10周年のSPコンテンツ!

ナリバサ内イジメ騒動

 わたしが体験した、ナリバサ内で起こったイジメ騒動を綴ったものです。  今現在ナリバサをやっていらっしゃる方、ナリバサをフォローしている方は、是非目を通してみて下さい。
心理 なりばさ イジメ ナリバサ
2

 こんにちは。わたしは、なりきり戦国BASARA(通称・以下:ナリバサ)の伊達政宗をやっている者です。
 これからお話するのは、わたしが一部のナリバサさん達から受けた「イジメ」についてです。
 所謂「内部告発」ですし、自分から「これはイジメだ!」と言ってしまうのはどうかと思いましたが、リアルの友達に「これはイジメだよ」と指摘された上で、そう意識すると今度は、今現在、またはこれからナリバサをフォローしようとお考えのユーザーさんは是非知っておくべき裏事情なのでは? と思いましたので、こうしてまとめる事を決意しました。
 下手糞なまとめとは思いますが、どうぞお目に留まりましたご縁に、最後までお付き合い下さいませ。

 先ず「ナリバサ」「なりきり」という単語すら初めて目にした、偶然このまとめを見た方へ、簡単にご説明させて頂きます。
 「なりきり」とは、その名の通り、漫画やゲームのキャラクターになりきって呟く、言わば「ごっこ遊び」のような垢の事です。
 中の人によってクオリティの高低も違いますし、独自の設定を取り入れている方も多いので「ツイッター上における二次創作垢」と考えると分かり易いかも知れません。
 先にも言いましたが、わたしはその中でも、戦国BASARAの伊達政宗をやらせて頂いております。
 なりきり・BASARAで、略して「ナリバサ」という訳です。

 さて、それでは本題に参ります。
 先ずはなるべく、わたし個人の感情的考察は抜いた事実のみをお伝えしようと思いますが、どうしても書いている人間寄りの視点と考え・書き方になってしまう事だけご了承下さい。

~第一次大戦~
 事の発端は、わたしがとあるナリバサさん(仮:Aさん)の地雷を踏んだ事に全く気付かずに声を掛けてしまった事でした。
 そこで怒られるのは当然です。わたしもすぐに謝罪のDMを送りました。
 しかしAさんはDMの受け取りを拒否。「DMに逃げるな」と言って、TL上で喧嘩を持ち掛けて来ました。
 わたしはこういった喧嘩によるTL荒らしが何より嫌なので、何とか冷静に、せめて話し合いに持ち込もうとしましたが、Aさんの怒りは全く収まらないどころか、まるでそのわたしが地雷を踏んだのは、溜めていた本音を言いたかったただのスイッチだったかのように、ころころと本件とは全く関係の無い話に逸らしまくって…とてもじゃありませんが、お話をするのが困難になってしまいました。
 中には、別のナリバサさん(仮:Bさん)が持っていたわたしへの不満(とは言えわたしを恨んではおらず、寧ろわたしを傷付けまいとして、内緒でそっと愚痴っただけのようでした)まで暴露し…。
 その、Bさんをも裏切る態度にわたしもついにブチギレて「大人になれよ!」と一発言ったが最後、まるで子供のように喚きちらし、その後Aさんは半凍結。
 わたしは当事者なので何を言っても無駄だろうと、別の方にAさんの慰めと仲介役を頼み、TLを荒らした事を謝罪し、努めて冷静に…フォロワーさんにこれ以上心配を掛けまいと、通常運転を演じる事しか出来ませんでした。

~第二次大戦~
 数日後、AさんからDMでの話し合いを持ち掛けられました。
 当然ながら…いえ「わたしの中の当然」と言うべきでしょうか。Aさんも冷静になり、先ずはお互い傷付けあった事を謝罪する所から始まり、その後、徐々に誤解を解き合って和解に持ち込めるとばかり思っていたのですが。
 まさかの展開でした。
 Aさん的には、未だに自分だけが被害者でした。自分の非はゼロのようです。当然、謝罪の言葉など一切無し。
 一次大戦の時のまるっきり延長戦で、また謝罪無視&話を逸らしまくった挙句、あの時、如何にわたしが「下世話」な態度を取っていたかをネチネチと説くのみでした。小学生のような丁寧語で。
 何がしたいのかさっぱり分かりません。
 その上、わたしが「本件と関係の無い事を持ち出すのは八つ当たりでは?」と指摘すれば「八つ当たり:~○○(八つ当たりの正しい意味)」「先ず辞書引きましょうか」などと、どうでもいい揚げ足を取って挑発してきたり。
 …正直、この調子ではAさんとの話し合いは適わないと、この時点で心が折れました。
 なので本当に正直に「こんなに子供とは思いませんでした」「貴女とは話す価値がありません」と申し上げ、ブロックさせて頂きました。
 するとその後、Aさんは「話し合いの途中なのにブロックされた!」「価値が無いと言われた!」など、TL上で堂々とこの「TL荒らし防止の為のDM」の内容を暴露していました。わたしとの共通フォロワーさんも見ているTLで。名指しで。
 …「話し合い」? 相手を挑発し、見下し、罵るのが、果たして話し合いでしょうか?
 そしてわたしはその日のうちに10人程にブロックされました。
 …何だか、TL荒らしと「人前で人の悪口は言わない」という信念を最優先に考えた自分が負けてしまったように思えた瞬間でした。

~第三次大戦~
 さて。なりきりは別に登録制ではありません。人気のあるキャラですと、当然ながらキャラ被りが起こります。
 そんな折、Aさんと同じキャラのナリバサさん(仮:Cさん)が現れました。中の方は前々から仲良くさせて頂いていた方でしたので、なりきりとしても最初からわたし(政宗)と仲の良い状態からスタートしました。
 しかし、その後間も無くして、Aさんがまた凍結したとの噂を聞きました。
 タイミングがタイミングですので、キャラ被りと…恐らくわたしがそのCさんと仲良くしているのがショックだったのだろうとは予想が付きます。
 が…驚いたのは、Aさんが凍結した後に、Aさんと仲が良かった別のナリバサさん(仮:Dさん)を始めとした…これまた10人以上の人に、今も尚ブロックされ続けているという事です。
 ブロック前日まで、Dさんとは本垢でも相互フォローでしたし、何と無くわたしの事を言っているような愚痴がありましたので、思い切って「わたしの事?」と訊いてみましたが「違いますよ」とハッキリ仰られました。
 しかし結果は、翌日、なり垢・本垢共にブロック。ブロック直後に「仲間を傷付ける人は嫌いです」「あいつ潰す」などと言った、わたしへの悪口(のレベルを超えた発言)がありました。

 …ちょっと待って下さい。
 「仲間を『傷付けた』」ってどういう事ですか?
 心当たりが無いとは言いません。先に言ったように、わたしがCさんと仲良くしていた事が、Aさんにとってショックだったのでしょう。
 しかしそれは、言い方を悪くすれば「勝手に傷付いた」のではありませんか?
 「わたしが原因」であっても「わたしの所為」ですか?
 言い掛かりにも程がありませんか?
 わたしは ただ 人と仲良くしていただけですよ?
 それ以前に、嘘を吐かれたというショックは…最早ショックというより恐怖を覚えました。

 更にショックだったのは、別のナリバサさん(仮:Eさん)が言っていた「これ以上被害が出る前に~」という言葉でした。
 …「被害」って何ですか?
 わたしはツイッターを始めてから、特にこのなりきり垢では、一度として故意に人を傷付ける事を言った覚えは無いのに。
 ある方の言葉を引用させて頂きますが、確かに、どんな言葉も常に凶器になります。「そんな心算は無かった」が、特にこの文字だけの世界では非常に通じ難い事も分かっています。
 わたしの何気無い一言が、何処かで誰かを傷付けている。それは多々あるでしょう。
 特にわたしは、自分のなりきりキャラである政宗の口が悪い云々以前に、本当に言葉遣いが下手糞で、友人にも随分と注意されてきた人間です。そればかりは本当に申し訳無いと思っておりますし、日々精進としか言いようがありません。
(若しもAさん凍結の原因が前述以外でしたら、こちらに当て嵌まる、全く身に覚えの無い、悪意ゼロの一言です)
 それでも、百歩譲って「故意」に分類するとして、今回の一次大戦・二次大戦時の「大人になれよ」と「貴女とは話す価値がありません」の二点だけです。わたしが人を傷付けるであろうと自覚して言った言葉は。
 なりきりを始めて四ヶ月の中で、たったの二回です。…どちらも、限界を超えた末の捨て台詞です。
 なのに、たったのその二回が、一人のヒステリーにより、誇張され拡散され…いつの間にか、言動一つ取っても疑いの目で見られるようになっていたのですね…。
 昨日まで親身に相談に乗ったり、体調を心配したり、心の辛さを緩和しようと慰めていたわたし自身の行動は、あなた達の心に何も残せていなかったんですね…。
 確かに、見返りを求めてはいなかったけれど… …恩を仇で返して欲しくもありませんでしたよ。
 哀しいとか怒りなんかとうに通り越して、もう笑うしかありませんでした。
 人間、どの感情も臨界点を超えると笑うと言いますが、まさにそれです。
 この事実を目の当たりにして爆笑している自分の中に、精神崩壊を見ました。

 そしてわたしは耐え切れなくなり、これ等の騒動を友達に相談したのですが。

 冒頭で既に触れた通り、これはナリバサ内における「イジメ」であると指摘されました。「あの子○○ちゃんと仲良くしてるから、皆無視しようね~」というような、至極低レベルの。
 始めは信じられませんでした。いえ、信じたくなかった、と言った方が正しいかも知れません。
 しかし、そう言われ意識して、冷静に、自分を第三者的に見てみると…確かに、これはイジメの特徴によくよく当て嵌まっていると気が付きました。
 気に食わない言葉を言われた → 報復として悪口を言い触らし → 自分に都合の良い仲間を集めて → 集団無視。
 ざっくり纏めてしまうとこんな感じでしょうか。
 まぁ、こんな理屈で無理に纏めようとしなくても、先に述べた精神崩壊の事実を押すだけで、立派に傷付いた=イジメられた証拠と言い張る事も出来そうな気はしますが。

 なので、とても卑怯な言い方ですが、友達(友達だからと言って贔屓はしない、手厳しくも完璧なる第三者)がイジメと言ったのだから、わたしはイジメの被害者であるという自覚を持ち、れっきとした一事件・一犯罪として、出来る限りを明るみにする義務があると思って、この文を書いている次第であります。
 文章を書きつつ「若し○○さんの立場だったら、気持ちは分かるけど…」という箇所が何箇所もありました。
 しかし、ここでそれを容認してしまったら、結局イジメを認めてしまう事になりますし、こう思い込んで我慢を続ける事こそがイジメられるスパイラルを作るのでは…とも思い、(被害者・悲劇のヒロインぶるのは大嫌いなので)信念を曲げてまでこうして文章にしている事をご理解下さい。
 どうぞ、一個人のヒステリーや被害妄想とは思わないで下さい。

 なりきりの皆さん…いえ、わたしが勝手に首謀者と決めさせて頂きましたが、Dさん。
 その他、偶々名前は出なかったけれど、同様にわたしの知らない所で(Dさんに吹き込まれたのでしょうが)わたしの悪口を広めている方々。
 自分自身、説明書に書いているでしょう? 「画面の向こうには生きた人間が居る」んでしょう?
 貴女方の言う「迷惑なフォロワー」に、自分自身がなっているという考えは無いのですか?
 誰にどれだけの非があろうとも、それを大義名分に、悪口を始めとした…それこそ相手を傷付ける行為はお門違いです。

 …彼女達はこの文章を読んでいるのでしょうか? 読んで、ハッとするのでしょうか? それとも「こんなの出鱈目だ!」とまた怒るのでしょうか?
 出鱈目ではありません。わたしは、嘘は一切書いていませんから。わたしなりの真実を書かせて頂いただけですから。
 貴女方にとっての真実と、わたしにとっての真実が同じとは限らないのですから。
 貴女方の正義は、世界共通の正義ではありません。

 それから。万が一彼女達のうち誰か一人でもハッとして、わたしに謝罪の気持ちが生まれたとしても、この文章を撤回する心算はありません。
 そして億が一、わたしをリフォローして関係をやり直そうと思っても、それはお断りさせて頂きます。
 ハッキリ言って今回の件で、貴女達への信用は完全に失いましたから。
 これ以降(というかこれが最初で最後ですが)貴女達への恨み言は一切言いませんから、どうかわたしの事は忘れて、二度と関わらないで下さい。

 最後に。
 今現在、彼女達と関わりのあるフォロワーさんへ。
 彼女達の行動・主張を、こうして別角度から見てみて、どう思いましたか?
 わたしへの怒りが増しましたか? 彼女達との付き合い方を考え直そうと思いましたか?
 どちらもあなたの自由です。ただ…後者の場合、単にブロックするよりは、そっと諭してあげる人が現れる事を願っています。

 長文・乱文にお付き合い頂き、ありがとうございました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする