2022年8月9日

細胞の「清掃工場」が薬になる?

細胞内で不要になったタンパク質を分解する「清掃工場」の仕組みを使い,病気の原因を取り除く新薬の登場が近づいています。一体どんな薬なのか,日経サイエンス編集部が解説します。
36
日経サイエンス @NikkeiScience

今年4月から編集部に入った遠藤です。同僚の出村さんに続いて,編集部2人目の平成生まれです。アクアリウムと植物にハマっていて,自宅はジャングル状態です。

2022-08-06 14:17:31
日経サイエンス @NikkeiScience

発売中の日経サイエンス9月号で,実用化間近な新しいジャンルの薬「タンパク質分解誘導薬」についてまとめました。実用化に最も近いのはがん治療です。何がそんなにすごいのか。ぜひ紹介させてください。 pic.twitter.com/hoI5OWHyY1

2022-08-06 14:18:06
拡大
日経サイエンス @NikkeiScience

現在の薬の多くは,病気の原因となる異常なタンパク質に作用して,その機能を妨げます。でもその病原タンパク質自体は,細胞内に残っています。一方,タンパク質分解誘導薬は,不要になったタンパク質を分解する細胞内の「清掃工場」を使って,細胞内から病原タンパク質を一掃します。 pic.twitter.com/nlA3YR1Xzu

2022-08-06 14:21:15
拡大
日経サイエンス @NikkeiScience

この清掃工場は非常に強力でどんなタンパク質でも除去できます。従来の戦略ではタンパク質全体の約3割しか標的にできませんが,タンパク質分解誘導薬はあらゆるタンパク質を狙えるようになります。これまで薬の標的にできなかった病因タンパク質を壊し,薬がない患者の治療に繋がると期待されています

2022-08-06 14:21:51
日経サイエンス @NikkeiScience

開発は2000年代からスタートしました。現在では多くの製薬会社が臨床試験を進めており,抗がん剤については実用化が視野に入ってきた段階にあります。がんの他,アルツハイマー病やパーキンソン病といった神経変性疾患などにも応用が広がりつつあります。

2022-08-06 14:23:16
日経サイエンス @NikkeiScience

ここ数年,科学の世界を離れていて久しぶりに戻ってきたのですが,その間に急速に進展しました。復帰したら必ず特集する!と決めていたテーマです。ぜひ手に取っていただけましたら幸いです。2022年9月号【特集:細胞の清掃工場を薬に】(遠藤智之) nikkei-science.com/202209_047.html

2022-08-06 14:23:54
リンク 日経サイエンス - 一般読者向けの月刊科学雑誌「日経サイエンス」のサイトです。 特集:細胞の清掃工場を薬に - 日経サイエンス 創薬に革新が起きつつある。細胞内で不要になったタンパク質を除去する「清掃工場」を使い,病気の原因を取り除く新薬の登場が近づいている。このタンパク質分解誘導薬は,細胞内のあらゆるタンパク質を狙えるため,これまで薬ができない … 続きを読む → 86

コメント

笹かま @voyageur105 2022年8月9日
科学は進んでんなーこういうのを知ると、変わらない分野はおかしいと思う。政治や経済とか…。いまだに数十年前の理屈で右往左往してない?
9
ちいちいぷ @if9KZBSfJeYZQNw 2022年8月9日
副作用にはどんな可能性があるのかが気になる。
2
くろだ@やることはやった @ponkotsu14 2022年8月9日
特定の要素を狙い撃ちにしないと、「お薬が敵と認識すれば」全て処理工場送りになる危険があるわけですよねこれ。タンパク質であれば全て。
21
footpeas2 @footpeas2 2022年8月9日
タグを見ないと「オートファジー」のことだとわからないのはちょっとな。
5
yuki🌾㊗️7さい🎉⚔ @yuki_obana 2022年8月9日
都合の良いものを分解するように誘導できるタグを置く方向性で変わっていくのかしらね(´・ω・`)?何にせよ結合部位の研究は外せないけど
0
田中幹生 @maniaxpace_mt 2022年8月10日
voyageur105 人間ある一定の年齢で脳内の時が止まるんですよ。そして現実からどんどん乖離していくけど自発的に気付けないし現実の変化を外から突きつけられても受け入れないんですわ。
0