2022年6月2日

福井弁護士による、二次創作ガイドラインの種類と国によるカルチャーの違いについて

11
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

ウマ娘の二次創作ガイドラインを守らない海外の二次創作勢と、日本のファンの間で対立、というニュースを見ました。 ここで、二次創作ガイドラインには二種類あることは、念頭において置くと良いでしょう。「本来できないことを許すガイドライン」と、「本来自由なことへのお願いの表明」です。

2022-06-02 08:40:59
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

例えば漫画・アニメの二次創作の場合、著作権がありますので、日本では少なくないケースが(法的には)本来できません。 権利者がそのガイドラインを出す場合、ガイドラインに従えば許諾する、という意味ですから、従わなければ著作権侵害で違法になってしまいますね。

2022-06-02 08:42:11
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

ゲームのキャラも多くの場合、こちらでしょう(馬名の商標登録は、あまり関係ないと思います)。 この辺りの議論は、例えば下記コラムや、そこで触れている『ウマ娘の二次創作にガイドライン「暴力や性的描写はダメ」守らなかったらどうなる?』に詳しいので、そちらを。kottolaw.com/column/220331.…

2022-06-02 08:43:59
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

他方、例えば古い仏像の場合、もはや著作権はありません。パブリシティ権的なものも最高裁に照らして無理でしょう。よって、法的には二次創作は誰でも自由なのですね。 この場合のガイドラインは、管理者などによる希望の表明、となります。性格が、大きく違いますね。

2022-06-02 08:46:21
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

問題はここからで、海外の場合、国によってはフェアユースやパロディ規定が著作権法にあって、二次創作は「法的にも」かなり自由なのですね。 つまり、たとえゲームのキャラでも二次創作はある程度自由で、そういう場合には同じガイドラインが、「権利者の希望の表明」に変わります。

2022-06-02 08:48:33
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

更にカルチャーの違いも影響します。 日本では多くの場合、二次創作の根底には原作愛があります。政府の規制には全力で立ち向かうが、作家が嫌ならすぐにやめる、そういうカルチャーを強く感じます。

2022-06-02 08:49:39
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

もちろん、欧米のファンアートにも原作愛は大いにあるでしょう。 ですが、一方で彼らにとってパロディとは、先人が時の権力者から首を切り落とされながら勝ち取って来た、批評や風刺の自由です。怒られてやめる精神性は、概して少ないでしょう。

2022-06-02 08:52:22
福井健策 FUKUI, Kensaku @fukuikensaku

この辺りは『著作権とは何か』(集英社新書)でも書きましたが、カルチャーの違いであって、どちらが正しいというものではないでしょう。 ただ、そんなことも念頭に議論に加わると、良いかもしれませんね。

2022-06-02 08:54:34

コメント

aki.egg @Aki20140101 2022年6月3日
フェアユースやパロディ規定は、2次著作のマジックワードじゃないし、範囲規定あるし、それほど緩いとも思わんけど。暴れる海外2次勢はこれらでもOKとは思えんが
6
金剛石 @Golden_ratio_S 2022年6月3日
海外が実質コピーライトヘイヴンと化してるのよな。だから対応が困難を極める。これを解決するには著作権を作成国の著作権法に帰属させるような包括的条約が最適とは思うけど、これもデメリットがある。中国産のコンテンツの二次創作がまず死滅する。
4
masao @namiyome 2022年6月5日
Golden_ratio_S 「著作権を作成国の著作権法に帰属させる」、いやそれきついでしょ。例えばアメリカ作品を利用するときはアメリカの著作権法にしたがわなきゃいけないってことでしょ? でも外国の法律の改正まで逐一追っかけられないでしょう。どう考えても最適じゃないし非現実的。
1
喋る雉 @Juck29987121 2022年6月5日
Aki20140101 ディズニーなんかはアメリカでもフェアユース規定が通用しないと言われるくらい厳しいですからね。決して何でもありではない。
0