樽木彩花(ピアノ奏者)←23時以降~ 主催 音食紀行 twitter.com/onshokukiko/st…

2022-05-07 12:52:11
サリエリ読むゼミ @SalieriSeminar

今日のゼミがゆるゆると始まってますー

2022-05-07 14:14:57
サリエリ読むゼミ @SalieriSeminar

本日夜10時からです。よろしくお願いいたします。 (今日読んだ範囲のドイツ語が難しすぎたのでその話をしてしまいそう…) twitter.com/SalieriSeminar…

2022-05-07 17:00:57
かげはら史帆@文学フリマ東京5/29 カ-02 @kage_mushi

本日はサリエーリ先生の命日(1825.5.7)ということは第九初演の日(1824.5.7)

2022-05-07 20:15:23
白沢達生@となりにある古楽 @t_shirasawa

承前)まさにサリエーリ歌劇の充実作のような仕上がり。 …そんなわけで、22時からは記念日Spaceですぜ🙌 twitter.com/t_shirasawa/st…

2022-05-07 21:01:20
音食紀行 @onshokukiko

ぜひ私のスペースに参加してください! twitter.com/i/spaces/1PlJQ…

2022-05-07 21:59:07
渡邊 温子@6月18日バロックランチの会 花久の里コンサート♪ @AtsukoWatanabe

#サリエーリ と サリエリ 問題。(イタリア語の発音に準拠すると、サリエーリという表記となる)

2022-05-07 22:14:34
リンク Wikipedia フラクトゥール フラクトゥール(独: Fraktur、フラクトゥーア)は、ドイツ文字、亀の子文字、亀甲文字、ひげ文字などとも呼ばれる書体である。ドイツでは、第二次世界大戦頃までこの書体を印刷に常用していた。 フラクトゥールは、中世のヨーロッパで広く使われた、写本やカリグラフィーの書体を基にした活字体・ブラックレターの一種であり、最も有名なものである。時には、ブラックレターを全部指して「フラクトゥール」と呼ぶこともある。フラクトゥールの語源は、古いラテン語の分詞、frangere(壊す)、fractus(壊れた)であり、他 38 users 1
残りを読む(22)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?