10周年のSPコンテンツ!

宇宙農業の観点での「植物による除染」について

@guicheng さんによるヒアリングのまとめ (場所、話者は本文ご参照下さい) なお、本文中にお名前が上がる山下教授は、除染を目的とした種まきはまだ一般の方が行わないようにアナウンスしていました。 (下記2番目リンク先「良くある質問」をご参照下さい) 続きを読む
科学 福島 除染 ヒマワリ作戦 ひまわり ヒマワリ ファイトレメディエーション JAXA 放射線 宇宙農業
10
前段

03/22に「ヒマワリが放射能汚染を20日で95%除去」という内容が下記URL付きで Twitter 上を駆け巡る。
http://media.yucasee.jp/posts/index/7021
http://www.gizmodo.jp/2011/03/_jishin_26.html

上記の件についての詳細は下記をご参照下さい。
原子炉事故とヒマワリ: 呼吸発電
http://powerbreathing.seesaa.net/article/192024691.html

私( @SubaruTakeshima )個人としては、上記の騒動を受けた上での「追試」が今回のヒマワリ作戦だったろうと考えています。

guicheng @guicheng
ほー、今度はナタネで除染実験か。効果の有無に関する情報がほとんど無いのに選定したと言うことは、除染について表土をはぎ取る以外の決定打が無くて大変なんだろうな。見てる⇒「ナタネで除染実験へ…農水省」 http://t.co/PsdPeqQa
ぁ き ゆ う い🏕 @Ta_rcoola_kia
@guicheng ナタネも東欧のどこだたったかの国で先んじて実験されているようです。燃料に出来るとか。(収穫後の放射性物質の振る舞いは置いといて)
guicheng @guicheng
@Tarcoola_ki_a 先の記事によると、ウクライナで研究があるようですね。ただ、放射性セシウムの吸収性が低いという前提で油の生産が目的だとか。逆に名古屋のNPOは一定の吸収効果が見られたと報告していると書かれています。
ぁ き ゆ う い🏕 @Ta_rcoola_kia
@guicheng リンク先に飛べなかったので記事を読めていないのですが、効果の有無に関する情報がほとんど無いと言うことは有りません。ある筋から直接聞いた話です。検証が必要だとは思いますが。
guicheng @guicheng
@Tarcoola_ki_a 申し訳ないです。ナタネについては、私はこの記事以外に情報がないものですから。
ぁ き ゆ う い🏕 @Ta_rcoola_kia
@guicheng 私がその方からナタネの事を伺ったのは今年の5月でしたので、もう少し新しいのかもしれません。
きみ_Lica @kimi_lica
@guicheng キノコにセシウム吸着おおいのありますね。
guicheng @guicheng
@kimi_lica あとで触れますが、除染の場ではキノコはちょっと使いにくいんです。
きみ_Lica @kimi_lica
. @guicheng おそらく、キノコになっている期間が短い上に、胞子まくと溶けちゃいますからね・・・ 生える場所も特異的だし
guicheng @guicheng
@kimi_lica はい、生える場所が特異的というのが一番の問題です。
guicheng @guicheng
ヒマワリを使った除染実験では「効果なし」の判定が下ったわけだけれども、植物を使った除染について先日の相模原特別公開で伺ってきたので、知っている限りを垂れ流してみる。なお、対応してくださったのはNOP法人「自然農業会」理事の宮川さん。

※ヒマワリを使った実験では「効果なし」の判定:
農林水産省/農地土壌の放射性物質除去技術(除染技術)について
http://www.maff.go.jp/mobile/kinkyu/tohoku_saigai/08/2011/1109/110914/110914_gijutu.htm

guicheng @guicheng
まずはじめに、JAXAと農業について。火星の有人探査を考えた場合、食料の自給自足は非常に重要な問題になる。ISSのように、食料をすべて地球から供給するわけにはいかない。てことで、JAXAは火星で小規模な生態系を作る研究、つまり「宇宙農業」について研究しているチームがある。
guicheng @guicheng
なお、宇宙農業を研究しているのはISASの山下教授。毎年、第三会場でカイコの展示をしている研究室。⇒ 「宇宙農業サロン」 http://t.co/68JnHfTf んで、昨年2月に四日市科学館で山下教授の講演に行ってきたのでそのまとめ ⇒ http://t.co/t6LYzcoJ
guicheng @guicheng
んで、宇宙農学の観点から植物による除染を提唱し、先の実験につながった、というわけ。残念ながら、目に見えた効果はなかったわけだけれども。
guicheng @guicheng
んじゃ、なんで植物でセシウムの除染ができるという仮説が立ったのか。植物の生長に必要な三大ミネラルとして、窒素、リン、カリウムがある。セシウムとカリウムは性質がよく似ているので、植物はカリウムの代わりにセシウムを取り込むんじゃないかと言われている。
guicheng @guicheng
植物が取り込むカリウムの量は、その体積にだいたい比例する。つまりヒマワリのような大型の植物は、単位面積あたりのカリウムの吸収量が非常に大きい。つまり、セシウムも大量に取り込むと考えられた。だから「ヒマワリによる除染」という仮説が立ったわけ。
guicheng @guicheng
んじゃ大型の植物だったらどんなモノでもいいのか。たとえばセイタカアワダチソウなんかは大型だし成長も早いし、効果がありそうに思える。実験室的にはそうなんだけど、「除染」という場ではセイタカアワダチソウは使えない。
guicheng @guicheng
除染の場で使うには、まず、どこでも成長できる生命力がいる。この点、@kimi_lica さんが上げられたキノコは問題がある。ヒマワリは結構どこでも生えるから合格。もちろん、セイタカアワダチソウも合格。
guicheng @guicheng
次、種の入手性。大面積に植え付けないといけないから、まとまった量の種が必要。意外にも、ここでセイタカアワダチソウが脱落する。雑草だからどこでもありそうなモンだけど、雑草だからこそ、農家はもちろん、どの機関も種を持っていない。ヒマワリですら、世界中の機関にお願いして入手したそうだ。
guicheng @guicheng
まぁ、種の入手性については今年の初夏の時点での話だから、この秋にセイタカアワダチソウをはじめとする雑草の種をしこたま採取したかもしれないけど。
URKZ @urokuzu
ひまわりの種の入手性って話があったけど、あれは品種が決まってたりするのかしら? その昔、ハムスターの餌として熱処理されてないひまわりの種を袋詰めで買ってたのでそんなに無い印象を持ってなかった。
guicheng @guicheng
@urokuzu そういえばひまわりの種って動物のえさで使いますね。JAXAの資料では特定の4品種になっていましたが、えさのモノと違うのか聞いていませんでした。
guicheng @guicheng
あと、ヒマワリは多少なりともデータがあるってのが大きい。チェルノブイリの時に先の仮説からヒマワリ植えて、除染効果があるという報告があったそうだ。今夏のヒマワリ作戦は、その追試の意味合いが強い。ちなみに宮川さんは、他の植物のデータはないと言っていた。見つけてないだけかもしれないけど
残りを読む(22)

コメント

KokyuHatuden @breathingpower 2012年1月28日
1月26日の朝日新聞社会面にJAXA山下教授の高温堆肥菌の話が出ていました。頑張っていらっしゃいますね。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする