編集可能

2011/10/1・18:00開始 東京電力による「原発」に関する記者会見

まとめました。
震災 原発 東電
6
ryugo hayano @hayano
【原子力安全委員会 9/30 資料および速記録】http://t.co/HcylGoU6 緊急時避難準備区域の解除について.
NHK科学文化部 @nhk_kabun
【町内の除染推進へ新組織設置】きのう「緊急時避難準備区域」の指定が解除された福島県広野町は放射性物質を取り除く作業を進める「除染対策グループ」を新たに設け、きょう担当の職員に辞令が交付されました。(10/1) http://t.co/9RVGWO6j
NHK科学文化部 @nhk_kabun
【生活の再開へ 住民が防犯活動】「緊急時避難準備区域」が解除された福島県内の自治体では、今後人の行き来が増えると予想されることから、空き巣狙いの犯罪を防ぐため、住民による防犯パトロールなどが行われています。(10/1) http://t.co/FxsAYDCp
NHK科学文化部 @nhk_kabun
【「ハワイアンズ」 一部営業再開】フラダンスの映画の舞台にもなった、福島県いわき市のフラダンスが呼び物の温泉リゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」で、震災の被害からの復旧工事が進み、きょうから一部の施設で営業を再開しました。(10/1) http://t.co/8baA58tD
N-borio @kw36_wav
お、本当ですか。後15分で到着... RT @ystricera: 今日も竹内さんはいる様子
勝川 俊雄 @katukawa
雄勝の漁師の試み。「オーガッツが目指しているのは、雄勝の漁業の復興だけではありません。雄勝の海産物を全国的および世界的なブランドに育てていくことに加えて、雄勝という町そのものを、もっと皆さんに知っていただくこと」 http://oh-guts.jp/
たかよし @ystricera
プロジェクターセットしてあるので写真か動画の公開があるとおもう
たかよし @ystricera
東電「プラント状況タービン建屋地下溜水キュリオンサリー60m3/hで処理。使用済み燃料プール冷却1~4号機循環冷却継続。1~3号機圧力容器温度はほぼ安定して推移 」
福島第一原発事故ニュース bot @Fukushima_1F
【18時のNews】<<もみ殻の取り扱いを通知=コメのセシウム検査で−農水省>>http://j.mp/mRKahV :[JIJI]
むら @tokuyamamura
10.01 福島第一原子力発電所プラント状況等のお知らせ(10月1日 午後3時00分現在)PDF http://t.co/C5lv2Agw #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
プラント関連パラメータ(水位・圧力・温度など)[2011年10月1日 12:00更新] PDF http://t.co/wwUZmOkE #iwakamiyasumi
@dema_buster
【道路かさ上げ1.8メートル 気仙沼市の復興計画案まとまる】http://t.co/6vmUPs3m 宮城県気仙沼市の震災復興会議の最終会合が30日開かれ、本年度から10年間を目標期間とする市震災復興計画案をまとめた。 #jishin #genpatu
たかよし @ystricera
東電「敷地内ダストモニタリング セシウム134 セシウム137 10^-7オーダー検出。海水中放射性物質核種分析発電所沿岸部4カ所サンプリング通常変動範囲内だが3,4号シルトフェンス内外で若干上昇気味。サブドレン核種分析大きな変動ない」
むら @tokuyamamura
10月1日福島第一原子力発電所敷地内における空気中の放射性物質の核種分析の結果について(第百九十報)http://t.co/i6VJwW5U #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
10月1日福島第一原子力発電所付近における海水中の放射性物質の核種分析の結果について(第百八十三報)http://t.co/N8CE9tid #iwakamiyasumi
むら @tokuyamamura
10月1日福島第一原子力発電所取水口付近で採取した海水中に含まれる放射性物質の核種分析の結果について(9月30日採取分)http://t.co/eRDDWR2I #iwakamiyasumi
Hiroshi Makita Ph.D. @BB45_Colorado
平成23年9月30日 文部科学省による、プルトニウム、ストロンチウムの 核種分析の結果について http://t.co/pbxlZe1p ←やはり出てきたが、セシウムの寄与が4桁大きい。それにしても見にくい。数値はテキストの表にしてくれ。こういった姑息な事をするから疑われる。
むら @tokuyamamura
10月1日福島第一原子力発電所タービン建屋付近のサブドレンからの放射性物質の検出について(9月30日採取分)http://t.co/bEDj5pff #iwakamiyasumi
たかよし @ystricera
東電「集塵機システム概要 クリコートなど飛散防止剤散布していたが 集塵機用意して道路、屋外作業エリアでホコリ、小さな瓦礫、砂、草など集塵して周辺の環境線量低減する取り組み。システム全体は上の写真の通り左側からバックホウ 小瓦礫吸引器 超強力吸引器」
たかよし @ystricera
東電「掃除機吸引口を設けて友人で砂、草吸い込む 小瓦礫集塵機では小物50mg程度は分離され ダスト集塵機でサイクロン、バグフィルター、チャコールフィルター通って排出」
たかよし @ystricera
東電「集塵前後で綺麗になっている状況確認いただけると1m高さ 1.47→0.80mSv/hと低減。事務本館東側アスファルトと水溜りあと 1m高さアスファルト0.48→0.33 水溜りあと0.45→0.31へ低減」
たかよし @ystricera
東電「草地はバックホウ先端部で草もあわせて吸い込んだので綺麗に 1.32→0.62mSv/hと53%低減図られた。作業エリア環境改善確認されたので本格的な集塵作業実施する 構内道路中心に集塵機用いて作業 今月中に道路関係実施」
たかよし @ystricera
東電「原子炉に関しては注水システム維持管理しながら冷温停止達成維持目標にしているが設備が万一注水途絶した場合どうなるかご説明させて頂きたい 基本的にバックアップシステム用意しているがそれでもダメな場合どうなるか」 http://t.co/Vg9rriuV
拡大
たかよし @ystricera
東電「圧力容器底部に燃料固まっている状態で注水、蒸気量、漏洩量バランスしているので温度安定していると推定。万一注水停止すると原子炉推移下がり燃料露出割合拡大、長く経過すると水殆ど空になり温度上昇していく」 http://t.co/rxJhAizN
拡大
たかよし @ystricera
東電「故障要因はポンプ故障、電源喪失、注水ライン損傷、水源喪失などが考えられる どういう対応できているかはポンプ故障した場合 待機号機の起動 非常用高台ポンプ起動して注水再開する。電源喪失の際は高台の予備 消防車による再開」 http://t.co/73lsYd1f
拡大
残りを読む(199)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする