「災害時に図書館は役に立つか?~新潟県中越地震の経験から」 新潟県立図書館長 安藤哲也氏の講演 #saveMLAK

「災害時に図書館は役に立つか?~新潟県中越地震の経験から」 新潟県立図書館長 安藤哲也氏の講演(平成 23 年度 北日本図書館連盟研究協議会 全道図書館研究集会『どんな時にも立ち上がれる図書館を目ざして』 (於:札幌市立中央図書館) http://www.library.pref.hokkaido.jp/web/event/qulnh00000001lzx-att/qulnh00000001m19.pdf)をまとめてみました。
8
Yuka Egusa @yegusa

2日目はじまりました。 平成 23 年度 北日本図書館連盟研究協議会 全道図書館研究集会『どんな時にも立ち上がれる図書館を目ざして』 (於:札幌市立中央図書館) http://t.co/7LL9YM87 #saveMLAK

2011-10-07 09:32:19
Yuka Egusa @yegusa

「災害時に図書館は役に立つか?~新潟県中越地震の経験から」 新潟県立図書館長 安藤哲也氏の講演がはじまりました。 #saveMLAK

2011-10-07 09:33:37
Yuka Egusa @yegusa

安藤:新潟県中越地震について、7年前なので復興はどうすすんだか話してみたい。 #saveMLAK

2011-10-07 09:37:32
Yuka Egusa @yegusa

安藤:マグニチュードは6.8、東日本大震災より小さかったが、直下型だったので震度としては大きく、最大震度7あり、震度6くらいの余震も直後にすぐなんどかあった。 #saveMLAK

2011-10-07 09:37:44
Yuka Egusa @yegusa

安藤:地震発生は17:56 すぐにくらくなってしまったので、どういう状況下直後はよくわかならかった。 #saveMLAK

2011-10-07 09:38:32
Yuka Egusa @yegusa

安藤:地震発生は17:56 すぐにくらくなってしまったので、どういう状況下直後はよくわかならかった。 #saveMLAK

2011-10-07 09:38:32
Yuka Egusa @yegusa

安藤:地震はいつでもおこる。職員が少ない夕方や早朝やいつでもおこる。形式的なマニュアルをつくっても、職員がたくさんいる昼間におきるとはかぎらない。しかしマニュアルはたいてい職員がいる時間帯を想定しているもの。形式的に、マニュアルだけ用意しても意味ない。 #saveMLAK

2011-10-07 09:41:04
Yuka Egusa @yegusa

安藤:(自身の新潟中越自身の経験より)ポイントは、被害の状況はすぐにつかめるかどうかわからない。地震が今いるところがまさに甚大な被害がでているような被災地なのか、ちょっと離れているところにいるのか、によって対応は異なる。 #saveMLAK

2011-10-07 09:43:27
Yuka Egusa @yegusa

安藤:災害が起きた時に、自身がどこにいるのか(職場、自宅、外出先など)によってそれぞれの人の行動はことなる。 #saveMLAK

2011-10-07 09:45:17
Yuka Egusa @yegusa

安藤:地震が起きた瞬間から救援体制が各地でおきはじめる。国の救援体制はずいぶん整備されてきた。 #saveMLAK

2011-10-07 09:46:18
Yuka Egusa @yegusa

安藤:内閣府、各省庁の課長がただちに現地に飛んでくるという状況になる。各省庁の課長ってかなりえらい人なんだけど、そういう人が飛んでくる。 #saveMLAK

2011-10-07 09:49:01
Yuka Egusa @yegusa

安藤:新幹線が脱線した(この地震が初めて)。通常の交通が使えるとは考えない方がいい。高速道路もだめになる。建物もいっしょ。通常の正門玄関からはいれるとは限らない。幸い、新潟空港が無事だったので、24時間運航して対応された #saveMLAK

2011-10-07 09:51:02
Yuka Egusa @yegusa

安藤:それぞれの持ち分で国等の救援体制は一斉にうごきだす。東京都のハイパーレスキューも、警察もうごきだす。 #saveMLAK

2011-10-07 09:52:13
Yuka Egusa @yegusa

安藤:復旧というのは、当面の日常生活を取り戻すまでに戻すこと。 #saveMLAK

2011-10-07 09:53:04
Yuka Egusa @yegusa

市町村の責任で避難所の運営をしなければならない。つぎは病院も運営しないといけない(被災していても。。。)。 #saveMLAK

2011-10-07 09:54:37
Yuka Egusa @yegusa

災害のときの道路の復旧はどこの業者が直すというのは事前にきまっていて、普段の設計書を用意、発注をして、、、として道路の工事が始まるのだか、そんな道筋はなく、業者がかってに道路等をなおせるようになっている。お金はあとからできるおうに災害時はなっている。 #saveMLAK

2011-10-07 09:56:29
Yuka Egusa @yegusa

目のも前の人の命や社会生活を救うわけじゃないので、図書館の復旧は一番最後になる。これはそういうもの。でも、復旧しないでいいというものではない。図書館や美術館が復旧してはじめて、普段の生活にもどったような印象になる。図書館等は平和の象徴。 #saveMLAK

2011-10-07 09:58:31
Yuka Egusa @yegusa

復旧活動って、お金があればできるわけじゃない。人手がかかる。じゃあどうするか。行政では、市町村は応援協定ができている。日頃から決めている。精神論だけじゃなくて、ちゃんと具体的な行動を含めて災害の協定を結ばれている。 #saveMLAK

2011-10-07 10:00:10
Yuka Egusa @yegusa

この協定は、市町村同志もあるし、県などもある。近隣県だとすぐにかけつけらえる。でもまわりだけだと広域災害だとだめなので、少しはなれたところも協定がいる。防災協定っていろんなレベル、いろんな地域でやらないとだめ。 #saveMLAK

2011-10-07 10:02:13
Yuka Egusa @yegusa

(ここまでも全部安藤さん。書き忘れ) #saveMALK

2011-10-07 10:02:45
Yuka Egusa @yegusa

安藤: 図書館については、私が今回決定的にかけていた思うのは、県とか自治体が周辺の自治体の図書館との応援体制がなかった。 #saveMLAK

2011-10-07 10:04:15
Yuka Egusa @yegusa

安藤:ボランティアだけでなんでもできるわけじゃないし、復旧の全体はちゃんと行政が責任をもってコントロールしながらやっていかないとできない。 #saveMLAK

2011-10-07 10:06:07
Yuka Egusa @yegusa

もちろん、超法規的そして道路も発注なく復旧工事がはじまるが、後からでも金がいる。 #saveMLAK

2011-10-07 10:06:57
Yuka Egusa @yegusa

安藤:超法規的に直してもいいよという道路のような分野と、ちゃんと手続きを踏んで直さないといけないものの分野があることを知っておかないといかない。なので、図書館は、道路のように早く直せないのように元々なっている。 #saveMLAK

2011-10-07 10:09:36
Yuka Egusa @yegusa

安藤:災害がおきると、住民の他の市町村への転出がおきる。復興計画をたてないといけない。同じところに作り直すのか、他のところにつくるのか、復興計画をたてないといけない。わずか一か月くらいのあいだにどこに道路、公共施設をつくるかの青写真をつくらないといけない。 #saveMLAK

2011-10-07 10:13:31