2022年8月14日

烏賀陽弘道、朝日新聞の現役社員らと面談

朝日新聞は新聞としての役割を果たせるのか? 烏賀陽弘道さんによる論考
14
烏賀陽 弘道 @hirougaya

①朝日新聞の現役社員らと面談。 今の編集幹部たちはSNSはじめネットでの炎上や抗議を過敏に恐れ、少しでも物議、異論を醸しそうな記事は「社内検閲担当」みたいな役職者が事前に原稿を目を皿にして調べ上げ、潰してしまうか無難に修正する、との由。

2022-08-13 16:22:58
烏賀陽 弘道 @hirougaya

②若い世代の記者はそうした上層部がつくる「社風」を日ごろ先読みする習慣がついていて、そもそも議論するの起きない、無難な記事しか書こうとしない。すると問題発見能力が育たないので、現実から問題を見つけ、発問する思考ができない記者が大量に出来上がる。

2022-08-13 16:25:51
烏賀陽 弘道 @hirougaya

③現役社員によると、朝日新聞社の編集幹部、経営者たちは、ネットでの炎上や抗議を本気で怖がっているのだそうだ。体面が悪いとかそう言う心理的な理由ではなく、あたかも業務上の失敗であるかのように怖いのだと言う。

2022-08-13 16:28:45
烏賀陽 弘道 @hirougaya

④私は朝日新聞の社員だった頃から、賛否両方どちらも起きる記事、議論が起きることで読者に思考を促すような記事こそが本望だと考えていた。しかし今の朝日新聞の編集幹部(社長の中村史郎君が私と同期なので、幹部はみんな私より若い)はネットの炎上や批判、異論が耐えられないらしい。

2022-08-13 16:36:25
烏賀陽 弘道 @hirougaya

⑤実は、新聞記者をずっとやっていた編集幹部たちは、読者の反応などキャリアの中でほとんど触れたことがない。取材先の官僚や政治家、会社内の同僚や上司の反応がその受け取る「読者の反応」の大半である。 私は週刊誌に10年いて、売上部数、メールやファクスで普通の読者の反応が毎日名指しで来た。

2022-08-13 16:40:50
烏賀陽 弘道 @hirougaya

⑥読者は意外に思うかもしれないが、朝日新聞の新聞部門育ちの記者というのは「読者の反応」とはほぼ無縁のまま記者生活を送っていた。例外は取材先だけ。つまり読者そのものと無縁、その存在を意識しないで記事を書いているのが通常運転だった。

2022-08-13 16:44:25
烏賀陽 弘道 @hirougaya

⑦そこにネット、特にTwitterはじめSNSは読者のリアルな反応を、読者とは無縁の生活を送っていた新聞記者たちにダイレクトに流し始めた。これはぬるま湯育ちの彼らには劇薬だった。あたかもエアコン付きの部屋でずっとぬくぬくと過ごしていたおぼっちゃまをいきなりシベリアにぶち込むようなもの。

2022-08-13 16:49:23
烏賀陽 弘道 @hirougaya

⑧SNSはじめ、ネットの声が書いた人の真性の内面の発露であるとは限らない。擬悪や露悪趣味もあるし、人を不愉快にして楽しむ心を病んだ人もいる。SNS世論対策屋すらいる。しかしネットに疎い新聞社幹部たちはそうした思考ができないらしい。

2022-08-13 16:53:12
烏賀陽 弘道 @hirougaya

⑨私の朝日新聞社内外で気づいたのは、そうした記者上がりの編集幹部たちのメンタルが弱いこと。東大京大早稲田慶応と言った偏差値上位校から来たガリ勉上がりばかりなので、褒められてばかりの人生である。自分を褒めてくれない、それどころか罵倒する他者の群れをどうして良いのかわからない。

2022-08-13 16:56:55
烏賀陽 弘道 @hirougaya

⑩こうしたガリ勉上がり、受験勉強勝者の心理的な特徴は、自己愛(コフート以降の精神分析学の言葉)が肥大していることである。「自己愛の傷つき」にものすごく弱い。「自己愛憤怒」(同)を起こして他者に苛烈な言動や行動を起こす。

2022-08-13 17:02:06
烏賀陽 弘道 @hirougaya

11)自己愛憤怒を起こさなくても、理性的な思考が停止する。ただただ狼狽する、どうして良いのかわからずフリーズする。パニックの心理である。

2022-08-13 17:04:43
烏賀陽 弘道 @hirougaya

12)こうした無批判・褒め言葉ばかり聞いていたガリ勉上がりたちは、非暴力紛争を解決(conflict resolution)する能力に乏しい。そうした対立的局面の経験が乏しい。俗な言葉で言えばケンカ慣れしていない。だからネットに流れる異論、抗議、炎上、罵声に対応できない。言論コンフリクトだからだ。

2022-08-13 17:08:39
烏賀陽 弘道 @hirougaya

13)昨今の朝日新聞社のネットの批判や炎上への社内の反応を聞いていると「お客さまクレーム対応」の出来の悪いバージョンと言う印象を受ける。

2022-08-13 17:16:12
烏賀陽 弘道 @hirougaya

14)またこうしたガリ勉上がりの編集幹部たちのネット対応の誤りは「相手をしなくても良いネットの声」にまで過剰に反応して逆にクライシスレベルを上げてしまうこと。なんでもマジメに仕事しなくちゃと言う優等生マインドが働いてしまう。「朝日川柳事件」など典型だろう。 bunshun.jp/articles/-/564…

2022-08-13 17:19:45
烏賀陽 弘道 @hirougaya

15)川柳はユーモア詩なのだから、安倍晋三氏国葬肯定論者が何を言おうと(それに便乗したマスコミも含む)「あれはユーモアですから」とほっておけば良いのだ。しかし優等生・ガリ勉上がりには「何もせず、ほっとくのが最良の戦略」と言う思考ができない。神経症的に何かせずにいられないのだ。

2022-08-13 17:23:14
烏賀陽 弘道 @hirougaya

16)この朝日川柳事件は「何もせずにほっとくのが最良の選択」と言う思考ができず、パニックして軽率な行動をしたためにかえってクライシスレベルが上がった。クライシスマネージメント、リスク管理としては最低の展開である。

2022-08-13 17:25:14
烏賀陽 弘道 @hirougaya

18)「こんな愚鈍な幹部の下で働く若い記者は可哀想だね」などとは私は微塵も同情しない。いまの幹部たちは、かつて若手記者だった沖縄サンゴ事件の時にはそう言って幹部の対応を批判したくせに、30年余りを経て同じ醜態を晒している。今の若手もいつかそうなるだろう。 ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D…

2022-08-13 17:34:26
烏賀陽 弘道 @hirougaya

20)話を戻すと、朝日新聞社の幹部たちは受験勉強勝者上がり揃いなので、自己愛に背く読者の声に耐えられない。対応もわからない。しかしそれは甘っちょろけた話だ。かつてネット前時代は自分が見て見ぬ振りをしていた現実がSNSなどでイヤでも目に飛び込んで来るようになったに過ぎない。

2022-08-13 17:40:58
烏賀陽 弘道 @hirougaya

21)ネット前時代、新聞記者たちの考える「読者の反応」とは、取材先の官僚、政治家、記者クラブ他社、企業、PR会社、たまにスポンサーなどとほぼイコールだった。「声なき多数」など意識に上らなかった。信じられないかもしれないが本当だ。私の実感も2003年の拙著「朝日ともあろうものが」に書いた。

2022-08-13 17:49:27
烏賀陽 弘道 @hirougaya

22) そのネット前時代の「声なき多数」がネットとSNSで声を持ってみたら、新聞記者たちが生きていたエアコンの効いた快適な環境があっという間にシベリアの政治犯収容所みたいになった。

2022-08-13 17:50:50
烏賀陽 弘道 @hirougaya

23)ソ連やナチスドイツの収容所のような生死をかけた過酷な環境で起きることは「自分が生き延びるためには仲間でも裏切る、殺す、食べ物や毛布を奪う」である。現在の朝日新聞社内の様子を聞いていると、悪寒がするほど似ている。

2022-08-13 17:53:15
烏賀陽 弘道 @hirougaya

24)ネット前時代とネット後時代を比べて、よく朝日新聞社の社員が言うのは「まさか新聞がこうなるとは思わなかった」である。これなどは彼らの現実感覚の欠如を雄弁に語る言葉だ。そんな事態は1990年代から始まっていた。彼らがひたすら「都合の悪い現実」を見て見ぬ振りをしたというだけの話である。

2022-08-13 17:57:02
烏賀陽 弘道 @hirougaya

25)ビッグピクチャーで言えば、日本の新聞は記者クラブ制度で ・ニュースという商品の原料供給の優先または独占 ・競争への新規参入の妨害 =自由競争の妨害=本来なら独占禁止法違反のカルテル さらにテレビは ・電波法免許 と言う政府の保護下で延命している「保護産業」に過ぎない。

2022-08-13 18:02:35
烏賀陽 弘道 @hirougaya

25)付記 本来なら独占禁止法違反のカルテル(自由競争妨害、新規参入妨害)がお目こぼしされているということは、公正取引委員会が摘発しない選択をしている事を意味する。 これは新聞価格の消費税引き上げ免除を新聞協会が猛烈にロビイングしたのと同じ。 保護産業は政府保護がないと存続できない。

2022-08-13 23:57:08
烏賀陽 弘道 @hirougaya

26)追加。新聞は「再版制度」と言う制度によって小売店の価格決定権すら奪っている。これも自由競争妨害のお目こぼしの上に立脚している。

2022-08-13 18:04:26
残りを読む(22)

コメント

白米 @suVKORblFsVBC3T 2022年8月14日
朝日の記者って「炎上上等!我々の理論を理解できないゴミのような民衆がなにかほざいておるわ!」とか思ってるんじゃなくて、マジでシンプルに多数派の大衆と感覚がずれてるってことですかね。そしてこの方は「新聞記者は反応なんか気にしなくていいんじゃい」って意見ってことであってるかな。嘘の記事書いて批判されても「ユーモアだろうがバーカ」と思ってたんだ。すごいな、この一連のまとめで決定的に朝日(或いは新聞そのもの)読む価値が無いって分かるな。
33
白米 @suVKORblFsVBC3T 2022年8月14日
発信者たちが「文句つけてくる奴らは無視すればいい」と思ってるなら、こっちも同じ理屈で「頭のおかしな新聞社は無視すればいい」んだな。よく分かった。
28
ならづけ @nara_duke 2022年8月14日
要約「検証も評価もされずに内輪の論理に閉じこもっていたい」
13
まーくんZ/FF11Retysia@ラグ鯖 @machan43 2022年8月14日
2chがそこそこ認知され始めた頃に朝日新聞や読売新聞はネットを自分たちでコントロールできると考えて便所の落書きなどと貶めてから自分たちの支配下に置こうとしましたがあっさり失敗しましたね。
16
超破瓜@椰子教団広報💉x4 @super_haka 2022年8月14日
「烏賀陽弘道氏が朝日新聞記者等を面談」それ、意味があるのか?「毛沢東がスターリンを面談」する様な物だろう?
15
練り馬 @deltamouth 2022年8月14日
どこの新聞社とは言いませんが、新聞社の記者であることを理由に公式認証をもらっておきながら「私のつぶやき、RTは本紙の見解とは異なります」という記者からして逃げの姿勢なのに、社が悪いとかよく言えたもんだ。
7
亜紀 @aki_ap_hir 2022年8月14日
これを「かなり重要」だと思える感覚もだいぶズレてるよな……
9
大和但馬屋 @yamatotajimaya 2022年8月14日
番号振って長々と書いた割に何を言いたいのかよくわからないし重要なことなど何も書かれてない。
7
まるちゃん@大湊警備府 @malchan1224 2022年8月14日
新聞が抱える問題点をかなり正確に捉えていながら解決策が「何も変わらなくていい。昔のようにやりたい放題で行け」か。 そりゃ確かに未来がないわ。
13
fuseciba @FUSECIBA 2022年8月14日
いろいろ書いてあるけど、つまり朝日新聞には読む価値がないし誰も買わなくなるけどオッケーってことじゃん良かったね
8
aki.egg @Aki20140101 2022年8月14日
投稿川柳を朝日が選択して載せてて、あれはユーモアですからもなにもなかろうと。狼狽する分、外部の元社員より真摯だろう対応は。
2
あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2022年8月14日
今いる連中も出て行った人間もアレな感じではあるが、結局のところ組織として現実離れしたまま回り続けてるのは間違いないな。
1
がいちゅう @gai_tyu 2022年8月14日
長々と何書いてるかと思ったら、今の若いエリートくんは情けない。俺たちの世代は違った!ってこと?
4
rambda @rambda2 2022年8月14日
しかし、若手記者には多少期待ができる内容ではある。 世代交代する頃……そうだな、もう2~30年もすれば朝日も少しはまともになるんじゃないだろうか。
1
オルクリスト @kamitsukimaru 2022年8月14日
>朝日新聞の新聞部門育ちの記者というのは「読者の反応」とはほぼ無縁のまま記者生活を送っていた。 はぁ?ずーっとユーザー無視で独りよがりの独善的な記事を垂れ流してたってこと?
0
kimuraお兄さん@小豆島 @nobuo_kimura 2022年8月14日
( ×H×)y-~~批判と罵倒の区別も付かない残念な頭を何とかするのが先かな?
4
Sanmaru @Takaoq0225 2022年8月15日
朝日新聞内ではウガヤってスゴイ人扱いなん???
0
kartis56 @kartis56 2022年8月15日
だから火をつけて回ってる側の人を論説ページに呼んじゃうんだよね。人を見る目がないから、炎上してるのを一定の発言力ある人だとおもっちゃってる >ネットでの炎上や抗議を本気で怖がっている
0
タスク平文 @taskheibun 2022年8月18日
Wikipediaより 1986年朝日新聞社入社、三重県津支局に配属 1991年 週刊誌『AERA』編集部へ異動 2001年パソコン入門誌『ぱそ』編集部へ異動 2003年退社
0