仕事と英語学習を両立するために

仕事をしながら英語学習を続ける上で大切なことをまとめました。
語学 資格 キャリア 仕事 レアジョブ アラフォー 英語 英会話 TOEIC 英語学習
15
嬉野克也 @self_agenda
私は、昨年の1月から英語学習を開始しました。歳は40前なので、当然仕事もしています。昨年は新規のプロジェクトの立ち上げリーダーを担当しましたので、仕事面でも比較的忙しい時期でした。
嬉野克也 @self_agenda
それでも、1日もさぼらずに英語学習を継続し、週3~7日レアジョブで英語を話し、5月のTOECで890点を取ることができました。ちなみに私は勉強嫌いで三日坊主で怠け者、休みの日に「何もしなくていいよ」と言われたら、本当に何もしないまま一日を過ごすようなタイプです。
嬉野克也 @self_agenda
そんな私が、仕事をしながら英語学習を続けらるために気をつけていたことなどを書かせていただきます。まず真っ先に必要なことは、「残業を減らす」ことです。
嬉野克也 @self_agenda
英語を身につけるには、1500時間以上の時間を投資する必要があると言われています。通勤時間をリスニングなどに充てたとしても、家でも1~2時間は集中して勉強したいところです。でないと、1500時間に達するまでには一体何年かかるんだろう。。。ということになり、継続が難しくなります。
嬉野克也 @self_agenda
定常的に残業をしている人は、毎日家で2時間英語学習をすることはとても難しいと思います。私も以前、1日の平均残業時間が4時間という会社に勤めていましたが、あのまま転職せずにいたら、一生英語は学び直せなかったし、英語以外の何かを始めることも決してできなかったと思います。
嬉野克也 @self_agenda
じゃあ、残業を減らすにはどうすればいいのか?ということですが、まずは定時に帰ることだと思いますw 「明日やれることは明日やる」「その代わり、今日やれることは全力でやる」という姿勢で、業務時間中に本当に集中していけば、締め切りが迫っている業務や繁忙期を除けば、残業はかなり減ります。
嬉野克也 @self_agenda
「皆が残っているのに残業しないで帰るのが申し訳ない」という人もいるかも知れませんが、会社からすると逆です。残業(=コスト)を減らして効率的に仕事をする人は、必ず後で評価されると思います。
嬉野克也 @self_agenda
私の場合も、「帰って英語やりたいから、残業なんかしてたまるか~!今日は絶対定時で帰るぞ!」と朝イチから集中して取り組み、無駄な業務はどんどん省き、明日できることを明日するようにした結果、残業が激減しました。
嬉野克也 @self_agenda
その結果、今期は、社内で上位5%の社員しか該当しない最高評価をもらうことができました。これは、「英語をやりたいから時間を無駄にできない!」という気持ちを根底に持ち、あれこれ工夫したお蔭だと思います。
嬉野克也 @self_agenda
残業を減らす(業務を効率化する)のに役立ったことの一つに、TOEICの勉強がありました。TOEICは、短い時間内での情報処理の訓練になるため、それらの練習を続けるうちに、自分の業務を処理する速度も上がっていきました。
嬉野克也 @self_agenda
さらに、TOEICの問題を解いていると、1分とか30秒とかで解ける問題があるので、仕事上でも1分空き時間があれば何か一つできるな、という考えで、時間を無駄にしなくなりました。
嬉野克也 @self_agenda
英語学習に隙間時間を活用するという意味でも同様で、1分2分あれば問題1個解ける!と思うと、仕事が忙しくても勉強時間は充分確保できるな、と思うようになりました。
嬉野克也 @self_agenda
隙間時間の活用として私が使っているのは、iPhoneです。恐らく総英語学習時間の7割近くをiPhoneで行っているので、もはや隙間時間用のtoolではないのですが^^;
嬉野克也 @self_agenda
朝、家を一歩出たら、iPhoneのearphoneを耳に突っ込み、AudiobookかPodcastsかBBC radioを聴き始め、電車に乗って、会社に着くまではずっと聴いていることが多いです。家に帰っても、家事をしたり作業をする時は何かしら英語を流すことが多いです。
嬉野克也 @self_agenda
通勤時間や「ながら」のリスニングは、集中してやるより効果は薄いと思うのですが、毎日毎日聴いていると、徐々に聴き取れる箇所が増えてきますので、効果は必ず表れます。あとは、仕事の休憩時間にBBCの短めの記事を読んだりしてます。隙間時間の蓄積が、社会人の英語学習者には必須だと思います。
嬉野克也 @self_agenda
次に有効な手段は、「会社に英語学習をカミングアウト(?)する」ということです。私は実は当初、英語学習をしていることを同僚や上司に告げていませんでした。三日坊主で終わるとかっこ悪いし、「なんでいまさら英語やるの」と思われるのが嫌だったからです。
嬉野克也 @self_agenda
でも、英語学習開始から半年後ぐらいに、どうやらこれは継続できそうだと思い、上司にアピールしてみました。その後は同僚やさらに上の上司、役員に会った際にもアピールし続けました。
嬉野克也 @self_agenda
アピールするポイントは、英語学習が必ず自分の仕事や会社にとって必要なことで、利益をもたらすということを、具体的に説明することだと思います。実際、社員が英語をマスターして得をしない会社は少ないと思うので、堂々と「会社のためにもなるんだ」ということをアピールしておきます。
嬉野克也 @self_agenda
そうすると、社内で「あいつは英語を頑張っているらしい」ということで、残業をしないで堂々と帰れますし、飲み会を断っても許容されるようになります。そして、皆に言っておくことで、後には退けなくなり、英語をさぼれなくする効果もあります。
嬉野克也 @self_agenda
私の場合も、英語学習をアピールし続けた結果、「あいつは英語がペラペラらしい」「英語で仕事ができるらしい」という根も葉もない噂が立ち始め、まだ決定はしていませんが、英語を使う案件の一部を、今後担当できる可能性が出てきました。
嬉野克也 @self_agenda
仕事をしながら英語学習を続けるためには、仕事と関連付けるのが一番だと思っています。英語をマスターしたら、自分の仕事でどうやって使いたいかを、具体的に思い描く。Audiobook等のリスニング素材や、英語書籍を読む時は、仕事に関連したものを選ぶ。
嬉野克也 @self_agenda
そうすれば一石二鳥だし、英語を頑張れば仕事にもつながる、会社からも評価される、といった好循環が生まれます。繰り返しになりますが、例え今すぐ直接、ではなくても、仕事に英語をプラスすることで、メリットのない仕事は少ないはずです。仕事と英語を結びつけて取り組むと、継続しやすくなります。
嬉野克也 @self_agenda
あと、TOEICを受けなくても他の方法で英語力を伝えられる人は別として、TOEICはぜひ受けたほうがいいと思います。具体的な目標の設定ができるし、受験日という期限が設定されることで時間がなくなり、より集中できるようになるからです。
嬉野克也 @self_agenda
私自身とても怠け者なので、時間があると思うとなかなか勉強できません。が、TOEICまであと何日、と思うと、やらなきゃ!となります。同じ理由で、休みの日に時間がたっぷりあってもなかなかやる気が起きなくて、平日のほうが集中できたりすることも多々あります。
嬉野克也 @self_agenda
なので、時間のない社会人ほど英語学習に集中できるし、既に仕事を始めている分、具体的にどう英語を使えばいいかをイメージしやすい、イコール、社会人は英語学習に向いていると思います。
残りを読む(5)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする