Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

日下先生・山本先生のポケスペ語り・13巻分

日下秀憲先生@k_hidenori_と山本サトシ先生@satoshi_swalotのポケスペ一日一言企画。 と、自分視点でのそれに対する反応。 13巻分(155話~166話)の話・反応。 http://togetter.com/li/173805 12巻 続きを読む
5
日下 秀憲 @k_hidenori_

第155話 VS カブトプスです。

2011-10-05 01:44:26
日下 秀憲 @k_hidenori_

「金・銀」をプレイした時に「16人もジムリーダーいるし!こんなにいて全員に見せ場とか…むりなんじゃ~??」と思ったのが正直なところでしたが、それなら逆に。「それを逆手にとって16人いる、ということを生かす舞台を模索しよう」と思い直しました。

2011-10-05 01:49:23
日下 秀憲 @k_hidenori_

「カントーVSジョウト、8対8のジムリーダー対抗戦」。念願かなってこれが描けることになって…まあ嬉しかったですね。

2011-10-05 01:51:07
日下 秀憲 @k_hidenori_

新作のポケモンソフトが出て、「新作ではポケモンやタイプで新しいものが見つかったぞ!」というその時に。「あれは○○!最近見つかったポケモンだな」「最近、発見された新しいタイプよ!」みたいなセリフばかりだったので

2011-10-05 01:55:05
日下 秀憲 @k_hidenori_

新しいものが見つかって。それが認知されていく最中だったり、再分類されるプロセスのさなかにある、そういう瞬間もあるんじゃないかと思い。それを含めたいと思いながら書いた話です。新タイプ「はがね」…ですね

2011-10-05 01:59:18
日下 秀憲 @k_hidenori_

イワーク対ハガネール。山本先生の画力のおかげで迫力のビジュアルに。タケシもミカンも活き活きしてて…そのごの1試合1試合を想像し、僕も楽しみでした。2002年度「小学五年生」4月号

2011-10-05 02:09:55
日下 秀憲 @k_hidenori_

まあ一般読者、ユーザーより少し早いくらい? RT @ocean_id @k_hidenori_ 新作情報って一般の人より早く入ったりするんですか?

2011-10-05 02:12:09
日下 秀憲 @k_hidenori_

いい意見! RT @yueyuuna @k_hidenori_ イワークが新たに進化をするとかは誰も思いませんでしたしね。ポケモンは謎がいまでも多いですから新しい発見がある度にこう言うことは私たちが知らない何処かであると思います

2011-10-05 22:18:08
日下 秀憲 @k_hidenori_

そーそー RT @guraaaaaa2 @k_hidenori_ ジムリーダーのバトルが拝める時はだいたいVS挑戦者ですから、13巻は実力者VS実力者が試合方式見れて勝敗が解らないところが面白かったです(^^)v 試合方式ってのがいいんですよね!///

2011-10-05 22:30:02
日下 秀憲 @k_hidenori_

うれしいね、 RT @0_24Doriru @k_hidenori_ イワークvsハガネール ポケスペで好きなシーンの1つです!あのシーンを見てハガネールとミカンが大好きになりましたw

2011-10-05 22:38:07
日下 秀憲 @k_hidenori_

第156話 VS ヨルノズクです。

2011-10-05 23:23:35
日下 秀憲 @k_hidenori_

この話も「小四」と「小五」掲載分をくっつけて1話にしている。学年ごとのルート分けとしては「小四」~ゴールドクリス視点の、仮面の男・正体さがし、「小五」~対抗戦メイン学年、「小六」~シルバー視点 というふうに分けていたので

2011-10-05 23:29:39
日下 秀憲 @k_hidenori_

第3試合はアンズもハヤトもとても気にっていたので試合展開を考えるのが楽しかった。アンズの…「なぜか似た境遇のものと引かれ合い出会ってしまう」「戦うことになってしまう」という…。なんというか「さだめ」みたいな感じも。この人に似合うと思っていた

2011-10-05 23:37:38
日下 秀憲 @k_hidenori_

第156話ではp29~p42(ハヤト対アンズ戦部分)が「小五」5月号掲載、冒頭のp23~p28(アカネちゃん対カスミ戦を観戦しながら話すゴールドクリス部分)が「小四」4月号掲載だった

2011-10-05 23:40:53
日下 秀憲 @k_hidenori_

2002年度「小学四年生」4月号+2002年度「小学五年生」5月号

2011-10-05 23:41:37
日下 秀憲 @k_hidenori_

そうだね RT @haripo 「運命のスプーン」みたいですね! RT @k_hidenori_: アンズの…「なぜか似た境遇のものと引かれ合い出会ってしまう」「戦うことになってしまう」という…。なんというか「さだめ」みたいな感じも

2011-10-05 23:52:31
山本サトシ @satoshi_swalot

イワークにしめつけられコーティングされた泥が剥がれ、はがねの体表がチラッと見えるシーン。

2011-10-06 05:00:32
山本サトシ @satoshi_swalot

これはもちろん「ゴジラ対メカゴジラ」で、ゴジラの皮をかぶり(文字通り)偽ゴジラに化けていたメカゴジラの前にゴジラが現れ激突した瞬間、その表皮が吹き飛び、メカゴジラの体表が見えて光るシーンへのオマージュ。ここのカット割りや音楽がサイコーにカッコいいのです。

2011-10-06 05:05:17
山本サトシ @satoshi_swalot

もちろん執筆時にそのシーンの曲をかけて気分を盛り上げて描いてました。

2011-10-06 05:07:01
山本サトシ @satoshi_swalot

岩でコーティングしてるハガネちゃんのトーンと、イワークのトーンは変えてあります。イワークのトーンは同じ砂目トーンでも、なんとなく硬そうに見えることからイシツブテやゴローニャなど、いわタイプ御用達トーンにしています。

2011-10-06 05:14:13
日下 秀憲 @k_hidenori_

そうだよねえ RT @yueyuuna @k_hidenori_ アンズとハヤトの試合は互角でどちらが勝つか楽しみだったのですが、途中で中断されて残念でした。あのまま続いていたらどちらが勝っていたのかなと見る度に思います。

2011-10-06 21:37:11
日下 秀憲 @k_hidenori_

前の話の引きで「レッドに会った」とはっきり言うナツメをかいて…。躊躇なく、ほんとにはっきり言い切ったシーンだったので、なかなかの反響でした。1ヶ月あけて、その引き受けとしてシロガネ山での、レッドの場面をドンと描きました!

2011-10-06 21:59:44
日下 秀憲 @k_hidenori_

しかし前半は、ほとんどが入浴シーンという…ね。

2011-10-06 22:00:19
残りを読む(181)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?