6
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴16年。三人組のコントグループとしてデビューするが3年で解散、以後はピンに。子供受けする一発ギャグでブレイクするが、年末には忘れられた。現在は舞台中心に活躍。 (@psyka_dz
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴11年。グラビアアイドル上がりという異色の経歴を持つピン芸人。ブリッコキャラとキレ芸で一定の人気を博している。2年前にマネージャーとおめでた婚後、ママさんタレントとして売り出す。 (@hisa_ds
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴8年。年齢=芸歴の名子役。赤ちゃんタレントからはじまり、子ども芸人として一躍ブレイク。映画出演も決定しているが、一部では働かせすぎとの声も。(@straycat004
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴20年。正統派のしゃべくり漫才を貫く頑固者。相方は二回変わっている。ツッコミ。人当たりはいいが芸に厳しく、弟子からは恐れられている。(@haruka_mana
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴3年のピン芸人。セクシーネタで売り出そうとしていたが、上品なモノボケがスポンサーに受け、CM出演からゴールデンに看板を持つに至る。お菓子のCMが多い。(@mtn_sn
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴6年。家電量販店店員から喜劇舞台のエキストラを経て、同窓生とコントグループを結成。映画ネタでマニアックな人気を得ることに成功する。CSで帯番組への出演が多い。(@kokusei01000
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴8年。アイドルグループをスキャンダルで脱退し、一年の充電期間を経て捨て身の一発芸を引っ提げて三人組の女芸人として復帰。自虐ネタで笑いを取るため同業者からは心配の声も多い。(@sezakinagisa
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴5年のオネエ系ピン芸人。男っぽい外見と甲高い声のギャップが忌避されていたが、芸能人生をかけて生み出した一発ギャグが20代女性を中心にブレイク。付け髭を使った一発芸にこだわりがあるが、こちらは気合の入ったファンしか笑わない。(@Ks_0031
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴27年。漫才ブーム過ぎ去りし頃に彗星のように現れた女コント師。グイグイ前に出る積極性で一閃を突っ走るが、五年前突如25歳年上の歌舞伎役者と電撃結婚して引退。昨年ピン芸人として復帰し、往年と変わらぬキレで注目を浴びている。(@ichi23
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴43年。瓜二つの妹と共にお笑い回の重鎮の名をほしいままにする漫才師。持ちネタは30年以上変わらないが、ミナミのステージに週四回上がるだけでやっていけるだけの立場を確立している。(@kaiteiteien
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴12年。元ホストのイケメンピン芸人。デビュー直後は顔だけでもてはやされたが半年で凋落、数年間どん底を味わった後、養成所に通い直して漫才師として再起。現在は深夜帯に看板番組を4本持つ。昨年一般人女性と結婚した。 (@tuna_pf3
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴5年(引退後15年)。美人女漫才師として鳴り物入りでデビューしたが、ルックスで売り出されるのを嫌い、古風な芸に拘った。人気はそこそこだが、実力は誰もが認めていたと言う。相方の結婚引退を気に漫才師を止め、現在は放送作家として関西のバラエティーに携わる。(@rkmea
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴9年。ギター漫談の大家に弟子入りした女噺家。ウクレレ漫談と腹話術の芸を持つが、本人は話芸に絞りたいと思っている。テレビへの露出は少なく、もっぱら寄席と講演に拘る昔堅気の芸人。(@mamo_ri
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴18年。夫とふたりの正統派夫婦漫才で人気を博すが、5年前に離婚と同時にコンビ解散。タレントとして司会業で日曜お昼の顔になっている。料理研究家としての一面もあり、著作も多い。(@shiti77
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴1年半。幼馴染の同級生と大学在学中から養成所に通い、昨年デビュー。高学歴ネタを引っ提げ先人のフォロワーを狙う。頭の回転は速いがまだまだ芸が荒く、力押しで笑いを取るため先輩からの説教が多い。(@kurosyake
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴33年。地方出身の相方とご当地罵倒ネタで一世を風靡した女漫才師。相方が起業して引退後はモノマネタレントとして才能を開花させた。現在はモノマネをすることも少なく、ドラマや映画に活躍の場を移している。(@yotsuyu
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴28年。伝説の夫婦漫才師を両親に持つサラブレッドだが、偉大すぎる親の影に隠れ、相方にも恵まれず、鳴かず飛ばずを続けていた。15歳年下の女芸人と組まされた際のボケが評価され、地位を確立。5年前に相方が夭折してからはピン。ご意見番として慕われている。(@azsio
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴7年。元悪役女子プロレスラー。10年戦い続けたリングを去り、タレントとしてデビュー。パワーと天然ボケを押し出した芸に固定ファンがつき、お茶の間の人気者に。グルメリポートの出演が多い。(@khiji
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴10年。上方落語の重鎮の門下に入り、四年で真を打つ。しかしフラに欠けていて伸び悩んでいたところ、切り返しの巧みさを評価され日曜夕方の演芸番組でメインコーナーのレギュラーに抜擢、地味だが着実にキャリアを積み始めている(@ku_ya09
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴18年。喜劇舞台のズッコケ役から下積みを重ね、最年少座長に就任。舞台をメインに地道に活動していたが、関西の重鎮漫才師が企画するトーク番組に出演して評価された。テレビへの露出は増えたが、舞台がメインという姿勢は崩さない。(@f_a_r_p
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴26年。元は実家で僧侶をしていたが、素人演芸番組への参加をきっかけに芸の道へ。身体の各部位を鳴らす特技を使った漫談で人気を博すが、三年前に引退して僧侶に戻った。(@ele1kuang
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴8年。相方がピンで人気のある、いわゆる「じゃない方芸人」だったが、勉強のため二年半渡米。帰国後はインテリ芸人としてクイズ番組やバラエティーにピンで出演することが増えたが、往年のファンからは漫才やコントの方が評価が高い。(@hikarudream
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴11年。幼稚園からの幼馴染とコンビを組み、漫才、コント、喜劇舞台を小器用にこなす。看板番組にめぐまれず、雛段芸人の印象を拭えなかったが一念発起して高名な詩吟の先生に弟子入り。独自のネタを生み出すに至るが、コンビでの露出が減っている。(@time_kg
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴14年。関西のローカル局で10年間アナウンサーを勤めあげた後、退職して噺家に弟子入りするが、長く芽が出なかった。二年前から時事ニュースを取り入れた創作落語で人気を博す。他にも舞台や映画、漫談、講談など意欲的に挑戦している。演目によって眼鏡を使い分ける。(@yukigami
ファラオインティライミ @Kanoh_ds
芸歴15年。中堅漫才師として地位を確立し始めた矢先、相方が肝臓がんで急逝。引退も危ぶまれたが、先輩芸人が監督する映画で主演を演じて復帰。以降は漫才師を名乗りながらもピンで舞台に上がる。近年サッカー選手と交際の噂があったが破局した。(@tetra45
残りを読む(9)